プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

10月13日(金)

『ボクの周りの華麗なる聞き間違い ~ボクの友だちヨッチャン編~』

昨日ですね、ボクの聞き間違い、勘違いの事を紹介しましたら、

お客様からこんなコメントを頂きました!


「昔 小学校の図書室にえすがたにょうぼうと言う話の本があり

子供向けにひらがな表記だったと思うのですが

ずっとS型女房だと思っていました。

絵姿女房だと知ったのはずっとあとでした。

思い込みって怖いですよね。」


貴重な体験談をありがとうございます!


思い起こせばボクも、「いなりずし」を「いきなりずし」と読み間違えて、

いきなり寿司ってか!どんなに美味しいんだろう、

と食べてから気付いたり、

「有様」を「蟻様」と勘違いして、ははーん、さてはキリギリスはこう思っているんだな、

と勝手な解釈したりしていたのでした。


ですが誰しもこんな勘違いはあると思います。

今回はボクの周りの華麗なる聞き違い、

ボクの友だちも華麗に勘違いしていたってハナシの紹介です。


・ボクの友だち ヨッチャンの場合

ボクらは学生の頃から爆風スランプが好きでした。

札幌に来た時はコンサートなんかも欠かさず行ってました。


ある日、爆風の新しいアルバムが出ました。

IMG_5589.jpg

この中の曲に、組曲 「天下御免の回り物」というのがありまして、

歌詞はといいますと、お金に纏わる事をとても爽快に皮肉っているんですよね。


その歌詞の一つに、

かーねぇ!(金) 長く使おう そーりゃいいね!

というのがあるんですが、ボクの友だち ヨッチャンは、

ながくつかおう のところを、長靴買おう と勘違いしていましてね、

顔合わす度にお酒を飲んでは爆風聞いて、

この曲がかかる度に

なんで金があって、わざわざ長靴買うんだ?

と、不思議に思っていたそうです。


この勘違いにも困ったものですが、

やはり一番の聞き違いは、ボクの友だちKP君の、

仕事中に先輩に言われた言葉、「ちょっと、そっち持って」の一言を

なぜかどういうワケか「シェー!ドシェー!」と聞き違えたのが

一番困った聞き違えと、改めてそう思ったのでした。


何が困ってしまうかってこの聞き違い、

立派ないい大人になってからの勘違いなのでした。


皆さん聞き違い、勘違いに十分気をつけて下さいね。

ー反響あったらまたつづくー


*KP君の華麗なる勘違いは、↓

『華麗なる聞き間違い』

過去のこちらから御閲覧頂けます。

よければ今後の上司との関係に参考にして下さい。おわり。
スポンサーサイト
 
06月08日(木)

『ボクの周りの凄い方々 ~想い出を形に表して~』

御蔭様でうちの店も8年目に突入しまして、

これも今まで支えてくれた方々のおかげです、本当にありがとうございます!

今回はですね、先日お客様からお祝いのお言葉を頂きまして、

そのメールに添付していた、この画像が

IMG_0778.jpg

凄く気になったので、ちょいと紹介させて頂きます。


これはどこかの風景か、はたまた昔の写真なのか、

お客様にお尋ねしたところ、今はこういうミニチュアが販売されているそうなんですよ。


色々やり取りさせて頂きまして、色々詳しくお話を聞かせていただいたんですが、

なんでもこういう組み立て式のものがありまして、

ただそれを組み立てるだけですよ、と教えて頂いたんですが、

いやあ、それにしても細かい作りだ、器用に作るわ、

こちらなんか

IMG_0779.jpg

電気点いているじゃないですか、これはかなり本格的じゃないですか!


さらにお話を聞かせていただいたところ、

子どもの頃の記憶を元に、このミニチュアを作っているようで、

元のものに色々手を加えて、御自分の想い出を形にしているそうなんです!

いやあ、素晴らしい!感動しました!


昨今色々懐かしいミニチュアが販売されています、

ボクも好きで集めていたりします。

ですが、そこから先はしませんでした、

昔の記憶を形にするなんて思ってもいませんでした。


なんせBIG1ガムのプラモデルですらよく作れないですからね、

当然手を加えるなんて思いませんよ。


ですがこちらを完成させたお客様、

お手本があるワケでもなく、御自分の記憶を再現しているんですからね、

いやあ!凄いです!凄すぎです!

IMG_0780.jpg

うちの店は沢山のお客様に支えられてここまで来ました、

本当にありがとうございます!


