FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

09月10日(火)

『下敷きだけは変えなかったボクのお友だちミキオ君』

今回店ブログの方で

ボクらが学校でノートを取るときに必需品だった

IMG_0297_20190910203426e1d.jpg

下敷きを紹介したんです。


こちらはピラーって剥がして中に色々挟むことが出来る下敷き、

色々アイドルの切り抜きとか挟んでオリジナルのモノを作っていたじゃないですか。

みんなして、たのきんの誰がイイとか平凡に誰が載ってたやら、

中の写真を毎日変えていた女子男子がいました。


授業中もアイドルの写真が挟まっているものですから、

勉強に集中していない!と、ある日授業中に先生の怒りが爆発したんです。


こんなのは下敷きじゃない、写真だ、ポスターだ、ブロマイドだ!

家ならともかく学校に持ってくるものではない!

みんな下敷きを出してみろ!学校に関係ないものは没収だ!


そんな中、

IMG_0298_20190910203428e88.jpg

この下敷きを使っていたミキオ君。


先生はミキオ君のところに行き、

みんな、ミキオはまだこの下敷きを使っているんだ!

大切に今も使っているんだぞ!みんなで見習え!

と興奮気味に叫んでいたんです。


小学六年生なのに五十音の下敷きを使っていたミキオ君。

一年生の頃からずっと使っていたのでしょう。

鉛筆の黒さと擦り切れで五十音がほぼ見えなくなっている下敷きをさらされ、

ボクはなんだか気の毒になってしまったのでした。


次の日からミキオ君の下敷きは、九九のものに変わっていました。


ーおわりー
スポンサーサイト



 
09月03日(火)

『KP君、真の王子様伝説』

*ボクの友だちKP君、元沼高剣道部なのに今さら

同級生の女子の間で、何故か王子と呼ばれるようになったんです。

今回はそのことを踏まえた上で御付き合い下さい。



先日、仕事もしないで

IMG_0049.jpg

キン肉マンを読んでいたところに、ボクの友だちKP君がやってきました。


やあやあ嶋貫さん、一息中ですか?僕もちょうど休憩でして。


おおKPか、何か飲むか?どうだ最近なら。


それが嶋貫さん、先日大変な事があったんですよ。

あれはお盆のあたりでしたかね、大雨だったじゃないですか。

その雨の中を僕は仕事を終えて帰り道を愛車の白馬号を操っていたんです。

すると道の向こうの歩道に若い女性が傘もささずに歩いているではないですか、

貴族としてなにか気になったんですよ。

IMG_0018.jpg

こんなひどい雨なのに、傘もささずに、しかもなにか様子がおかしい。

何か体調がすごく悪いようだったんです。

気にしているうちにその若い女性、ついには

IMG_0015.jpg

道端で倒れてしまったんですよ。

もう僕は考えるよりも先に白馬号をUターンさせまして

IMG_0017.jpg

即駆けつけたんですよ。

かなり体調が悪いと見受けまして、救急車を呼びました。

しかし全く降り止まぬ雨、なかなか来ない救急車、

このままではいけない!と

IMG_0012 (1)

若い女性を抱きかかえ、白馬号の後ろに寝かせてあげました。

世間の目はもしかしたら変態行為に思えたかもしれません。

ですがそんな事を言ってられないこの状況、人命優先ですからね、

なりふり構ってなんかいられません。

そうして救急車を待つこと数分、

すぐに応対してくれた救急隊の話によれば

どうやら女性は一命をとりとめたようでした。

いやあよかった、本当によかったですよ。


そのハナシを聞いたボク、もの凄く感動しまして、

いやあKP!お前はやはり王子だ!お前こそが真の王子だ!

凄いわ、お前凄い!偉すぎる!KPを友だちに持って俺は光栄だわ!

と、心底KP君を尊敬したんです。


いや、嶋貫さん、当然の事をしたまでですから。

あ、そうそう、実はですね、

僕がその若い女性を抱きかかえた時に

IMG_0019.jpg

ギックリ腰になってしまったようでして。

その時は火事場のクソ力だったのかもしれませんが、

いやはやキン肉マンのようには行きませんでしたよ。

あ、誤解を招かないように、若い女性が重かったワケではありませんからね。

いやしかし痛かった!今日ようやく少し動けるようになったんです。

おっと、もうこんな時間だ、ちょっと今から腰に針をしに行かねばなりません。

今日もご馳走様でした、ではでは。

と腰をさすりながら去っていきました。


KPよ、その姿は王子様じゃなくておじさまだ。

だがカッコイイよ、最高だわ!KPこそ真の王子様だわ!


でもな、KPよ、そのハナシしている間、お前のチャックが開きっぱなしだったぞ。

たしかになりふり構ってなかったな。


ー姿形ではなく、生き方が王子様のKP君のハナシでしたー
 
08月25日(日)

『風邪をひいた時に食べたら治る万能食 ~ボクの友だちクマトラ君編~』

*北海道はついこないだまで暑かったのに、

今ではすっかり寒くなってしまいました。

こんな急激な気候の変化には風邪に御気をつけ下さい。



うちの店には色々な資料本があるんです。例えばこちらの

IMG_5179.jpg

懐かし即席めん大全、

IMG_5177.jpg

昔懐かしい即席麺、

IMG_5178.jpg

カップ麺、御当地ならではの麺が色々載っているんです。


今日なにげにこの資料を見ていまして、ふと思い出したことがあったんです。


ボクの友だちにクマトラ君というヤツがいます。

同じ剣道部です、今でも付き合い、やり取りをしています。

そのクマトラ君、風邪をひいたら「うどん」を食べれば治るそうなんです。


ウソかホントか知りませんが、本人が言うからのはホントなのでしょう。


そのクマトラ君、高校を卒業して大学の時でしたか、

もの凄い高熱を出したそうなんですよ。


あまりの高熱で動くことすら出来なかったクマトラ君、

こんな時にうどんを食べれば即治るのに。


薄れ行く意識の中、部屋のドアを開ける者が。

そこに見えたのは大学の後輩、

先輩!どうしたんですか!大丈夫ですか!


