プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

05月26日(金)

『北海道の一部の方しかわかってもらえないかもしれませんが、色々出てきた宝物 ~土曜はコレ聞いて営業しています~』

只今8年目に突入の為に色々ボクのコレクションを漁っているんですが、

こないだ、何故かセロハンに包まれて大切に残していたものを見つけました。

IMG_0145.jpg

この封筒なんですが、中に入っていたのが

IMG_0146.jpg

マッサージのギフト券、なんだこれは?と送ってくれた先を見てみたら、

IMG_0147.jpg

うわきた!日高悟朗ショー!

もうかれこれ20年以上前になりますか、まだリクエストを受け付けていた時、

ボクも電話したんですよ、確か。

すごく丁寧に受け付けてくれまして、その時の抽選で頂いたものなんですよね。

当時のボクはまだ若かったから、マッサージなんか無縁のものと思っていましたが、

いやはや46を目前にしたら、この券、今でも使えないかな、と思ってしまうのでした。


はてさて今月30日で8年目を迎える当店ですが、

あいも変わらず8年前と同じく土曜日は

IMG_0148.jpg

ゴローショーを聞きながら営業していますので、

とは言え、この春からのゴローショーは昼で終りますので、

それからは懐かしい音楽をメインにかけていますので、

どうぞ明日の土曜日も宜しくお願いします!

スポンサーサイト
 
05月25日(木)

『どうして買った?このビデオ ~昔のコサキンリスナーなら知っている、オタンコ学園~』

当店も御陰様で、今月30日で8年目に突入します。

これもひとえに、ここまで支えてくれた方々おかげです、

本当にありがとうございます!


さて、当店の8年目突入にあたり、

只今ボクの昔っからのコレクションも大放出しています。

実家やアパートの押し入れから色々見つけて来ては店に持ってきているんですが、

なして俺、コレ買ったのよ?というものがもの凄くあるんです。


先日見つけたのがこのビデオ、

IMG_0073.jpg

オタンコ学園!

いやあ、いかにも下らない内容が、もうタイトルからして全開じゃないですか!


パッケージの裏を見ても

IMG_0074.jpg

さらにオケベ!もうオタンコ感満開!


それもそのはず、

IMG_0075.jpg

監督がこの方ですからね、いやこれは納得!


こちらのビデオ、その昔、ラジオの深夜放送のコサキンで話題になっていましてね、

とにかく下らない、とにかくバカだと、

それを聞いたボクも是非見てみたいと、でも只見るだけでは物足りない、

ならば手にいれてしまおうと、なんとか見つけて買ったんですよね。


是非ともコサキンのラジオに送りつけてやろうと思っていたまま早25年、

ラジオも終った今は、押し入れにしまったままだったんです。


久々に見つけたオタンコ学園、今度こそ陽の目を!

という事で、店のコレクションの棚に置きましたので、

コサキンリスナーの方は是非このオタンコで盛り上がりましょう!


そういえばこのビデオ、ボクも見た事ないんだった。

見ることなく押し入れに25年、

どうして買った?このビデオ。おわり。
 
05月24日(水)

『ボクは入院した時にお見舞いに色々本を貰いました』

ボクは高校に入ってすぐに入院しました。

病名は、すい炎。

当時のお医者さんからは中年の方がなる病気だと不思議がられていました。

と、高校時代から中年真っ盛りだったんですが、

流石に入院ということもあり、みんなお見舞いに来てくれましてね、

特に剣道部仲間は毎日お見舞いに来てくれたんです。


毎日寝てばかりでさぞかしヒマだろう、と、お見舞いに本を頂いたんですが、

マンガやゲームの本ならまだしも、

よりによって、この

IMG_0050.jpg

学研のムーを置いていったのでした。


昔からオカルト雑誌で有名なムー、

世の中の不思議な事や、恐怖体験談、UFOやUMAが好きなボクも、

流石に読むのに抵抗がありまして、でも入院中でヒマだから読んでしまう、

その結果、ちょっとしたシミや影なんかが人の顔に見えてしまったりしたんです。


怖くて寝ることすらも出来なくなってしまい、

それ以来ボクはこの辺の本を絶対に、絶対に、今でも読まないようになりました。


どうせならエロ本差し入れして欲しかった。

ーおわりー
 
05月23日(火)

『エロ本物語 ー中年の主張ー 「セクシーやセミヌードなんかに騙されないぞ」 ~本音編~』

ボクはもう少しで46になるんですが、

昔から嫌いなものがあります。

それは、偉そうな政治家と、セミヌード。


偉そうな政治家は今の世の中、今後、淘汰されていくかと思いますが、

セミヌードの必要性だけは全く持ってわかりません。


今回、店ブログで、

IMG_9916 (4)

この時代のセクシーカレンダーを紹介しました。

当時、思春期なボクらは、

この辺のカレンダーにはヌードが載っているのを知っていました。

一応期待に胸と前膨らませて、ドキドキしながら一枚一枚めくっていったんですが、

IMG_9920 (7)

確かにセクシーや

IMG_9921 (8)

色気はあるんでしょうが、何か物足りません。


当時のボクらが見たい箇所が、そこにはありませんでした。


エロの学習能力は凄いもので、

この辺のカレンダーには気をつけろ、全てが全て裸じゃない!