時にはこのように情報交換させていただきまして、

時にはこのように当ブログに御協力をお願いしまして、

うちなんかの店の、ボクのような者に賛同して下さいまして本当にありがとうございます!


コレを書いている時に、スイマー、チョコホリックが来年には終了と、

とても残念なニュースが飛び込んで来ました。

あのレトロ感ある雑貨を今の若者に!そして、あわよくば当店に!

と思っていたんですが、大変残念なニュースです。


ある意味、また一つのレトロ文化が終焉を迎えようとしています。


ですが、うちのレトロは終りません、

こうして記憶を元に形にする方が、うちの店を支えてくれる限り、

そしてボクがいる限りはレトロ文化が終らないのです!


と、また、まあここまで大風呂敷広げた事書いてしまいましたが、

これからもうちの店は、このまま、昭和なレトロを追い続けていきますので、

どうかこれからも宜しくお願いします!


今回は開店当初かた色々お世話になっているお客様の御協力の元、

このように紹介させていただきました!

本当にありがとうございます!ありがとうございます!!


今後も沢山の方々にお世話になります、

46になってもまだまだお世話になります!

たぶん218歳まで。手相の生命線を測ったら、そうだったから。


もう手相なんだか年のせいのシワなんだかもよくわかりませんが、

これから五世代くらい続かせる為に、明日からの当店を宜しくお願いします!


今回も御協力、本当にありがとうございました!

これからもどうぞ宜しくお願いします!


スマイル札幌店 嶋貫智樹
 
03月12日(日)

『ボクが尊敬するお店』

今月の当店は節目の月でして、

今回は先ずは明日の節目を迎えるにあたりまして、

ボクが尊敬しているお店を紹介します。


ボクが尊敬しているお店、

IMG_3019.jpg

うちの店のお客様のお店なんですが、

IMG_3018 (1)

見ただけでもう思わず行きたくなるお店でしてね、

IMG_3020.jpg

いたるところに色々と昭和の感じが満載な面々が飾られているんです。

IMG_3021.jpg

うちの店でお買い上げ頂いた面々も多いいんですが、

IMG_3022.jpg

初見の面々もチラチラ見れまして、

IMG_3024.jpg

いやちょっと、ボクが行ったらもう興奮しきりなお店なんですよね。

IMG_3025.jpg

そのお店が、うちの店の同業ではなく

IMG_3026.jpg

居酒屋さんだっていうんだから、

しかもその居酒屋さんが、日本ではなく

海外のノルゥェーだっていうんですから、なお興奮でしょう!


うちの店が開店した辺りからお付き合いがあるこの居酒屋さん、

長年に渡りお客様に大人気だっていうんですから、

それもお客様は海外の方ばかりなんですから、

いや、コレ、日本の文化、昭和の文化が受け入れられているばかりではなく、

ここのお店を営んでいる御主人、女将さんの作るお料理、お酒もさながら、

スタッフの方々の接客、会話、お手ごろなお値段、そして何より

それらを含めた全体的なお店の雰囲気がいいから長く愛されるんでしょうね。



おっと、御住所を紹介していませんでした、

御住所は

St.Olavs gate 7

0165 Oslo, Norway

です。


ボクもいつかこの居酒屋さんに行きましてね、

毎年ここのお店のスタッフTシャツ頂いていますので、

そのシャツば着て、ツラッとして料理ば運んだり、お酒ば運んだり、

常連のお客様と色々会話したりしたいもんですね!


英語出来ないから無理か、その前に一人でうるさいわしつこいわで摘み出されるか、

日本が変に誤解されかねんな、常に酔っ払っているようなもんだからな、俺。おわり。


*最後になりましたが、今回も当ブログに快くご協力していただきました

ノルウェーのある居酒屋さん、お店の名前も居酒屋と、

毎年大変お世話になっている御主人、女将さんに厚く御礼を申し上げます。

何から何までありがとうございました!
 
01月21日(土)

『昔ならではの想いが詰まった万年筆』

ここ最近は、うちの店のくせにもの凄く貴重な面々がやって来ているんですが、

先日、お客様から

IMG_5635_20170121214751c86.jpg

こちらをお預かりさせて頂いたんです。

なんか昇り鯉の柄のものや、シャウエッセンみたいなものもありますが、

こちらですね、

IMG_5632.jpg

万年筆なんですよ。

ですがよく目にするものとはちょいと違います。

普段使っている万年筆と比べても

IMG_5633.jpg

一目瞭然、大きさ、というより太さが違うのです。


おおー、これは珍しい、初めて見ました!

しかしなんでこんなに太いんですかね?

