プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

10月15日(日)

『今考えたらもの凄く物騒なファミコンソフト ~スーパージョンヒデブラザーズが絶対ケンカになるアーバンチャンピオン~』

昔のファミコンソフトで

IMG_56381.jpg

アーバンチャンピオンという名作がありました。

御存知の方も多いでしょうが、内容はといいますと

IMG_5639_20171015194609d78.jpg

まあ街中で二人で殴り合ってマンホールに落としたら勝ちという、

今考えてもとても物騒なゲームなんです。


ですがこれのゲーム、二人で対戦できるという、

当時としては数少ない画期的なゲームなのでした。


ボクの子どもの頃の同級生ジョン君が

このゲームを買ったと自慢してたので早速遊びに行きました。


みんなして楽しくワイワイしながら勝った負けたと遊んでいましたら

ジョン君の弟ヒデ君が、僕もやりたい!と参加してきたんです。


ヒデ君はボクらよりもずっと年下ですからね、

対戦してはわざと負けてあげたりしていたんですよ。


ですがお兄ちゃんのジョン君は兄弟ですから容赦しません。

次は俺が相手だ!叩きのめしてやる!とコントローラー持ち、

そして宣言通りに圧倒的な強さで勝ったのでした。


負けたヒデ君、くやしさのあまりファミコンからカセットを乱暴に取り抜き

兄貴のジョン君にぶつけてしまったからさあ大変!

ボクらの目の前で本物のアーバンチャンピオンが始まったのです。


ボクらはこの兄弟ケンカは慣れていますので

すぐに避難して見守っていたんですが、予想通り兄貴ジョン君の勝利、

最後はヒデ君を抱えてミカンが入っていたダンボール箱に投げ入れたのでした。


負けたヒデ君、大泣きして箱に入ってたミカンをそこらにぶん投げはじめて、

そこら辺潰れたミカン、もう黄色い世界になりかけていたんです。


そんな時、騒ぎを聞きつけたジョンヒデ君のお母さんやってきて、

お前らなにやっているんだ!とカミナリを落としたので、

ボクら、関係ないのにごめんなさいと謝って後片付けをして帰りました。


次の日、ジョンヒデブラザーズは心なしか柑橘系の匂いがしました。


みなさんゲームは仲良く遊びまショー。おわり。
スポンサーサイト
 
10月12日(木)

『華麗なる勘違い ~そばかすをもっと気にすべきでした~』

ボクは早とちりが激しい子どもでした。


ボクは昔、たぬきそばという名前が不思議でした。

IMG_5480.jpg

天かすが乗っている、こちらのたぬき蕎麦。

よくあるハナシで、コレがなしてタヌキになるの?

お揚げでキツネ、お餅で力と、実際にはそんなの入ってないじゃないの!

という意見がありますが、ボクは、昔からそういうんならしょうがないじゃない、

と楽観的に聞いていたんです。


こんなボクの勘違いは、天かすを「そばかす」と思い込んでいたんですよね。


お蕎麦の上に乗っているから蕎麦のかす、そばかすと思い込んでいたのです。


子どもの頃、女子の間で

IMG_5568.jpg

キャンディキャンディが大流行しました。


ボクは男子ですが、毎週見てました。


ですが主題歌の出だし、

そばかすなんて 気にしないわ

コレを聞く度に、

たぬき蕎麦の上のものばかり食べているのかあ、

なんか可愛そうだなあ、お蕎麦は食べれないのかあ、

と思っていたのでした。


社会に出て、天かすが自由に乗せれるお蕎麦屋さんに初めて行って、

そこで初めて天かすというものを知り、

改めて自分の間違いに、ようやく気付いたのでした。


ー蕎麦つゆ編に続くー
 
09月21日(木)

『せっかくの懐かしいものを前にして ~懐かしさの中での苦悩~』

うちの店では懐かしいものを色々用意しているんです。

例えば

IMG_4940.jpg

キン肉マンの消しゴム、

そして

IMG_4941.jpg

ビックリマンシールなどなど。

色々揃えてかれこれ8年店をやっているんですが、

正直いってこの辺の面々にはそこまで詳しくないんです。

世間一般では懐かしい部類に集約されているんですが、

これらが流行る頃にはボクらすっかり大人びていまして。

なんせボクらの頃のビックリマンといえば

IMG_4942.jpg

いたずら用のどっきりシール、

そして消しゴムといえば

IMG_4944.jpg

スーパーカー消しゴムでしてね。

世代ではすっかりそこらの文化から卒業しているにも関わらず、

この辺も懐かしい面々として扱っているんです。


ですが少なからずとも関わっていた世代、

この辺にも詳しくなっていかねばならないんですが、

少し時代が違う為に、そこまで詳しくなかったりするのです。



ですのでこの辺の世代のお客様が御来店頂いた際には

もう色々教えて下さい!といわんばかりに色々聞きまくりますので、

いや、この時代以外にも、ボクの知らない世界のハナシを

聞きまくりメモしまくりですので、どうぞ宜しくお願いします!



