プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

02月23日(木)

『愛と青春の剣道三倍段』

ボクは中学高校と剣道部でしてね、

ですが昔よく見たドラマの青春ものとはほど遠く、

まるでマンガの柔道部物語のような、とても厳しい世界でした。

ですが、そのお陰でボクも有段者になりまして、

履歴書などの資格に書ける身分になれたんですが、

そんな時、同じ格技場の柔道の先生が、

剣道に勝つには三倍段を持っていなければならない、だから剣道は最強なんだ!

その強さを間違った方向に使わないように!

と言ってくれたんですよね。


当時のボクら剣道部、その意味がよくわからないでいたんですが、

調べたら調べる程、その言葉が漫画の「空手バカ一代」から来てるのがわかりました。


そうか、柔道部の先生はレスラーみたいなガタイで色々な格闘技に精通してたが、

確かそれ以上に漫画が好きだったんだ、だからこの言葉が出たんだな。

kakugijilyou-img600x458-1481606686jxhxki15673.jpg

私事ですが、今年、三年ぶりに当時の格技場仲間でのOB会を開催するにあたり、

昔の事を色々回想しているうちに、ふとこの事を思い出しました。


しかし当時のボクの友だちは、この剣道三倍段について、

剣道が最強って言ってたけど、他にも強いのあるよな、

薙刀か、棒術とか、三節棍とか、鎖鎌とか、そっちの方が強いよな!

よしトモキ、俺はそれらを極めるから、また会った時に勝負だからな!

と言って卒業していきました。


今度の同窓会、あいつ来たら俺勝負せんとならんのか。

あいつに招待状出すのやめとくか、道端でいきなり

ここで会ったが30年目!いざ勝負!

とか言われたらかなわんからな。何されるかわからんわ。おわり。
スポンサーサイト
 
01月31日(火)

『ボクの友だちKP君 ~勇気を出して、初めてのプッシュホン~』

今日で一月も終わり、月末でドタバタしている中、KP君がやってきました。

いやいや嶋貫さん、今年も早くも一月が終わりますね。

どうやら月末で大変お忙しいと御察しします、

こんな時はどうでしょう、僕のハナシをBGM代わりに作業されては。

テーマはですね、そうそう、この電話にしましょうか。

と、勝手に語り始めたKP君、店に置いてあった

IMG_6129.jpg

この電話の小物入れを片手に、語り始めました。


いや懐かしいですね、今ではすっかり携帯に馴染んでしまいましたが、

昔はこういう電話器と、僕の実家ではしばらく

IMG_6130.jpg

ダイヤル式の黒電話でしたからね、

こんなプッシュホンを見ると昔の事をついつい思い出してしまいます。


あれは、そう、僕がまだ中学生の時、みんなで友だちの家で集まっていたんです。


学校祭の準備でしたかね、みんな熱中して作業をしていたんですよ。

気付けばもう外はすっかり暗くなってしまいましてね、

でも作業はここでは終らす事ができないと、

そこでみんな、親御さんに心配かけぬ様、電話を一本入れる事にしたんです。

当然まだ携帯もありませんでしたから、友だちのお宅の電話をお借りしたんですが、

そこの電話がプッシュホンと、

当時の僕は、恥ずかしながら見たことも触ったこともなかったんです。

みんな慣れた手つきで次々と実家にかけていましてね、さて僕の番、

存在こそは知っていたが初めて目の当たりにしたプッシュホン、

よく見ると*や#などのダイヤルには無い文字があります。

はて、我が家の番号は全て数字、このマークは一体何に使うんだ?

どういうタイミングで押せばいいんだ?#マークは音楽か?

後ろを見たら友だちが順番待ちしてるし、かと言ってどうしていいかわからない、

どうしようか、どうしよう、と切羽つまり過ぎて思わず僕は、

ああー!俺は電話がかけられねえー!

と叫んでしまったんです。

周りの友だちはもちろん、その家のお母さんもビックリしていましたよ、何事かと!

いやあ、あの頃は僕もまだ世間を知らないお坊ちゃまでしたからね、無理もありません。

ですが嶋貫さん、何事も最初はこんなものですよね、

おっと、もうこんな時間です、すっかりお邪魔してしまいましたね、

お忙しい中邪魔しては後が怖い、僕はそろそろこの辺で失敬!


と、ボクが忙しくしてる中、散々くっちゃべって去っていきました。


しかしKP君よ、

中学三年にもなって電話をかけられないって叫んだってか。

俺はそれが一番ビックリしたわ。おわり。


こんな感じのKP君がフラリと現れる当店です、

是非遭遇したらお声を掛けてみて下さい。

来月もどうかよろしくお願いします。
 
01月23日(月)

『ボクと友だちKP君 ~解散、確執の噂の真相~』

当ブログで去年まで月一のペースで紹介していました、

「ボクの友だちKP君」

ここ最近全く紹介しなかった為、御閲覧の方から、

どうしたんですか?何かあったんですか?と色々御心配をお掛けしてしまいました。

去年から世間では、解散、活動自粛、確執などなど、

色々な、あまりいい事ではない話題で賑わってしまいましてね、

それで色々ボクとKP君の何かを察知して御心配お掛けしてしまいました。


御心配お掛けしてしまい大変申し訳ありません。


お客様から御心配のメールを頂いたまさにその時、

KP君が店にやってきました。


いやいや嶋貫さん、すっかり御無沙汰してしまいました、今年も宜しくお願いします。

おお、KP久しぶり!どうよ最近は?

