プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

01月03日(火)

『ボクの実家のワンコたち』

ボクの実家ではワンコを飼っています、

IMG_5023.jpg

三匹飼っています。

結構昔からいるんですが、ボクには中々なつきません。

ですがボクのおかあさんとかには絶対服従なんです。


おかあさんが雪はねをしている時、

ワンコたちは手伝っているつもりか、前足で雪の塊を崩してくれます。

雪はねで疲れたおかあさん、転んでしまって中々立ち上がれない時は、

わざと、イヤー倒れた!もうダメだー!と叫んだら、

ワンコが何とか立たそうとしてくれたり、

これは大変だと遠吠えして近所の皆さんに知らせてくれるそうです。


みんなきちんと分かっているんだわ、

大変なのを知っているから手伝ってくれたり助けてくれたり、

もの言わないだけでちゃーんとわかっているんだわ。

とご満悦なおかあさんに頭を撫でられてエッヘン顔したワンコたち。


それならボクも、と思い、ワンコを連れて雪はねへ。


ボクが一生懸命やって汗だくになっているのも関わらず、

ワンコたちはシッポを下げて遠くから見ているだけ。


なんだよ、ハナシが違うじゃん、と思いながらも横になり、

うわー倒れた!うわーもうダメだ!とワザとらしく叫んでみましたら、

これは大変!と思ったのか、走って近づいて来たワンコたち。


おお、助けてくれるんだ、流石はうちのワンコども!

と思いきや、

みんなして後ろ足でボクが見えなくなるくらいな勢いで雪をかけて、

知らん顔して家の中に入っていったのでした。


雪に埋まりかけたボクは静かに起きて、

雪はねの続きを黙々としたのでした。

ーおわりー
スポンサーサイト