プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

02月04日(日)

『昭和な感じの新年会』

今日は近所の商店街、飲食店の新年会で16時閉店とさせていただきました。

うちの店は、お隣の居酒屋たもんさんの御好意で毎年参加させて頂いているんですが、

ボクはこの新年会が好きでしてね、どことなく昭和な感じがするんです。

ご近所さんには老舗のお店が多いからか、年配の方々の出席が多く、

ステージではこんな感じの

IMG_9308.jpg

衣装を着た方が自慢の歌を披露したり、

見ているだけでもカッコイイ

IMG_9286.jpg

ハワイアンバンドが演奏をして、会を盛り上げてくれるんですよね。

もちろん若い世代の方々も出席していますので、

色々な商品が用意されたゲーム大会やカラオケ大会などもありますが、

酔っ払った名物オジサンが調子出てきて

人の歌で勝手に踊りだしたりするんですよ。

それを皮切りにダンスパーティーの様になり、

いい意味で、いかにも昭和な新年会のようになるんです。


ボクは毎年参加させて頂いて、この雰囲気が凄く好きなんですよ。

昭和の雰囲気満載の新年会、今年はどんな昭和を見れるのか、

それを楽しみに今年も参加してきます。


それではそろそろこの辺で、いざ新年会へ!

カラオケ大会あったら隣の店長と「あずさ2号」歌わねばならんな。

歌えるかな、俺、そして店長。おわり。
スポンサーサイト
 
01月31日(水)

『地元の床屋であったハナシ ~こんな頭にしてください~』

子どもから大人になる階段を踏む時は誰もが色気づくものです。

ボクが小学校を卒業するちょい前のオハナシです。


ボクも中学生になるものだから、少しカッコ付けようかなと思ったんですよ。

まずは髪型かな、と思い床屋さんに行きました。

時間を持て余す友だもついて来ました。


床屋さんにはオシャレな髪型の見本がありましてね、

P1220836.jpg

モデルさんのポスターやら、こんな本が置いてあったんです。


ボクは待ち時間の間友だちと、ああコレカッコイイなあ、こんな風にしたいなあ、

と色々言っていたんですよ。


やがてボクの番が来まして床屋独特のイスに座りまして、

今日はどうするのかな?と床屋のおじさんに聞かれたんです。


するとボクの友だち、ポスターやら本やら指差して、

こんな風にして欲しいっていってたよ!

なんかね、こんなのがいいんだって!

と好き勝手に言う始末。

終いには、そういえばこんな風にしてくれってトモキちゃんの母さん言ってた!

と、

IMG_9082_20180128205941b62.jpg

床屋にあった福助人形を指差して叫んだのでした。


床屋のおじさん、かなり困惑したまま、

わかったわかった!中学生らしくしたいんだね、よし、任せて!

と一言。


ボクは何も発言していないまま、丸坊主になってしまったのでした。


いまだ福助さんを見ると、頭に涼しさを感じるのでした。おわり。
 
01月30日(火)

『誰かにきっと似ている懐かしいレトロモノ』

うちの店は誰かがきっと懐かしいモノを扱っています。

見た瞬間、昔の懐かしい記憶が甦ってきたりするモノを扱っているんです。


今日ですね、こちらの

IMG_9155.jpg

昔ながらの貯金箱を紹介したんですが、

しかしこのすっとぼけた表情、

IMG_91551.jpg

誰かに似ている。


昔からこういうモノは身近の誰かに似ているともてはやされたりしますよね。


実際には何も似ていないのに言われた本人大迷惑ってのも多いんですが、

結構まんざらでもないってのも多々あったりします。


これらの面々を見て、ああコレ誰かに似てるな、誰だっけかな?

と思いにふけるのもレトロモノの楽しみ方でもありますよね。


しかしこの顔、誰かに似てるな、あ!思い出した!

小学4年まで地元に住んでたマーボに似てるんだ!

お店をやってる家だったからな、お客さんに

あらあ可愛いねえ、年なんぼ?と聞かれたら

10円!と答えたマーボだ!

ようやく思い出した、いやースッキリした!


マーボ元気かなあ、そこそこ近くに住んでいるって噂は聞いているんだよなあ、

俺の事覚えているかなあ、もう忘れているだろうなあ。


しかしマーボよ、10円じゃなく、もっと高い額言えよ。

おわり
 
01月07日(日)

『昔の映画館は入ったらこっちのものでした』

昔からお正月にはいい映画をやっていましたよね。

昔の映画といったら今と違って

IMG_8077.jpg

上映が終ってお客さんの入れ替えも無し、

何回でも観る事ができたんですよ。


まさに一回入ったらこっちのもの!


今では全く信じられないハナシなんですが、

当時は営業サボリの会社員とか、ただ時間つぶしに来てる人とか、

どおりでよく見かけたものなんです。


お正月に実家のお袋と昔の映画のハナシになりまして、

昔ならそうだったんだから観たいところは何回も観て

しっかり焼き付けたもんなんだよ!ビデオで録画できるわけじゃないからね!

と、たまたま「三匹のおっさん」の映画館のシーンを見ながら盛り上がっていましたら、

あ!今のところ見逃した!あんたが余計なハナシするからだよ!

ちょっとビデオに撮ってないのかい、いやあいいところを見逃した!

と大騒ぎになったのでした。


一回でしっかり目に焼き付けて下さい。おわり。
 
01月04日(木)

『シスコのシールをここに挟んでオッペケペ』

いきなりワケのわからんタイトルから始まりました

今年最初の営業日からの当ブログ、

今回はですね、昔よく集めたシールが出てきたので、ちょいと紹介をば。

IMG_7985.jpg

こちらのシールなんですよ、なんか長細いんです。

IMG_7986.jpg

あら、シスコのシールでしたか、昔のお菓子のオマケなんでしょうかね、

IMG_7988.jpg

下のところには住所、名前、電話番号を書く欄があります。

持ち物に付けるシールなのかしら。

それにしても細長いな、あ!わかった!

こうして角度を変えたら

IMG_7987.jpg

普通に見えるやつなんだ、きっと!

ヒラメキのわりにはあまり普通に見えなかったな。


さて、この懐かしいシール、どこで見つけたかといいますと

IMG_7989.jpg

実家のお袋が何回も読んでいる歌の本に

しおり替わりに挟まっていたんですよ。

いや最初見た時はビックリした、

なんでこんなシールを挟めているのよ、もったいない!

と、お袋の手から奪い取ってシールを確認したんです。

IMG_7990.jpg

おお、シールは無事だった、よかった。

しかしこのページに挟む理由はなんなんだ?

橋幸夫が舟木一夫が三田明が気になったか、

はたまたオッペケペを口ずさんでいたのか百年目。

ボクはシールよりも

何故にここに挟んでいたのかもの凄く気になったのでした、おわり。

しまった!百年目に発見せばよかったな、

しかし今回はかなり乱れた内容だったなオッペケペ。