FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

06月12日(水)

『床屋が怖かった柔道部の先生』

今日は店ブログで

IMG_3348.jpg

床屋さんで使うあれこれを紹介したんです。

と、ここで思い出したんですが、ボクが高校時代、

柔道部のいかつい体格した先生が髪の毛ボッサボサだったんですよ。

かなり不規則な食生活でしたので、おそらく血液はガッタガタだったと思いますが、

まあ周りから見ても、ますうっとおしい髪型していたんですよ。

ボクら、見るに見かねて先生に聞いたんです、

先生、髪邪魔じゃないですか?切らないんですか?と。

すると先生、

バカな事を言うな、床屋ほど恐ろしいところはないんだぞ!

常に刃物を扱っているんだ、特に

IMG_3343.jpg

カミソリ!あれは切れ味が凄いからな、あんなもの首筋にあてられて平気なワケないだろう!

もし床屋の主人が俺を狙う刺客だったら一発だ!いちころだ!

だから俺は床屋には行かない!周りになんと言われようと床屋に行かない!

と、妄想も甚だしい事を熱く力説してくれました。


先生を狙う刺客って、何に狙われているのよ、先生過去に何したのよ。


ーおわりー
スポンサーサイト



 
05月02日(木)

『新元号に変わったその時、あなたは何をしましたか ~剣道部編~』

昨日、元号が令和に変わりました。

ボクは元号が変わるのを経験したのは二回目です。


昭和から

IMG_2131_201904302221289f3.jpg

平成に変わった

IMG_1409.jpg

1989年1月8日。


ボクはまだ高校生、冬休みの真っ最中でした。


休みといえどもあるのが部活、特に剣道部は何があっても活動中、

でもいくらなんでも今日という日は部活も休みだべ、まさかこの日に部活やれっていわないべ。

ボクは主将でしたから、そう思いながら顧問の先生に電話したんです。


おお、トモキか!何、どうした?


先生、昭和が終り平成になりましたね。ところで部活なんですけども、

と言いかけた時、


いやいくらなんでも今この状況で部活やれとは言えないぞ。


と、その言葉を聞き一安心したのも束の間、

でもお前らがどうしてもと言うのなら止める事はできないなあ。

どうだトモキ、元号が変わっても剣道部の気合があるならば

自主的に部活をしてもいいんだぞ!平成も気合を入れていくからな!


その言葉はボクらにとって強制的に部活をやれという一言、

ボクはわかりました、と一言残して部員全員に集合の電話をしました。


今とは違い昭和から平成に変わった時は自粛ムードが漂う時。


ボクらはそんな中、汽車やバスを乗り継いで渋々学校に行ったんですが、

どこもカギが閉まっていて部室どころか学校にも入れなかったのでした。


先生、気合でカギは開けられませんでしたよ。


ーおわりー
 
11月22日(木)

『ぼくの先生はフィーバー ~雪が降れば思い出す 柔道部が先か剣道部が先か~』

*今週末の土曜日、ボクの出身高校の柔道剣道部のOB会が開催されます。

ボクは幹事で立て替えとか色々で只今もの凄く大変な目に遭っています。

その時に話題にしてやろうと思っている、くっだらないハナシを

当日忘れない様、ここに書き留めます、24日まで書き留めます。

あまりに下らないので無視して構いません、御閲覧頂いた際には呆れ返ってください。


明後日の土曜日にボクの高校時代の部活のOB会があるんです。

IMG_7677_201811222059262c6.jpg

でもこの雪でみなさん集まる事ができるか不安になってしまいました。

雪が降ったら不安になる、これは今始まったことではないんです。


ボクが高校時代、雪が降ると先生の家の雪はねをしていました。

いや、させられていたんです。

顧問の先生たちの家だけではなく、他の先生の家も雪はねしていました、

これも部活の一環、身体を鍛えるということで。


流石のボクら、いくら馬鹿なことやっていたけどこれだけは

当時から納得行かずにモヤモヤしていたんです。


そこで前々回のOB会で剣道部の先生に聞いたところ、

いや、あれは柔道部の先生が悪い!と。


さらに前回のOB会で柔道部の先生に聞いたところ、

いやいや、あれは剣道部の先生が始めた事なんだ、と。


もはや、ニワトリが先か卵が先かの大討論会になってしまったんですが、

みんなお酒飲んで上機嫌だったので結論として

この話題を振ったボクが悪いという結果になってしまいました。


明後日またOB会が開催されます。

IMG_7678_20181122205924f5c.jpg

いい感じで雪が降ってきました、

ここはスコップ用意して、各先生に店の前の雪はねをしてもらいましょうかね。


でも多分俺がやるんだぞ、俺らの代で。

いつまでたってもこうなんだから、一生頭上がらんわ、もう。


*みなさん、ボクらホントに高校時代に各先生宅の雪はねをしていたんですよ。

その代わり、赤点とかを免れたりしていたんですよね。

持ちつ持たれつかもしれませんが、いやホントいい時代だったんでしょうねえ。


なんか書いてて

ホントは先生が今問題の車会社の偉い方なのかもしれないと思えてきた。

おわり。
 
11月21日(水)

