プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

10月03日(火)

『季節の変わり目です、どうか風邪などひかないように御自愛下さい ~特に鼻風邪に御注意下さい~』

こないだまで暖かだったのに、急に寒くなりました。

この時期、流行ってしまうのが風邪。

風邪は万病の元といいますからね、

皆様十分に御自愛下さい。


最近はマスクなど風邪予防のグッズも色々充実していますよね。


風邪予防の

IMG_5249.jpg

お守りなんかもありまして。


見るからに鼻垂らしていますが、この御蔭でボクは最近風邪をひいてないんです。


そういえば昔、ボクの友だちヒロシ君が小学生の時、

なんか風邪気味だったらしく授業中にでっかいクシャミしたら、

前の席の子の背中にもの凄い量の鼻水が命中したそうなんです。

IMG_5250.jpg

背中に何か衝撃を受けた前の席の子、

それが大量のアオッパナだったと知った瞬間に大泣きしたそうです。


皆様どうか風邪に御注意下さい。おわり。
スポンサーサイト
 
09月18日(月)

『尊敬に値する女子の物持ちの良さ』

ボクは子どもの頃から色々尊敬している事があります。

その一つに女子の物持ちの良さってのにいつも感心しているんです。


昔から勉強道具の一つに

201604131733141e4.jpg

消しゴムがありますよね。


ボクら男子は、大概鉛筆で刺したり、ちぎって人にぶつけたりと、

まあそれは粗末に扱っていたものです。


ですが当時の女子ったら、こんな風にまん丸くしながら

KZGH9694 (1)

消しゴムを綺麗に可愛く最後まで使い切るんですよね。


これには昔のボクも感心しまして、おいそれと隣の席の女子に

消しゴム貸して!と中々言えなかったのでした。


こないだお譲り頂いたカンペースの中に先ほどの消しゴムが入っていました。


それを見てボクは、

ここにも尊敬できる女子がいた!

こうして大切に使い切ってくれるのは、

消しゴム冥利に尽きるんだろうな、と改めて感心し、そして尊敬したのでした。



と、同時に、こんな消しゴムの黒い所を綺麗に無くした真ん丸いやつを、

トモキちゃん、ミルキー食べる?

と涼しい顔してよこした女子を思い出してしまったのでした。


嗚呼、学生時代のボクはどういう存在だったんだろうか。


ーおわりー
 
09月06日(水)

『カトちゃんの大いなる影響力 ~あだ名はカトちゃん~』

今週はカトちゃんがいかに凄い方かというのを紹介していますが、

ここで絶対外せれないのが加藤さん。

苗字が同じ加藤ってだけで、ついたあだ名や呼び方がカトちゃん。

当の本人にしては凄く迷惑だった事もあるかもしれませんが、

いやコレは日本国中同じ現象が起きていたでしょう。

これこそがカトちゃんの大いなる影響力なのです!

そうは思いませんか!全国の加藤さん!


ボクの同級生でも加藤という苗字の子がいました。

例外なくカトちゃんとよばれていました。


中学三年の時、ボクの友だちミキオ君が、

登校した時に加藤君を見つけました。


普段から何故か小走りなミキオ君、駆け寄って、

カトちゃんー!

と声を掛けたところ、

振り向いたのが一つ下の後輩、

後ろ姿は似ていたかもしれませんが苗字も違う全くの別人に

カトちゃんー!と声をかけてしまったミキオ君。

じゃなかったー。

と何事も無かったようにいつもの小走りを、

いつも以上の速さで駆け抜けていったのでした。

IMG_4361.jpg

何はともあれ、カトちゃんの影響力は多大なものだったのでした。


ーおわりー
 
08月24日(木)

『不謹慎なハナシではありますが、ボクらは子どもの頃、天気が荒れたら荒れるほどはしゃいでしまいました』

夏も終わりに近づきまして季節はもう秋、

ですがこの時期になりましたら恐ろしいのが自然災害の嵐。

20101017191033d8c.jpg

ここ最近はかなりの被害が出ていますので、

せめて画像は同じ名前の嵐を使わせていただきましたが、

ボクが子どもの頃、天気予報で嵐など悪天候に注意と出ましたら、

何故かどういうワケか、みんなしてはしゃいでしまい、

友だち数人で近所の

IMG_1832_20170824204342e01.jpg

山に行って、手ごろな棒を探してきまして、

よし、嵐が近づいて来てるようだけど、

俺らがその嵐と逆回転で回ればこの嵐が無くなるぞ!

と、まさに

201010171911015b0.jpg

炎のコマといわんばかりにグルグル回って嵐を掻き消そうとしたのでした。


あまりに激しく回ったので気持ち悪くなって、みんなして吐いてしまったのでした。


その後すぐ家に帰ったら、

みんな年下なんだからお前のいう事聞くに決まってんだ、

変な事ばかろ教えんな、このバカ!とお母さんに叩かれたのでした。


皆様この秋の自然災害には十分御気をつけ下さい。おわり。
 
07月14日(金)

『昔の花火の遊び方 ~爆竹バン!で便器はカン!~』

さて夏真っ盛り、あちこちで花火の音が聞こえてきます。

今も続く夏の風物詩の花火、ボクらも子ども時代によくやりました。

特にやっていたのが

2014072517410117e_20170714211144da5.jpg

爆竹、

2014072517405923b_20170714211144b25.jpg

今ではクマ避けなどに使われている爆竹、

ボクら子ども時代の時はコレで遊んでいたのでした。


夜を待たずに遊べる花火、爆竹。

当時はアリの巣やハチの巣、技を使って水中爆破など

あちこちに仕掛けては爆破させて楽しんでいたのです。

ですが流石は当時の子どもたち、ただ爆発させるだけでは物足りなくなり、

何か無いかと探していたところ、見つけてしまいました!

IMG_1927.jpg

便器である。


なして便器を見つけた?と疑問に思われるでしょうが、

昔ボクらの近所には廃墟が多く、家を解体しても何故か便器だけが残っていたのです。

もちろん、肥溜め付きで。


ボクら、何か面白い事が起こるのではないかと

便器に爆竹を投げ込みましてね、うわ!逃げろ!と言っては走って、

後ろの方でカン!という音に大喜びしていたんですよ!


知ってましたか?爆竹は便器に投げ込んだらカン!っていい音するんですよ。


ボクら、その音が聞きたい為に、何回も便器に爆竹投げ込んでは

今はタイミングが早かったから肥溜めに落ちた、

今は遅かったから空中爆破した、と色々研究していたんです。


ここでオチは肥溜め爆弾が大爆発して大惨事と思われがちですが、

現実の結果はもっと危険でして、

当時のボクら、あまりの面白さにエスカレートして爆竹投げ込んでいたら、

便器が破裂して破片が飛び散り、危うく刺さるところだったので

この遊びは封印されたのでした。


今考えたら、色々な意味で何て危ない遊びをしていたのだろうと、

思い出しただけでヒヤヒヤするのでした。


よい子も悪い子も普通の子も、決してマネしないで下さいね。おわり。