プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

05月15日(月)

『卒業30年目の中学校』

今日はボクが卒業した中学校に行ってきました。

securedownload (5)

地元の中学校は、随分と前に廃校になった高校に移りましてね、

そのままこの建物が残っていたんですが、

ついに今回取り壊しになると剣道部の大先輩に教えていただきまして、

今日、ボクの都合の無理なお願いを聞いてもらい、一緒に行ってきたんです。


昔のボクがいた、あのやかましい教室も

securedownload (6)

今はもうガランとしてましてね、

securedownload (8)

あの時の教室、

securedownload (7)

色々学校行事が行われた体育館も解体の準備が始まってまして、

securedownload (9)

先輩と二人、ここでこうしたああしたなど、

色々想い出を語りながら回っていたんです。


よく窓から飛び降りてましたよね、外見たら人が降ってきたからビックリしましたよ!

授業中、抜け出して裏の畑のスイカ食べていましたよね!

掃除道具箱の中に何人入れるか試して授業中一人一人出てきましたよね!

ここで雪はねクラブ用のスコップに蝋ぬったんだ、

地下をもぐって女子更衣室覗きにいったんだ、お前もやってたべ!

あそこに土俵があったんだ、相撲の全国大会行ったんだ、

まわしなんか何回も取れたんだ、丸見えだったんだ、

いや懐かしい話は尽きないな!

と、

securedownload (10)

再会の塔を前に、大人になった二人、タバコを吸いながら

中学生に戻って色々話をして懐かしんでいました。


もうすぐ取り壊しが始まるボクらの中学校、

今はもう、カラスが巣を作っていた大きな木も、

雪道の中、畳を運んだ我が剣道部の道場も、

プロジェクトAのマネした自転車置き場もありません。


今ボクらがあるのは、この中学校のおかげ、

今思えば色々悪タレ馬鹿タレな事もしていましたが、

どれもこれも、いい想い出です、貴重な経験です。


ボクらが育ったの中学校の、恐らく見納めになるであろう最後の姿を見ながら、

先輩と二人、行動にこそ起こさなかったけれど、

深々を御辞儀をして、ありがとうございました!と御礼を言ったのでした。



でもボクらの中学校、昔っから謎だった、

securedownload (11)

校庭にあった、この球。

これだけは一体何なのか、未だ謎のまま終ろうとしていました。


謎のままでいいんですよね、謎があるくらいが丁度いいんです。


沼中魂よ!永遠なれ!


ーおわりー
スポンサーサイト
 
04月13日(木)

『ボクは子どもの頃、オジサンによく怒られました ~近所にいたヒゲのオジサン~』

季節はもう春、自転車に乗ってる方々もよく見かけますが、

ボクが子どもの頃、雪が溶けたら自転車に乗るのが凄く楽しみでした。

20160503142406f6e.jpg

お母さんに乗ってもいいよ、と許可をもらいまして、

誰かが乗ったらもうスタートと、もうみんなして乗り回していました。

昔は自転車も遊び道具だったんですよね。


そんな中、ボクらが調子に乗って二人乗りしてましたら、


こらあ!お前ら何やってる!


と怒鳴り声が聞こえてきたんです。

ヤバイ!と思って声の方を見たら、近所に住んでるオジサンが。

ヒゲがボウボウだったのでヒゲのオジサンと呼んでいた、

近所でも有名なうるさいオジサンが怒っていたんです。


お前ら!二人乗りしたら危ないだろう!さっさとやめろ!


ボクらしぶしぶ自転車から降りまして、ヒゲのオジサンの説教をくらって、

すっかり白けてしまったんですが、

ふと見てみたら、オジサンの自転車の荷台には大量の薪が積まさっていたんです。


ボクらの二人乗り怒ってたけど、あの薪はいいのかな、

積みすぎだよね、ボクらより重いよきっと。


そう腑に落ちないままコソコソ話していましたら、

案の定オジサンの自転車はバランス崩して転倒してしまったんです。

ボクら、ほれ言わんこっちゃない!と笑っていたんですが、

オジサン、自転車の下敷きになったまま、


お前ら何笑っているんだ!早く助けろ!