いやいやここ数ヶ月、人生で恐らく一番の繁忙期に入りましてね、

今日はたまたま近くまで来まして時間があったものですから御挨拶にと。

そうかそうか、忙しい中わざわざごめんな。

いえいえこちらこそすっかり顔も見せずに申し訳ありません。

ところで嶋貫さん、最近僕の話題が紹介されていないようですが、

皆様寂しがっていませんかね、大丈夫でしょうか。

世間では世界的に人気なアイドルが解散と、他にも寂しい話題が多いですからね、

ここで僕たち、SMKPも解散の噂が出てしまうと

世の中のお嬢様、姫君を悲しませてしまうことになるでしょう。

僕もこれ以上皆様の涙は見たくありませんからね、

どうでしょう、今日ここに僕が現れた事を紹介して、皆様を安心させては。

ちょいまちKPよ、確かに最近紹介してなかったけども、

さっき言ったのはなんだ?

ああ、SMKPですか、いやスマイルのSMと、僕のKPですよ。

あの偉大なアイドルが解散した今、まさに僕らの時代到来じゃないですか、

嶋貫さんの庶民派と、僕の貴族が合わさると向うとこ敵なしですよ!

ハッハッハ!と笑ってもられない、嶋貫さん、僕もまだ忙しい身でしてね、

今度落ち着いたらまた改めて参上させていただきますよ、

その時は、そうですねえ、

僕の追追追試の話なんかいかがでしょうかね、時期的に。

では嶋貫さん、今日はこれで、今年も宜しくお願いします!

と言って颯爽と帰っていきました。


こちらはKP君が愛用しているパイプです。

IMG_5759.jpg

別に口にするでもなく、KP君はコレを片手に色々語るのです。


これからも引き続き今年もKP君の数々の栄光を紹介していきますので、

どうぞ今後とも当ブログとKP君を宜しくお付き合い下さい、どうか宜しくお願いします!


このKP君の愛用しているパイプ、

よく見たら

IMG_5760.jpg

KP君に似てるよな。

KP君はこんな紳士です、どうぞ今後とも宜しくお願いします。



いや、よく見たら似てないわ、よく見なくても似てないわ、おわり。
 
11月19日(土)

『ボクとKP君のサルカニ合戦』

こないだKP君がやってきました。


いやいや嶋貫さん、同道会ではお疲れ様でした。

おお、KPも君もありがとう、お疲れ様でした!


と二人、お互いを労いましてね、写真の編集をどうするか色々ハナシしてたんです。


そこに近所の八百屋さんの父さんが現れました。


いやあ店長、いつもお世話になって、これさ、ちょっとだけど食べてよ!

と、

IMG_3739.jpg

沢山の柿を持ってきてくれたんです。


いやいや父さん!こんなに気を使わなくても!

いつもありがとうございます、ごちそうさんです!

と父さんを送りましてね、

KP君とまた同窓会の写真編集のハナシに戻ったんです。


おお、KPごめんごめん、お待たせしました、

写真なんだけどどうするって?


いえいえ気にしないで下さい嶋貫さん、

今回の写真を僕がDVDにして差し上げましょうかと思いましてね。


おお、それは名案だ、是非それでいくか!

と、返事したんですが、KP君はボクの方を見ないで

IMG_3739.jpg

先ほど頂いた柿の方をチラチラ見ているのです。


あ、そうか、と思いボクは

おお、KP柿食うか?と言ったんですよね。

するとKP君、

いえいえ、僕は結構ですよ、嶋貫さんが美味しく召し上がって下さい、

ほら、これなんか熟して食べごろですよ!


いいよ、KP、柿持ってってよ。


いえいえ僕は貴族ですから毎日食べ飽きていますので。


だってお前、柿ばっかり見てたべ、

お前、犬がオヤツ見つけた時みたいに柿ばかり見てたぞ!


いや、たまたま嶋貫さんが僕の視界に入るところに置くものですから。


お前どんだけ視界広いのよ!ほれ、持ってけって!


そんなにそこまで言うなら頂いてあげましょう。


お前ちょっと待て、何だよその言い方!


いえいえ嶋貫さんがあまりにしつこいものですから。


お前コノヤロ!いいわ、お前にはやらんわ!


と申しましてももうすでに僕のポケットに入ってましてね、ありがたく頂戴いたしますよ。


なんだその態度は!ふざけんな!お前にはやらん!


いや嶋貫さん申し訳ありません、実は僕、柿が大好物なんですよ。


お前それなら最初から素直にそう言えってよ!持ってけ!


