FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

08月13日(火)

『蚊取り線香の間違った使い方』

ささ、夏真っ盛り、いよいよお盆がやってきました!

この時期の必需品といえば

IMG_6044_20171030191554234_201908132047175ff.jpg

蚊取り線香、昔からある優れた逸品ですよね。


ですがこれを間違った使い方をしたら大変な事になるのです。


今回はボクが小学生の頃の子ども会のキャンプのハナシです。


まあキャンプといっても海や山に行くワケではありません。

近所の廃校になった小学校のグランドでやっていたんです。

田舎の小学生の子ども会ですからね。でも凄く楽しみだったんですよ。


そこでボクら各々テントを貼って寝るんですが、

なんせ小学生の子どもたち、夜更かしに憧れていたんですねえ。


俺は今日12時まで寝ない!お前らはどうする?

僕も寝ない!僕も僕も!とみんなして夜更かしをする事に決まったんです。


ようし、先に寝たヤツは絶対起こすからな!

と謎の約束をして、そのまま深夜になりました。


最初は寝ないで頑張っていた下級生も一人二人と寝てしまいます。


そこでボクら上級生、コノヤロー!寝やがったな!

ようし、今から起こしてやる!蚊取り線香の刑だ!

と、寝ている下級生の鼻の近くに蚊取り線香を持っていったんです。

鼻から勢いよく吸い込まれる蚊取り線香の煙、

それが面白くて面白くて、笑いをこらえてずっとやっていたんですよ。


そのうちその子、咳をしてむせはじめまして、苦しくなってしまったのでしょうね、

ガバッと起きて、息が出来ない!とパニックになり、

テントを破壊して外に出ていきまして付き添いの大人のテントに逃げてしまったのでした。


ボクら、ヤバイなあと思っていたのですが、なんせ子どもですから

慣れないところで寝たからそうなってしまったのだろう、とハナシが片付いたんです。


次の日の朝、その子は声が出ない状態でラジオ体操に参加していたのでした。


良い子は絶対真似しないで下さいね、おわり。
スポンサーサイト
 
08月12日(月)

『銀のエンゼル貯まりました ~まだ諦めていなかったオモチャの缶詰め~』

最近すっかり忘れっぽくなりまして。

いやあのですね、ボクがここ数年集めているものがあるんですよ。

それは、森永チョコボールのオモチャの缶詰め。

その為にせっせと

IMG_4925.jpg

銀のエンゼルを集めていたんですがね、

なんせ歳が歳なもんですから、糖分を気にしなければならなくて、

チョコなどを当分控えていたりしていたんですよ、シャレじゃないですよ。


それでも疲れた時には口にする甘いもの、

このエンゼルの為に決まってチョコボールを買っていたんですが、

そういえばエンゼルどうしたっけかな?と今日改めて見てみたんです。


そしたら、あらなんと、

IMG_4927.jpg

銀のエンゼルが5枚貯まっていたじゃないですか!

そういえばアレなモノ同好会の会長さんも協力してくれていたんだった!

応募するのをすっかり忘れてた!


慌てて応募しようとしたのですが、

今では新たなオモチャの缶詰めになってしまい、一つ前のを逃してしまったんです。


*この為に直接森永に電話をかけて聞いてみました。ものすごく丁寧な対応をしてくれました。


いやあ大失敗の大失態!毎年誕生日に合わせて手に入れていたのに!


今年は自分の誕生日すら忘れていたからな、致し方なしか。


ならば一体何を覚えているのかってハナシですが、

じいちゃんとばあちゃんの命日は覚えているからまだ安心。


そんなこんなで貯まりに貯まった銀のエンゼル

IMG_4928.jpg

堂々の10枚!


昔、当ブログを御閲覧頂いたお客様から送ってもらったり、

近所の学生たちを一緒に買いにいって当たったエンゼルを含めた

想い出多い10枚ですので、ここは一つ大切に、

5枚だけを送って新たなオモチャの缶詰めを頂くとしましょう。


残りの5枚は、

恐らく来年の東京オリンピックに向けたオモチャの缶詰めが出るでしょうから、

それまでに揃わなかった時の為に残しておくとしましょうかね。


でもなるべく使いたくないので、また明日からチョコボールを食べ続けます。


そうだ、仏壇やお墓にチョコボールをお供えしよう!我ながら名案だ!