『ぼくの先生はフィーバー ~先生も好きだったクレイジーキャッツ~』

*今週末の土曜日、ボクの出身高校の柔道剣道部のOB会が開催されます。

ボクは幹事で立て替えとか色々で只今もの凄く大変な目に遭っています。

その時に話題にしてやろうと思っている、くっだらないハナシを

当日忘れない様、ここに書き留めます、24日まで書き留めます。

あまりに下らないので無視して構いません、御閲覧頂いた際には呆れ返ってください。


今日はSTVラジオがうちの店を宣伝してくれました、いつも本当にありがとうございます!

その紹介の中で、

ghazou_20150916165549a1e_20181121210718f1e.jpg

クレイジーキャッツの事が出たんです。


ボクが中学生の頃から好きだったクレイジーキャッツ、

このレコードもその時買ったものだったんです。


高校に進学し剣道部に強引に入部させられて、

すっかりクレイジーキャッツから遠のいてしまったんですが、

ある日、試合に向う途中、先生の車の中で、

トモキ、眠くなってきたから何か歌ってくれ!と言われたんです。

ボクは迷わずクレイジーキャッツのホンダラ行進曲を歌ったんですよ、

すると先生、お前!なんでその歌を知っているんだ!

とそれから車内ではクレイジーのハナシで大盛り上がり大会!

ボクがレコードを持っている事を伝えると、

是非ダビングしてくれ!と、後日テープを渡されたのでした。


それからしばらくしたテストの時、その先生の教える世界史のテスト、

ボクはわからないところの回答欄をスーダラ節の歌詞で埋めたんですよ。


ですが絶対赤点100%確実のところを、1点差で逃れたんです。


19点の赤文字の下には

クレイジーのテープをありがとう!

と書いていました。


今では考えられないハナシでしょうが、

ボクらはこんな暖かい時代を育ってきたんですよ。

まあ19点で赤点じゃないってのもどうかと思いますが、

こんなのが許された時代、

もしかしたらボクらの方がゆとり世代の生徒なのかもしれませんね。


いや先生はやはり偉大だわ、ボクら剣道部全員、絶対頭上がらないわ。

おわり。



*数十年して先生と再会し、当時の事をお話させていただきました。

ホントはボクは赤点で補習を浮け、部活をサボろうと企んでいたんですが、

さらにホントに、そうはさせまいと先生がワザと採点ミスをしたそうです。


みなさん、これはボクのの高校時代に実際にあったハナシです。


なんか書いててホントは先生が一番ゆとり世代の教師なのかもしれないと思えてきた。

おわり。
 
10月25日(木)

『ぼくの先生はフィーバー ~先生がつけたボクのあだ名~』

昔から先生には、あだ名を付けるものなんですが、

先生もボクらにあだ名を付けましたよね。


ボクは店から帰ってからマンガを読むんです。

脳休めとでもいいましょうか、毎日の習慣になっているんです。

ここ最近は

IMG_6897_20181025214307318.jpg

このマンガを読んでは脳休めしているんですが、

そうそう、そういえば昔、

IMG_6896_2018102521431152b.jpg

ボクはこの方々に憧れて、モヒカンにしようとしたんですよ。


高校二年の時でしたかね。

色々な事情があり、ボクは頭を丸めていました。

ただの坊主頭ではなく、丸っきり髪を剃ってスキンヘッドにしたんです。


せっかくここまでしたんだから、ただ髪の毛を伸ばすのは面白くない、

ならばと真ん中だけ残して剃刀で剃っていたんですよ。


そうやり始めた二日三日して、先生から呼び出しがかかりました。


お前、何を考えてそんな頭にしようとしているんだ?

なんだ?保安官と戦うのか?のろしでも上げるのか?

お前の事を今日から剣道部部長ではなく酋長と呼ぶからな!


そう言った先生、ボクが髪型を直すまで、

授業でもボクの事を酋長、校内放送でも嶋貫酋長と徹底して呼び続けたのでした。


ボクは真ん中の毛を剃り、早く毛が生えるように

毎日頭全体にサクセクスかけてガイコツブラシで刺激して

元の角刈りに戻そうと必死になったのでした。


ーおわりー