と、瞬く間に情報が広がり、ボクらもおいそれと見なくなりました。


ですが、

IMG_9926 (12)

表紙にヌードと書かれてはハナシが別です。


酒屋さんの店頭に置かれていたこの辺のカレンダー、

お買い上げの方に無料配布していたこのカレンダー、

当時のボクらは普段のお使いを、

わざわざこのカレンダー目当てでバスに乗って遠き地のお店にも行ったのでした。


さて、そんな苦労をしてようやく手にいれたヌードカレンダー、

今度こそと、期待に胸と前膨らませて、

期待が先にきて前かがみになりながらめくってみましたら、

IMG_9928.jpg

あれ?なんだ?背中?前は?

IMG_9930 (16)

なんだ?半ケツ?これでヌードってか?

これなら剣道部の部室の方がよっぽどヌードだわ、

KPなんかいつも着替えの時に半ケツだしてるぞ!

これのどこがヌードなんだ!


当時のボクらが見ていたエロ本でも、

「あのアイドルがここまで見せた!」

「ついに脱いだ!限界ギリギリショット!」

などのタイトルに釣られて色々本を買いましたが、

どれもこれも期待ハズレ、ビクともしませんでした。


この辺りから、ボクらはヌードの見極めを覚えて行き、

そしてセミヌードという言葉には騙されないようになりました。


今では当時買ったエロ本も、大人になる為の授業料と、

そう言い聞かせていますが、

あまりこういう事を書きますと、只でさえ御来店が少なくなっている今、

8年目を迎える前にもっと少なくなってしまうかもしれませんが、

これだけは言わせて下さい!


脱ぐなら脱ぐ!脱がないなら脱がない!

IMG_9913 (3)

中途半端ではなく、潔さが必要なのではないかと、

46を目前にして、今尚熱く語ってしまったのでした!


全く成長しないボクの中年の主張、ご静聴ありがとうございました!



ー次回、中年の主張 「袋とじでも諦めないぞ!」 に続くー
 
05月22日(月)

『楽しい給食 ~今でも心に残る名言~』

今回店ブログの方で、

IMG_0002.jpg

ボクらの地域の給食の寸胴を紹介したんですが、

いやコレみたらアレコレ色々思い出してしまいましてね、

今ではどうかわかろませんが、ボクらの時代で給食を残す事は

絶!対!許されない事でしてね、

まあ好き嫌い無いように、という事なんでしょうが、

食べるまで、食べきるまで、何時間かかっても食わされたんです。


それが色々問題になりまして、ボクが小学四年のクラスでは

ある日から先生の発案で、給食は自分の食べれる量にと、

自己申告制になったんです。


苦手な食べ物がある時は少し、さらに苦手でしたらほんの少しと、

必ず食べきる量を申告して給食当番についで貰っていたんです。


ですが、人気メニューならばハナシは別で、

もう、少なめなんて言う者など居なく、みんな大盛りで言ってくるんですよね。


戦後の配給じゃないんだからってくらいな勢いでして、

もうラーメンやカレーなんかいっいたら取り合いですよ、

そんなにたいして特別な味でもないのにみんな大盛り大盛りの大合唱、

そんな時に順番待ちしていたモトヤ君、通常のアピールではもの足り無いと感じたか、

順番が来た時に叫んだ言葉が、大盛り一丁百万円!と。


いやこの言葉が未だに残っていましてね、

なんて語呂がイイんだ、45年生きててこれほどの語呂は聞いたことが無い!

それ以来、ボクは牛丼屋などに行って大盛りを頼む時は、

必ず、大盛り一丁百万円でお願いします。と言うようになりました。

今年の流行語大賞、コレだわ。


いやあ、子どもが何の気なしに言った言葉って、結構深いモノがありますよね。




そうそう、ハナシが反れてしまいましたが、人気のメニューの時は

全員につがれるのを待たずに

IMG_0004.jpg

寸胴が空になってしまうものですから、

大盛り宣言した者から少しずつ持っていかれるのでした。


何より真っ先に、モトヤ君の器から持っていかれたのでした。おわり。