FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

06月25日(水)

『ぼくの地元のお店やさん』

今日は実家に来ていました。

今は過疎化でさみしくなりましたが、
ぼくの地元にもお店がありました。

おじさんとおばさんの二人でやっていましてね、
そんなに大きい店ではないんですが、
昔のでかいアイスの冷蔵庫が店先にあって、
奥には木のガラスケースに、
子どもながらにこれは時代遅れでしょうと思う程の文房具が並べてありました。


遠足のお菓子とか、30円のアイスとか、
おふくろのお使いでビールとか米とか色々買いに行ってはいつも何かおまけをしてくれました。


私が高校を卒業して、働くようになり、
お盆に帰省したときにそのお店に行きました。

あらー!ともきちゃんかい?立派な若い衆になって!
お盆だから帰ってきたのかい?


小さい頃から知っている訳ですから、
すぐにわかったんでしょう、
おばさんが嬉しそうに話しかけてくれましてね。

ちょっと、ともきちゃん!いつ帰るのさ、これからかい!
ほら、これ飲みながら帰りなさい!

と言って冷蔵庫から缶ビールを二本くれました。
車だって言ってるのに、無理矢理缶ビールをポケットに入れてくれましてね、

二本くらい大丈夫でしょ!あんたもどうせ飲むんでしょ!
いやあ大きくなって!また帰って来た時寄って顔見せてってよ!

そう言って笑いながら見送りしてくれたんです。


今思えば気持ちも雰囲気もいい店だったなあ、と、
すっかり跡形も面影も無くなったその店の前で、当時を思い出していました。
ghazou 001






スポンサーサイト