おお、悪いが俺にうどんを食わせてくれるか、うどんを食えば治るから。


うどんですね、少しお待ち下さい、今買って作ります!


良かった、これでなんとか回復できる、助かった。


先輩!お待たせしました!いま少しお待ち下さいよ!


と、そのまま目をつぶり横になっていたら

何やら激しい運動音が聞こえてきたそうで。


なんだ?何の音だ?と目を開けてみましたら、

先輩、もう少しの辛抱ですよ!もう少し待ってて下さいよ!と言いながら

後輩が一生懸命、うどん粉をこねていたそうです。


クマトラ君、

そこからか、お前、いつ出来るのよ。

と思いながら丸々三日ほど寝込んだんですって。




わたくし、このハナシ、ウソだと思います。おわり。
 
08月11日(日)

『KP君の暑中見舞い』

先日、ボクの友だちKP君がやってきました。


どうもどうも嶋貫さん、毎日暑い日が続きますね、暑中お見舞い申し上げます。


おおKPか、いやあ暑いな、今年なら格技場よりも暑いんでないか?

ちょうどイイ時に来た、今な商品入れ替えで大解放しているんだよ、

俺からの暑中見舞いだ、格安だから好きなの持ってけ!


いやいやそうでしたか、それでは遠慮なく選ばせて頂きますよ。

と言いながらKP君、

IMG_4918.jpg

自分好みのレコードをじっくり選んでまとめて買っていってくれました。


と、ここで気付いたんですが、KP君の動きがもの凄く不自然でしてね。

いつもならボクも手伝って白馬の王子号に積み込むのですが、

今日に限って頑なにKP君一人で運ぼうとするのです。


なに、俺も手伝うって!


いえいえ嶋貫さんはお忙しいでしょうから大丈夫です、作業を続けて下さい。


なんかおかしいな、何かお前隠しているべ!

あまりの不自然さに疑問を持ったボクは

振り切るKP君をよそ目に

IMG_E4860.jpg

白馬の王子号に詰め寄り、後ろのドアを開けたのでした。


するとどうでしょう、車の後部座席に

IMG_4859_2019081121302477c.jpg

立派なメロンがあるではないですか!


お前!俺にメロンを取られると思ってマシンに寄せ付けなかったな!


いえいえ決してそうではないんです、

このメロンは御世話になっている方への暑中見舞いでして。


なによお前!俺には世話になってないって言うのか!

5年くらい前に柿やったべ!一つ!


いや嶋貫さん、サルカニ合戦じゃないんだから。

おっともうこの時間だ、ではこれにて失敬。

と、KP君は逃げるようにエンジンをかけたのでした。


お前忘れんからな!覚えておけよコンチクショー!

とボクは外で延々と叫んでいたのでした。




ーここでは終らない、このハナシー


マシンに乗ったKP君、エンジンをかけるはいいが、カチカチとしか音がなりません。

焦るKP君、

いやいや嶋貫さん、どうやらマシンのバッテリーがあがったようですな。

今みたらライトが点きっぱなしのようでした。コレは参りましたね。

執事に連絡してすぐ向ってもらいとしましょうか。


これにはさすがにボクも気の毒になって、

二人仲良く向いのガソリンスタンドに行って助けてもらったのでした。


お盆で遠出する方も多いでしょうが、どうか車のアクシデントには御気をつけ下さい。


ーおわりー
 
08月05日(月)

『夏が来ると思い出す ~ミキオくんの虫さされ~』

いやしかし毎日暑い日が続きますね、なんなんでしょうか今年の暑さなら。

こう暑いと寝苦しい上に、虫がまとわりついてくるからさあ大変、

IMG_4667.jpg

虫さされのクスリも大活躍していることかと思いますが、

ボクは夏になると毎年思い出すことがあるんです。


それは、ボクの友だちミキオくんの虫さされ。

もう数回思い出す度に紹介しているハナシなんです。

なに、友だちが虫に変なとこ刺されたってのはよくあるハナシなんですが、

中学時代のミキオくんが刺されたのがひどく記憶に残ってしまっているんです。


なにも変なところを刺されたワケではありません、手の甲を刺されたんです。

手の甲を刺されただけのハナシなんですが、いやこの腫れ方が酷かった!

なんせグローブのようになってしまっていましたからね!


いや、グローブなんかではおっつかない、

なんかカニパンみたいだったんですよ!蟹パン、蟹の姿したパン!

手の甲がパンパンに腫れて蟹パンの胴体の様でして、

さらに指先まで腫れていて蟹パンの足の様!


ミキオくん曰く、蚊に刺されただけだと言っていましたが、

恐らく地球外の生命体にチップを埋め込まれたかのような腫れ具合。


ミキオくん、お前あの時何に刺されたのよ?


皆さんも虫刺されには十分気をつけて下さい。

ーおわりー


*ミキオくん曰く、虫刺されのクスリが無かったから違うの塗ったんだよね。

昔からクスリ箱にあったやつ塗ったらこんななっちゃった。


ミキオくん、お前一体いつの何塗ったのよ。


皆さんはきちんとしたクスリを塗ってください。

ーおわりー