と怒鳴ってきたんです。

仕方ないから助けに行って、このままだとまた転ぶから、

ボクらが薪を家まで運んであげたのでした。


家に着いたらオジサン、

おおう、今日はありがとな!と、ポケットから

いつのものかもわからないベタベタになった醤油飴をくれたのでした。


その飴、食べるのにもの凄く勇気がいたんですが、

あおのオジサン、意外に優しかったね、と

子どもだから、さっき怒られた事もすっかり忘れて

帰り道に美味しくいただいたのでした。



トモキちゃん、ベタベタしてて、あんまりコレ美味しくないね。

しーっ!聞こえるよ!今日はもう帰ろうか、また明日遊ぼうね。


ーおわりー
 
04月01日(土)

『4月バカに相応しいバカ者のハナシ』

さて今日はエイプリルフール、4月バカの日ですが、

あちこち賑わっているように、今日という日に相応しいバカ者のオハナシをば。

IMG_8022.jpg


さあて、どこから御説明しましょうか、

ボクが20歳の頃に勤めていた会社で実際に起きたおハナシなんですが、

まあいわゆる社内恋愛ってやつですよ、そんなに珍しくも無いハナシなんですが、

ボクがいる職場の流通の事務の女性が本社の男性とそういう仲になっていましたと。


ここまでは、ふうーん。と大した興味もないハナシなんですが、

そんなある日、その女性宅に泥棒が入ったそうなんです。


盗まれたのが、どうやら

IMG_8024.jpg

着替えの服、しかも始末が悪い

IMG_8025.jpg

下着ときたもんだ。


そして、何故かよく分かりませんが、

IMG_7900.jpg

留守電のマイクロカセットと。


会社でも大事にはしない様に問題にしていたようなんですが、

そんなある日、そのイイ関係の本社の男性が退職したんです。


ボクらには、役職も無い責任の無いうちに辞めるのが吉だと

これまた偉そうに説明していたんですが、

ホントは違ったんですよ。


どうやら男女の仲がもつれて、

というよりも男性の方が一方的にしつこく言い寄っていたと、

そしてついには女性の方から切り出して、まあ振られてしまったんですね。


その後なんですよ、泥棒が入ったのが!


どうやらその男性が犯人だったようでして、それで解雇と、

訴える云々は無しに、そういうハナシになったようなんです。


それを知ったボクと先輩、もう黙っているワケがありません!

盗んだモノをどうしてこうして何に使ったのか気になって仕方なかったんです!


シマ、お前どう思う?俺が推測するにはな、

と、先輩とボクの推理が始まったんです。


シマ、いやあしっかしビックリしたよな!

全くですよ、でも先輩、あのテープは何に使ったんでしょうかね?


当時の留守電、自分で声を吹き込む事ができましてね、

皆様も覚えているでしょう、電話をかけたら

只今留守にしています、御用の方はピーという音の後に云々かんぬん、ピー!

とう本人の声が吹き込まれていたんですよね。


シマ、パンツ被ったと思うか?

いや流石にそれはしないんじゃないですか?

俺が思うにはな、パンツ被ってテープの声聞いてたんだと思うぞ!

いや、被るだけではない、匂いかいだんじゃないか?

テープの声聴きながら、パンツ被って嗅いで、いやあ気になる!

シマ、お前ちょっと聞いて来い、盗まれたのは洗濯後のものかどうか!

えー!それはまずいですよ!いくらなんでもヤバイですよ!

よし、ジャンケンするべ!負けた方が流通事務所行って聞いてくること!

最初はグーも無しだからな!ジャーン!ケーン!

お前ちゃんとやれや!もう一回やるからな!ジャーン!ケーン!・・・




そうしてジャンケンに負けたボクは、渋々聞きに言って、

思いっきりぶった叩かれたのでした。



今回のおハナシは、盗んだヤツだけではなく、

そんな大変な事があったにも関わらず、

勝手な妄想で盛り上がっていた

IMG_8023.jpg

正に今日に相応しい、大バカ者どものの大変バカバカしいおハナシでした!


4月バカってこんな意味じゃないですよね。おわり
 
12月20日(火)

『その場の空気にご用心 ~忘年会の帰り道~』

世間では忘年会のシーズンと、皆様悪酔いしていませんか?

ボクはお酒にも酔い、雰囲気にも酔い、そんな自分にも酔い、

もう酔いっぱなしなんですが、

今回は昔、忘年会に行った時、実際に合った

とても下らないオハナシです。


ボクが若い頃勤めていた会社で忘年会がありました。

いつもは職場の倉庫仲間での忘年会でしたので、

そこらの居酒屋だったんですが、今回は本社の忘年会、

みんなしてススキノに行ったのでした。


大変盛り上がった忘年会、先輩の行き付けのお店に二次会に行って、

先輩たちも、かなりイイ調子になって、

そのお店のお姉さんたちを引き連れて三次会に向う途中、

道端でよく見る占いをしてもらおうという事になったんです。

P1060053_convert_20100525135155.jpg

こんな占いではありません、易者が見てくれるような占いです。


ですがその占い、テーブルこそはありますが、肝心の易者が見当たりません。

きっとトイレか何かに行っていたんでしょうね、

ですが流石はボクが尊敬する先輩、かなり酔った勢いもありまして

その占いのイスに座って、どれどれ占ってしんぜよう、と

一緒にいたお姉さんたちの手相を見始めたんです。

お姉さんも面白がって、

私の運勢を見て下さい、と。

テーブルの上にあった、でかい虫メガネで手相を見ていた先輩、

あなた、札幌の人ではないですね、実家は農家だ、

一回離婚経験があるでしょう、手相にそうでとる!

