プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

11月17日(金)

『昭和の都市伝説 ~自販機のビールには振られても泡が吹き出さない様に薬が入っている~』

こないだこちらの

yptcx169-img510x800-1509720165slqmiy21768_20171117220746d1b.jpg

缶ビールを譲って頂いたんです。


ボクはビールを飲みますからね、これはこれはありがとうございます!

と喜んで受け取ったんですが、コレがまた昔のビール。

賞味期限はとっくに過ぎていました。


それもそのはず、このビール、

yptcx169-img510x800-1509720165wksot521768_2017111722074486b.jpg

今ではあまり見かけない、1ℓ缶だったんですよね。


昔よくあったじゃないですか、この辺の大きなサイズのビール。

自販機でも販売されていましたよね、このサイズの缶ビール。


そこで昔の都市伝説、というよりも

社会に出た時お世話になったクーさんの言葉を思い出しましてね、

自販機のビールには振られても泡が吹き出さない薬が入っていると。

その証にビンやジョッキのビールと比べて味が違うと。


クーさんに自販機の仕組みを教えてもらいましてね。

若い頃のボクは、確かにその通りですね、そういえばそうだわ!

コレはいい事聞きました、流石は人生の先輩!

教えてくれてありがとうございます!

ようし、コレでボクもこだわりを持った飲み方をするぞ!

コレで飲み屋のおねえちゃんにもモテモテだ!

とほくそえんでいたんです。


ですが、

まあ飲めれば味なんかどうでもいいんだけどな!

こないだなんか飲む酒無くなったから、みりん飲んだわ!アッハッハ!

と言いながら今日も仕事中に飲んでいるクーさんを見て、

なんだ、このハナシ、あてにならんな、と思ったのでした。

ーおわりー
スポンサーサイト
 
09月29日(金)

『ボクの地元の土地伝説 ~体育館でボールがよく跳ねる理由~』

今日はテレビで都市伝説をしてますよね。

都市伝説、ウソかホントかわからないままに広まった、正に伝説。

今回はボクの通っていた小学校の都市伝説を紹介します。


♪テレレレンレレンレレン

・体育館でボールがよく跳ねる理由


ボクが子どもの頃、同級生、先輩後輩は、たいしたこと無い話も

何かしら怖いハナシに結びつけようとしていたのです。


その中で噂になったのが、

体育館でボールがよく跳ねる為に、墓地の上に建てるってのがありました。

20160203170746908.jpg

今思えば何の根拠もないハナシなんですが、

当時のボクらは体育館に行く度、

ココは昔墓地だったんだ、そういえば何か声が聞こえた、

そういえばあそこが人の顔に見える、地下に謎の樽が置いてあるなど、

もう妄想が膨らみすぎて一人で行けなかった子すらいたんです。


ボクらは当時、どうりでボールがよく跳ねるワケだわ、

そういえばあそこの体育館は跳ねないよな、

きっと墓地の上に建ってないからだわ、と

好き勝手な事言ってポートボールをしていたのでした。


信じるも信じないも、好きにして下さい。


さあて、ラピュタ見るか。おわり。
 
08月01日(火)

『夏らしく怖いハナシ ~本当はココが一番怖いハナシ~』

今日から8月、まだまだ暑い日が続きます。

当店当ブログも夏らしく、ちょいと怖いハナシを紹介しましょうか。


【子どもらに教えてもらった怖いハナシ】

先日、子どもらがいきなり来ましてね、

おじさん、怖いハナシ教えてあげるか?と言ってきたんです。

おお、怖いハナシか、夏だからな、どら、よし、教えてくれい!

あのね、私の友だちのいとこのお姉ちゃんの部活の先輩が聞いたハナシなんだけどね、


そう言ってハナシしてくれたんですが、中々まとまらないので簡単にまとめますと、

どうやら車で移動していて道に迷ってしまったらしく、

そのまま走っていたら急に白い影が見えたと、

急ブレーキをかけて、止まった先が崖っぷち、

ああ、これは白い影が教えてくれたんだな、とその時、

落ちればよかったのに、という声が聞こえたという、

2015082818513974a_20170801211237aaa.jpg

まあ昔からよくあるハナシだったんですよ。


一応ボクも合わせて、これは怖いわ!そんな事があったんだ!怖い!

と怖がりましてね、そういえばなんか似たようなの聞いた事あるよな、

いやあこの辺のハナシは昔から語り継がれているんだな。

と懐かしく思っていたんです。


いやあ怖かったわ、教えてくれてありがとう!

俺も運転する時に気をつけるわ!と言った後、

ところでみんな宿題終ったのか?ラジオ体操行ってるのか?

ちゃんと午前中の涼しいうちに終らせよ!


といつもの決まり文句を言ったところ、


うちらも毎日忙しいからねー、いちいち大人の言う事聞いてられないよー!

なんかテレビでも大人が色々やってて信じられないからねー!またねー!

と帰っていったのです。



そこでボクは恐怖で震え上がってしまいました。


俺のいう事を、大人のいう事を聞けない、信じられないのに、

友だちのいとこのお姉ちゃんの部活の先輩の言う事は信じれるのです。


全く会った事も無いどころか、それどころか存在も危うい

友だちのいとこのお姉ちゃんの部活の先輩、

その人の言う事は信じられるのに、

現実の大人の言う事は信用できないとな?


ココが一番怖いわ!


最近のテレビの報道のあり方では無理も無いのか?

いや決してそうではないだろう、

例え世間で色々あるかもしれないが、何かを伝えて行かねばならない!