大変ありがたく頂戴いたしましょう、いやいや嶋貫さん、

しかし、ここまでの流れを振り返ったらまるで

平成のサルカニ合戦みたいでしたな。

それでは嶋貫さん、僕は年末大変忙しいのでこれにて失礼。


と、一番鮮度がイイ柿を持ってKP君は去っていきました。


ボクはKP君を見送りながら

せめてどっちがサルでどっちがカニだったかハッキリさせて欲しかった、

と、熟れた柿を手にしながら一人そっとつぶやいたのでした、おわり。
 
11月09日(水)

『とても優しいKP君 ~冬が来る前に~』

すっかり久々になってしまいましたが、

今回はボクの友だちKP君の紹介です。


気付けばもう季節は秋を通り越して冬と、

北海道は色々準備がありましてね、

特に車なんか冬タイヤじゃないと走れないんですよね。

IMG_3460.jpg

ボクは今年まだタイヤを用意してなくて、そのハナシを聞いたKP君が、

嶋貫さん、ならば僕が用意致しましょう、と言ってくれたんです。


しかしながらKP君も大変お忙しい立場でしてね、

そのうち雪が積もるわ荒れる予報だわと、そんな中、

今日ようやく来てくれたんですよ。


いやいや嶋貫さん、お待たせしてしまい申し訳ありません、

ようやくタイヤをお届けに上がりましたよ。

と言いながら、

IMG_3464.jpg

カボチャを出してきました。


おっと失礼、こちらは実家から持って来た坊ちゃんカボチャです。

よければどうぞ、お召し上がり下さい。

それはそうと、タイヤを交換するにもお時間が無いでしょう、

今日は色々道具を持ってきました、僕がタイヤを交換してさしあげますよ、

いえいえ御礼なんてとんでもない、いつもお世話になっていますからね、

今なら時間が少々あります、ちょいとお車をお借りしてもいいですかな?


そう言ってボクの車のカギを渡しましてね、

KP君一人でアパートの駐車場でのタイヤ交換はさすがに悪いと思い

店の前で二人で一緒にやりましょうと言う事になったんです。


KP君がわざわざボクのアパートに行って、車を乗り換えて、

店の前まで来てくれて、そこでタイヤを交換したんです。

いやしかしKP君の準備も万全ならば手際もイイ!

まるで

IMG_3457.jpg

F1のピットクルーの様だったんです。


KP君がボクに指示するも、ボクがおたおたしてる間に

あっと言う間のタイヤ交換が終わりましてね、

では嶋貫さんの愛車を戻してきますよ、と颯爽と立ち去ったんです。


あいつはなんてイイ奴なんだ、

ボクはいつもKP君の事をネタにしてしまっていたのが恥ずかしいわ、

イイ男ってのはこういう奴なんだろうなあ。


と外でタバコを吸っている間にKP君が道具を取りに戻ってきました。


ちょっとせめて何か御礼を、寒いから暖かいコーヒーでも、と言いましたら、

嶋貫さん、お気持ちだけで結構です、

いや大変申し訳ありません、僕も今立て込んでいましてね、

いつもの様にフレッシュなトークが今日は出来ないんです、

また改めて寄らせていただきますよ、では今日はこれにて失敬。


と道具を無造作に積み込み、お客様からの依頼の場へと向っていったのでした。


いやあいつなら昔っからそうだったよな、

責任感がもの凄く強いっていうか、困っている奴をほっとけないっていうか、

何も言わなかったが今回もボクの体調を気にしてくれていたんだな、

あいつ、本当に王子かもしらんな。




そう思い今日もそろそろ帰ろうかとポケットに手を入れたら、

あれ?カギがない?

店のカギもアパートのカギも車のカギも一緒についてたカギが無い!

あ!そうだ!KPから返してもらってなかった!


慌ててKP君に電話しました、でも出ない。

慌ててKP君にメールしました、でも返事が来ない。

あれ、俺どっかに落としたかな、

と不安になった時にKP君から電話がありました。


いや嶋貫さん申し訳ありません、まんまと僕のポケットにありました、

作業が終ったらお届けに上がります。


そうして数時間、またKP君から電話が来まして、

嶋貫さん、今どちらにいらっしゃいますかね?


いやカギ全部付いているから、どこもここも店から動けないんだけど。


今からただちにお返しに伺います、大変申し訳ありません。


そうして待つ事数十分、KP君が現れて、

大変失礼いたしました、すっかり忘れていましたよ、

でもどうやら僕の持って来たカボチャ、

IMG_3464.jpg

馬車になる前に間に合ったようですね、よかったよかった、

流石の貴族な僕も今日はしばしば疲れてしまいました、

近々また寄らせていただきます、今日はこれにて失敬。


と、いつ来るかも分からないもんだから早々と店のストーブを消して、

あまりに寒いから帰りは送ってもらおうと待ち構えていたボクを置いて、

速攻で立ち去って行ったのでした。


チラチラと雪が降る暗い空、ボクは、

あいつ、やはり王子じゃなくてKPだわ。

とブツブツ言いながら帰路についたのでした。


ーおわりー