と、ボクが疑問に思っていましたら、

こちらは聞くところによると、

昔の富山の薬売りなどの行商で色々遠方まで歩く方々が愛用していたそうで、

お客様の所で御用聞きの際、インクが切れたら商売になりませんので、

このような大きな万年筆にインクを満タンにしてお仕事に出向いていたそうなんです。


なるほど!これはまさに昔ながらの知恵!

いやあ、この太い万年筆にこんな逸話が!

これはこれは素晴らしいお話をありがとうございました!


うちの店、というよりもボクはいつもお客様に色々教えて頂いています。

もう店を初めて8年になりますが、

この8年間、お客様に本当に色々教えてもらっているんです。


その知識を出来るだけ身につけて、

他のお客さんには、さぞ自分で知っているかの様に説明するのです。


今回も貴重なお話を教えて頂きました、本当にありがとうございます!


そうか、ただ太いだけではなく、ちゃんとした理由があるんだ!


あ!そういえばうちの店にもやたらとでかい筆記具があるんですよ!

IMG_5636_20170121214746d80.jpg

ボールペンとか、鉛筆とか!

恐らくそれもこのように使われていたんでしょうね!

と言うか言わないかのうちに、

いや、それはただのお土産品だと思いますよ。

と言われたのでした。

0.2秒で言われたのでした、おわり。
 
08月10日(水)

『昆虫採集であった怖いハナシ』

皆様、夏休みの宿題は進んでいますか?

色々大変な夏休みの自由研究ですが、そんな自由研究にも危険は付き物、

今回は、とある女性のお客様が実際に体験した、

自由研究の昆虫採集で起こった怖いハナシを紹介します。


そのお客様、子どもの頃、家族みんなで山にキャンプに行ったんですって。

山だから虫がいっぱいいるでしょう、

よし、今年の自由研究は昆虫採集にしよう!と、

IMG_0136.jpg

キャンプ中で完成できるよう、セット一式を持って張り切って行ったそうなんです。



キャンプ場に着き、色々準備も終わり、よし虫を探そう!と張り切って山に行きました。

そこは流石に大自然、木々緑茂る山ですので、いるわいるわ、昆虫が!

もう面白いくらい捕まえて、これはかなりの力作ができるぞ、と、

早速テントで昆虫採集セットを広げて自由研究に取り掛かったんです。


当時の昆虫採集とは、

まず虫に注射うって、殺してしまうんですよね。

そして腐敗しないように、また別な注射をうつと、

さらにピンで刺して台紙に貼り付けていくという、

まさに刺して刺して刺しまくる、もう必殺仕事人かってハナシなんですが、

昆虫採集セットには、それらが一式揃っていたんですよ、

注射も、腐敗させない為のも、殺してしまう薬品も。


よし、最初はこの注射からか、と、捕まえてきた虫々に一匹ずつさしていったんです。

何匹もさしている内に、ちょっと手元が狂ったそうなんですよ、

虫にさしたばかりの注射の針は、こともあろうか、自分の手に刺さってしまったんです!


さしていた注射は虫を殺すもの、それが手に刺さってしまい、

ああ!ワタシ死んじゃう!虫と一緒に死んじゃう!と、

怖くて怖くて、パニックになったそうなんです!


子どもの頃って、本当に怖い目にあったら

お母さんお父さんにもホントの事を言えないじゃないですか。

まさにその状態になってしまって、

動きが鈍くなり、やがて死に行く昆虫を見ながら、

ああ、ワタシ死んじゃうかも、ワタシ死んじゃう、

昆虫と一緒に死んじゃう、次はワタシの番だ、どうしよう、どうしよう!

もう、一人で死の恐怖におののき、キャンプどころではなかったんですよ!


と、笑顔でオハナシをしてくれました!


そのお客様、今日ベビーカーで娘さんを連れてきてくれましてね、

いやあの時はホント、生きた心地がしなかったんです!

と、当時を振り返りながら、お子さんをあやしながら笑顔で語ってくれました。


昆虫採集をしたことがある方なら一度は気になるあの注射、

これがささったらどうなるんだろう、と気になり続けてもう大人、

それを身を持って体験してくれた、

今ではもう、虫も殺さぬようないでたちしたお母さんの、

貴重な、でも一歩間違えば大変危険なオハナシでした!おわり。


*この内容はお客様のご了承を頂いた上で紹介させていただきました。

ご協力ありがとうございます!

多少ボクなりの脚色を加えましたがどうか皆様、十分にお気をつけ下さい。