えー!なんでわかるんですかー!

わたしくらいになったら何でもわかるんですよ!


いつも行き付けのお店のお姉さんですからね、それくらいは当然わかります。


でもボクらは周りで、おおー!ここは凄い!よく当たる!と大騒ぎ。

大笑いしながら、その先輩の占いを大絶賛していたんです。


そしたらその騒ぎを聞きつけた周りの方々、

そんなに当たるんですか?ならば私も、私も!と集まってしまったんです。


これはヤバイと即座に察したボクら、

イスに座ってた先輩を引っ張って一目散に逃げたのでした。


みなさん、悪ノリも程ほどに、酒は飲んでも飲まれるな。おわり。
 
12月17日(土)

『有馬記念でハズレたら何て言う?』

今年も残すところあと二週間と、何かとあわただしくなってまいりました。

さて、年末の恒例といえば宝くじと有馬記念、

どちらもなかなか当たらないものですが、

今回はボクが昔勤めていた会社の大先輩のおハナシです。


ボクが昔勤めていた会社は、毎日日曜になるとみんなして競馬をしていました。

馬券が売っている近くに配達に行く運ちゃんにお願いして勝ってきてもらうんです。

ですので日曜の朝は、みんなして競馬新聞を広げて予想していたのでした。

それが春秋の重賞レースともなればかなり熱も入り、

特に一年の締めの有馬記念ではもうお祭り騒ぎだったのです。


毎年有馬記念の時期に、運ちゃんのヤナさんが決まって言う事がありました。


シマ、有馬でハズレたらなんて言うかわかるか?


ボクは当然分かりきっているんですが、わざと知らない振りをしていたんです。


あのな、いやーハズレたか!ありまー!って言うんだぞ、ワッハッハ!

何、当たる方がおかしいんだって、あんなもん。

年末の風物詩だからな、こうして笑って一年の競馬を締めるのよ!


そう言って、毎年有馬記念はハズして笑っていました。


ですが、ある年の有馬記念、ヤナさんが帰って来た時、様子が変でした。

なんていいますか、なんかよそよそしいんですよね。

無口で誰とも目を合わさず、そそくさと仕事を終らせて帰ろうとしたんです。


そこに帰ってきた競馬仲間、

いやー、今年の有馬は荒れたな!まさかアレが来るとは思わなかった!

今年もやられたわ!俺など一本はやられたわ!

あれ?ヤナさんは?

おおう、俺もハズレだわ、うん、ハズレたよ。

あれ?なんか様子おかしいんでない?

さてはヤナさん!当たったんじゃないの?

いや、いいや、そんなことはない、なんか今日は疲れたな、帰るかな。

ちょいまちヤナさん!ヤナさん、まさか当たったんでしょ!

うう、いや、ちょっと試しに買ったやつがな、ちょっとキタっていうか。

ヤナさんあの馬券取ったのかい!すげえわ!さすがヤナさん!

よし、お祝いしないとならんな、シマ、ちょっとビール買ってこいよ!

お金はヤナさんから貰えよ、幸せはみんなで分かち合うもんだからな!

と、やんややんやの大騒ぎになりまして、


これで済むなら安いもんだな、と

ボクはヤナさんから配当分の一部をもらってビールをニ箱買ってきたのでした。


ですがこれで済むワケはありません、すっかり盛り上がった面々、

いつもは飲み会に参加しない事務のお姉さんまで加わって、

よし、これからヤナさんのおごりで居酒屋だ!

そこで散々食べて飲んで、よし!これから行きつけのスナックだ!

もちろんヤナさんのおごりだよね!ありがとう!ヤナさん!

と、総勢30人近くで飲み歩いたのでした。


朝まで散々飲み散らかしたお勘定の時、ヤナさんは請求額を見て、

ありまー、こんなんならなまじ当たらない方がよかったな。

とつぶやいたのでした。


IMG_9287.jpg


これが正しい ありまー の使い方なんだな、とヤナさんに教えてもらったのでした。


ーおわりー