そして後日、お客様から頂いた貴重な情報ば、

いかにもボクが知っていたかの様に

他のお客様に得意げな表情で説明するのでした。


ーいやらしい目論みのままおわりー
 
09月15日(金)

『こんな映画が観たかった! ~今日の金曜ロードショーは「ピクセル」~』

ようこそ!ボクの映画の部屋へ!

と、金曜ロードショーのキンキンのような事を口走ってしまいましたが、

さて!今日の映画は「ピクセル」と!

コレがまたボクの世代にはとても面白い映画でしてね、

この当時の生き証人としてもちろん観ましたよ!


まだ観て無い方に内容をそっと説明しますと、

その昔、ゲーム大会があって、その時の映像を

まだ見ぬ宇宙にいる生命体に、地球はこんな感じなんですよ、

とメッセージを送ったんですよね。

IMG_4763.jpg

ところがこの時代のゲームなら、

宇宙から攻めて来るヤツらを色々やっつけるゲームばかり、

そのメッセージをたまたま受け取った宇宙の生命体が

宣戦布告と勘違いしまして、色々な

IMG_4761.jpg

ゲームのキャラの姿に扮して

IMG_4760.jpg

人類に挑戦して来る、果たして地球の運命はいかに!?

とこんな感じの映画なんですよ。


まあ宣戦布告に似たような事は今朝もありましたが、

それはさて置き、この映画に出てくるゲームのキャラクターが

ボクらの時代にドンピシャなんです!


さらに細かいところをよく観たら、

IMG_4764.jpg

ああ!こいつも!出てきたか!

そしてナムコや海外ゲームメーカー、アタリが主なところに、

ええ?

IMG_4762.jpg

こいつも?というのが出てきたりしますからね、

映画の内容もさながら何のゲームのキャラが出ていたのか、

目を凝らして探してみるのも楽しいんです!


さあ、今日の金曜ロードショーは「ピクセル」!

お子様から当時のゲーム少年まで、たっぷり御家族で楽しんで下さい!


なんか俺、映画の説明上手いんでないか?おわり。
 
09月11日(月)

『女学生の必需品のエチケットブラシ』

学生時代の必需品ってありますよね。

今なら携帯とかなんでしょうけども、

ボクらの時代は

yptcx169-img1200x959-1503204146qtrjux14659.jpg

エチケットブラシが必需品でした。

女子は特に可愛いポーチとかに入れてましてね、

休み時間の度に

yptcx169-img1200x1200-1503204146nslxjd14659.jpg

スカートなんかを真丁寧に撫でてホコリを取っていたのでした。


ボクらはヨゴレなど大した気にもしなかったので、

その姿を見ては、なんかネコが毛づくろいしてるみたいだ!

と冷やかしていたのでした。


そんなボクらも色気付きましてね、モテたくてこんな

2016111417525623b_20170911212518ff2.jpg

男らしいエチケットブラシを買ったんですが、

なんせ今まで身だしなみに気を使った事ないから使い方がわからない。

どうしてゴミが取れるか理屈がわからなかったんです。


それを見かねた優しい女子、

トモキちゃん、コレはこう使うんだよ、と教えてくれたんです。

どれ、使い方知らないのかい、こうするんだよ!

と周りの女子も集まりボクの学ランを撫でてくれます。

まさにハーレム状態!


おお!さっそくモテたか!効果あったか!汽車乗り継いで買った甲斐があった!


そうか、ありがとうね、こないだは冷やかしてごめんね、と、

どうよ俺!ちょっと気を配ればこんなもんよ!

と、みんなに満面の笑みを見せていたのもつかの間、

ボクの学ランは見る見る白くなっていったんです。


女子のヤツら!ゴミを取る反対側で撫でていたんですよね、

エチケットブラシで自分に付いたゴミを取り、

そしてそのゴミをボクになすりつけていたんです。


どうりで半笑いだったワケだ、どうりで走って逃げたワケだ!


ボクはホコリで白くなった学ランを無言でほろい、

二度とこんなブラシなど使うものか!と固く誓ったのでした。

ーおわりー