せめてボクだけでももうちょっと、ちゃんとした大人になろうと、

そう誓った46歳の8月の始まりだったのでした。


でも俺を見てたから大人を信用できなくなったかもしれんな、おわり。
 
07月19日(水)

『夏だから昭和の怖いハナシ ~ルックルックの掛け軸事件~』

北海道はここ最近涼しげでしたが

まだまだ夏はこれから、今回は昭和の怖いハナシです。

*結構怖い画像でしたので、あえて画像をボカしてみました。


結構有名なハナシですが、その昔、昭和時代の朝の人気番組、

ルックルックこんにちはの放送中、

IMG_2134.jpg

掛け軸の目が開いたのではないか、という事件が発生しました。


ボクはこの番組を見てなかったのですが、

我が家では当時、奥様8時半ですを見ていたんですが、

ハハーン!ハハーン!はちじはんー!と、ハナシを戻しまして、

いや、こうでもしないとホントに怖いハナシなんですが、

後日この件を知ったボクは、見逃したのが悔しくて悔しくて、

色々な資料を探していたんです。

ようやく見つけました、先日入手したこの資料、

IMG_2133.jpg

こちらに載っていましたよ。

*夜寝れなくなるかもしれませんので一部加工しました。

さて、この件で一番怖いのが、

掛け軸に描かれた絵の目が開いたのでは無いかという事。

それを番組を見ていた視聴者の方々から、

問い合わせの電話が殺到した事なんですよね。

よくあるやらせなんかでは、TVのレポーターなんかが先に気付くでしょうが、

この件ではTVを見ていた方が発見したと、それも大勢。

コレはもう怖いもの見たさの子ども時代のボクにはピッタリな件でしてね、

いやあ、コレは怖いわ、こんな事があるんだ!と興味深々だったんです。


ですが、この件には色々ありまして、

目に見えたところは、実はハエが止まったのではないか、と。

それを聞いたボクは、おおー、確かにその説もあるな!と納得していたんです。


結局この資料には真相は明らかにされていませんでした、

恐らくこの後も真相は明らかにされないでしょう、

ですが怖いハナシはこれでいいんです。


昔怖がっていたハナシが、実はこうでした、チャンチャン!

などというオチを求めていませんからね。


ーなんか今回は怖いままおわりー



*今回の件は、今なら動画などで見る事ができるようです。

ボクもチラッと見たんですが、

なんか怖くて寝ションベン垂れそうになったのでやめました。

ただでさえ歳のせいか緩いのに。


まあ、夏だからいいか、緩いのはよくないか、おわり。
 
07月08日(土)

『暑いから、最近子どもらに教えてもらった怖いハナシを』

ここ数日なら北海道ももの凄く暑くなりましてね、

こう暑いと毎年聞きたくなるのが怖いハナシと。

今回は最近ボクが子どもらに教えてもらった怖いハナシをば。


先日いつも駄菓子を買いに来てくれる女の子がですね、

今日は店長を呪わせてあげるから!といきなり物騒な事を言ったんです。


毎日一生懸命やって少ないながらも税金も納めてまっとうに生きてるのに、

そうか、俺は呪われるのか、どれ、教えて下さいな。


ハナシを聞いたところですね、なんだか二転三転してよくわからなかったんですが、

どうやら女の子の友だちのいとこのお姉さんから聞いたハナシだと。


出どころがこういうのが一番怖いんですが、

なんでも、ある学校に兄弟がいまして、どうやら一年生と三年生、

その兄弟が何かしらの事故かなんかでいなくなってしまうそうなんです。


そうか、それが呪いなのか?昔からそういうハナシはよく聞くよな。


そこでその女の子曰く、その消えた兄弟がいたクラスが

一年三組と三年五組、1の3、3の5という事だったんだそうで、

いきなり、この謎を解けなければ店長は呪われるよ!と言い放ったんです。


なんだ?謎を解くのか?RPGみたいだな。ドラクエか。


もし呪われたくなかったら、このハナシを10人に言わねばならないんだよ!

店長でちょうど10人目!私の呪いは解けた!店長頑張ってねー!

と自転車に乗って帰っていきました。


おいおい、車に気をつけなさいよ!帰り時間は守りなさいよ!

はーい!じゃーまたねー!

と後ろ姿を見送った後、

そうか、あのハナシが今はこういうアレンジで語り継がれているのか、

と懐かしい記憶がよみがえってきました。


だいぶ前にも紹介しましたが、このハナシ、ボクらの時代では、

あぎょうさん、さぎょうご、のハナシでしてね。

もう昔から御存知の方も多いでしょう、詳しく説明もいらないかと思いますが、

いや昔は怖かったハナシ、あの頃はもの凄く怖かったんですが、

なんか今なら

IMG_1746.jpg

このような本でも語りつがれているようで、

という事は、いわゆる都市伝説と、ウソかホントかはあなた次第と、

まあそんなハナシだったんですよね。


そうか、今もあのハナシで子どもらが楽しんでいるのか。

そうかあ!よし!今年の夏も暑くなるぞう!


と気持ちよく空を見上げていたら別な子どもらが来たので

早速このハナシを教えてあげたのでした。


ボクも呪われるのはイヤですからね、

よし、これで一人、そして今回御閲覧頂いている方々が、

いくらなんでも8人はいるべ、よし、あと一人で呪いが解けるな。


まあそこは、あぎょうさん、さぎょうごって事で。


ー昔紹介した 【あぎょうさん さぎょうごの呪い】 と同じ終わり方でおわりー


*今回恐怖におののいてしまった方、

上のタイトルを押したら過去の記事が出てきますからね、ご安心下さいね。おわり。