プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

05月16日(月)

『ボクが出逢った優しい方々』

ボクは今月で45歳になるんですが、

今まで沢山の優しい方々に出逢ってきました。


・遠距離バスで出会ったおばあちゃん


ボクは30代の時、道北に居ました。

会議やなんやらで月一のペースで札幌に帰ってきていたんですが、

夏場は車で移動できたんですが、冬場はやはり不安でして、

バスで行き来していたんですよね。

ですが年末年始以外はそうそうバスに乗る人もいなくて、

少数人数での長時間のバス移動の旅になっていたんです。


ある冬、ボクが札幌に向うバス中でのお話です。


早朝から一人バスに乗り、道中をどう過ごすかどうか考えていたんですよね。

今から寝るかな、も少し景色を楽しむか、でも雪ばかりだからなあ、

と思っていた時に、通路の反対側から手が伸びてきました。

ん?なんだ?と見てみたら、座っていたのがオバアサン、

伸ばしてきた手を見てみましたら、

IMG_8149.jpg

くしゃくしゃのチリ紙に包まれて、ホタテの貝柱がありました。

なんだ?と戸惑っていましたら、

ほれ、ほれ!と言わんばかりに

オバアサンが無言の圧力でこちらによこします。

ああ、これはボクにくれたんだな、と気付きまして、

ありがとうございます!と遠慮なくいただきました。

ふとオバアサンの方を見たら、言葉を発しないまま、

いいからいいから!と言っているかのように手を振っていたのでした。


早速よばれたホタテの貝柱、

塩気がよかったのは浜の本場か、オバアサンの手のせいか、

もの凄く美味しく味わいながら道中を楽しんだのでした、おわり。


*食べ物をもらっていい人だって、実家の犬じゃないんだからってな。おわり。
スポンサーサイト