絶対怒られるよな、子どものオヤツをお供えするなと言われるわ。

みどりのきな粉のねじっているのとか、うずまきのカリントウとか買って来いって言われるわ。


ーおわりー
 
08月04日(日)

『たまには役立つうちの店』

先日、小学生の頃からうちの店に来ていた青年が遊びに来てくれました。


その青年、今はすっかり立派なホテルマンになっていましてね、

今はもう21歳と、すっかり酒も飲める年齢の立派な若い衆になって、

会社はどうだの彼女はどうだの、色々大人の会話をしていたんですよ。


そこで青年、ふと

IMG_4736.jpg

こちらの栓抜きを手に取りじっくり見ていたんですよ。


なした?何気になる?ああ、栓抜きか、これ今の若いやつは使い方知らないってな、

いや確かに今なら使わないでも空けれるからな、使ったことないべ?


すると青年、

いえいえいえシマさん、今でも使っていますよ、実際に僕が使っています。

今僕はホテルで宴会係でして、そこで使いますよ、必需品なんですよ。


おお!そうだ、確かに宴会ではビンビールだからな!


僕は昔からこの店に来ていて栓抜きの使い方を知っていましたからね、

同期で入った奴らは苦戦していましたけれども僕はすんなり使う事ができましたよ。

会社の上司にも、若いのによく知っているな!と褒められましたよ。


そうかそうか、うちの店でも役に立てれたか、良かった、それは凄く良かった!


すっかり気分を良くしたボクは、

どうだ?これからちょっとビールでも行かないか?

と、ちょうどやっていた近くのお祭りに行き、

一緒にビールを飲みながら今の若者文化の話や懐かしいハナシで盛り上がったのでした。


-昨日とはうって変わってイイ話でおわり-


 
08月01日(木)

『キンカンぬって、またぬって』

さあさあっつい日々が続いていますが皆さん大丈夫ですか?

この時期に心配なのは、暑さによる体調不良、そして虫刺され。

水分補給と虫刺されのクスリも必要となるんですが、

皆さんはこちらに見覚えがあります?

IMG_4662.jpg

なんか昔っぽいクスリ瓶ですが、こちら、なんと

IMG_4663.jpg

キンカンなんですよ!ほれ、後をみたら

IMG_4664.jpg

キンカンの成分が書いてあるんですよ!


まあ成分見たところで何がなんだかよくわからないんですが、

こちらは昔のキンカンでして、いやあボクも使っていました!

使い方は

IMG_4665.jpg

この上の部分のゴムのフタ、経年劣化で千切れてしまっていますが、

このゴムを引き抜くと

IMG_4666.jpg

こんな風にスポンジが出てきます。

なんかお豆腐料理みたいな感じですが、これで虫刺されの箇所に

キンカン塗って、また塗ってなんですよね。


うわ、中身入ってた!キンカン臭い!ゴムもベトベトしてる!いやあ、もう!


気を取り直して、昔も今も、

IMG_4667.jpg

夏はキンカンが必需品なんですよねえ。

いやーベトベトが手から離れない!もう!


そんなこんなでこの夏も誰かがきっと懐かしい面々を

暑さにまかせて大解放していきますので、

どうか8月の当店も宜しくお願いします!


そうだ、昨日蚊に刺されたんだ、痒くて目が覚めたんだ。

キンカンぬってー、またぬってーっと!


あ、又ぬるんですよ、股に塗らないで下さいね、

スースーどころか大変な事になりますから。


よし、土曜にコレ書こう、支離滅裂のままおわり。
 
05月21日(火)

『出前に憧れて』

ボクは子どもの頃

IMG_2654_20190521213124057.jpg

食堂の出前に憧れていました。

テレビのケンちゃんシリーズとかに出てくる

岡本信人さんがおかもちを持ってきて、

IMG_2658.jpg

こうして開けてラーメンとかが入っている、出前にもの凄く憧れたんです。

なんせボクの実家は田舎の山奥、町の方は出前とかしてもらえるのでしょうが、

ボクの地元は食堂とか一切無いので出前もへったくれもありません。

ですのでこうしておかもちで持ってきてくれる出前に憧れていたのです。


ボクの地元で来てくれるのは、

バイクの後ろにおかもち積んで、お待ちどうさんでした!

というテレビのイメージ通りの出前もちの方ではなく

いやあちょっと作りすぎたわ!これ食べて!

と近所の方がおかずをもってきたり、

ちょっと今年のは美味いから食べてみて!

と畑や山で採れた山菜やら野菜やらを持ってきてくれる方々なのでした。


未だに近所の農家さんとかが持って来てくれます、ありがとうございます!

今考えたら出前よりも、もっともっとありがたい話だったのでした。

おわり。