プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

07月31日(木)

『バクチク花火』

昔の爆竹を探してます。

近所で見つけたので買ってみましたら

また色分けされてませんでした。

色分けしてなければ、昔の正しい爆竹の遊び方が説明出来ないんです。

空き家の汲み取り便所に爆竹を投げ込んで、
カン!となって喜んだ、あの頃の事が書けないんです。

さらに今回のバクチクのパッケージが

こんな楽しげですからね。

とても犬のフンに爆竹さして、
わざと突き飛ばしたりして
逃げ遅れた奴の悲劇なんか書けないですからね。

当店は引き続き、昔の絵柄の色が赤青黄色の爆竹を探しています。

見つけた方、是非ともご一報ください。

スポンサーサイト
 
07月30日(水)

『まちあわせ』

私は、たま が好きです。

玉が好きじゃないですよ、たまですよ。


たまの、まちあわせ、という曲があるんです。

イカ天でグランドイカ天キングになった時の曲という事で
ご存知の方も多いかと思います。

その歌詞の中で、

不便だ 不便だ 不便だ

でも 不便の方が便利よりだいぶいい

というのがあって、すごい印象に残っているんですよ。



昨日、パソコンがぶっ壊れまして、
今朝になったら直っているかなと、
甘い考えをしていましたらやはりダメでした。

パソコンが無くなり、不便になりますが、
でも不便の方が便利よりだいぶいいんでしょうね。


そうやって反省したらパソコンの機嫌が直るかと思いきや、
やはりダメでした。
 
07月29日(火)

『水ぬりえ』

私、水ぬりえの意味がよくわからないんです。

水で濡らした筆を、絵に沿ってなぞるんですよね。

それで絵が完成すると。

ならば水を全体にこぼしてしまったら、
あっと言う間に出来てしまうんでしょうか。

小学生の頃、自由研究に水ぬりえを提出したヤツがいましてね、

こんなの自由研究じゃない!と、常々思っていたんです。


昨今のあまりの店内の暑さに、昔の缶コーラが破裂してしまいましてね、
この水ぬりえにかかってしまってまして、
全てコーラ色に染まっていました。

水ぬりえの楽しさがわかる前に、こんななってしまい、すっかりふてくされてしまいました。

缶コーラが破裂する店、電子レンジじゃないんだから。


 
07月28日(月)

『スマイル悩み事相談所』

最近は暑いから外で作業をしています。

外で作業していると、色んな方から声をかけてもらいます。

精が出るねとか、一所懸命だねとか、
色々励ましのお言葉を頂きます。

ただ、中には、なんて返事していいかわからなくなる事もしばしばあるんです。

今日、外でこちらの

ちゃぶ台を掃除していた時の事です。

いきなり知らないオバアチャンに声をかけられました。

あのね、お兄ちゃんなら信じてくれるでしょ、

そこから始まった話は中々長く、
長いというより延々と同じ事を繰り返していたんですよね。

かいつまんでまとめましたら、
どうやら銀行で大金を下ろしたらしく、
別な銀行に振り込みに行ったんですね。

で、お金を数えたところ、数万円足りなかったらしいんです。

慌てて下ろした銀行に行く途中に私がいた、

ちょっと話を聞いてもらおうと思った、

そして話が始まったんですね。


そんな事、俺に言っても解決しないだろうに。

窓口が閉まる時間が迫っていましたから、
早く銀行行って相談なさいと促しましてね、
やれやれ、何がどうなってる話なんだと作業に戻りました。


話が長い、同じ事を繰り返す、
私もそう思われているんだなあ、と反省しました。


反省してたら、またオバアチャン戻って来て、
なんか今度は憤慨してるんですよね。

話を聞かなくとも内容がわかったんですよ。


あらあら、まずは帰ってお茶でも飲んで落ち着きなさいな。

今度はそう促しまして、なして俺にそんな事言うんよ、なんなんだよ今日なら。
と、ふと手元を見ましたら、

ちょうどちゃぶ台をひっくり返したところでした。

なんだかどっと疲れた一日でした。

おわり


ちゃぶ台の事は、当店ブログで紹介しますので、合わせて宜しくお願いします!
 
07月27日(日)

『夏って感じを楽しみまショー!』

暑い毎日が続きますね、

皆様お身体の調子は大丈夫でしょうか。

当店の入り口にもうちわを置きました。

どうぞ扇ぎながら店内をご覧下さい。

今もうちわはありますが、やはりうちわはこの形ですね。

厚紙に丸い穴空けたやつでもいいですが、
やはり馴染みがあるのはこれですね、
夏って感じがしますよね。


暑いと言ってもあとひと月もしたらお盆も終わります。

今年もこうして夏が来ました、
暑さ対策をしっかりやって、
目一杯夏を楽しみまショー!


 
07月25日(金)

『ネコ貸してください』

僕が子どもの頃、実家にネコがいました。

ネコの名前はアカでした。

ばあちゃんが付けた名前です。

全体的に赤っぽいネコだったからです。

安易です。

たまに近所のおばさんが、

ちょっとアカ借りてくよ!

と、うちのアカを抱きかかえて持って行きました。

しばらくして近所のおばさんが、

助かったわ、これアカにあげて!

と御礼と一緒に袋を置いていきました。

袋には、かつお節が満杯に入っていました。


僕は、どうしてアカを連れて行くのだろう、と不思議でした。


ある日、おばさんに頼まれて、
僕がアカを抱きかかえて連れて行きました。


おばさん、流しにアカを連れて行ってと一言。

その瞬間アカの目が光りました。

と、同時に目にも止まらぬ動きでネズミを捕ったのです。


誇らしげな顔したアカに、

いつもありがとう、アカ。

と、おばさんがかつお節をあげてました。


よくお隣さんに醤油やら砂糖を借りるのは昔の話の語り草になっていますが、

時にはネコをも借りるという、
まさにネコの手を借りていたけども、
時間がゆっくり流れていた時代でした。


おわり


 
07月25日(金)

『牡丹紅炮Ⅱ』

牡丹紅炮、何かといいますと、
ghazou 137
爆竹です。

先日花火問屋に行きまして、資料にと一つ買ってきたんですよ。

今は学校で禁止されているとか、主に野生のケモノを追い払うとか、

昔の遊び方が引き継がれていないようなので、

ここは私が昭和時代の正しい爆竹の遊び方をお教えしましょう、と、

張り切ってフタをあけましたら
ghazou 138
あらま!今の爆竹、赤とか黄色とか緑とかないんか!

箱に牡丹紅炮 Ⅱと書いていたのはこれのことか!Ⅱはこれか!

これじゃあ、ジャッキーチェンがでかい獅子舞みたいのに入って

なんか花みたいな珠を取り合う時、開始の合図に使うような爆竹じゃないか!

あれ?あの映画なんて名前だったかな。ヤングマスターか。


どうしても昔の色がついた爆竹が必要ですので、これから探してきます。

昔ながらの爆竹の遊び方、もう少しお時間を下さい。
 
07月24日(木)

『楽しい給食』

私は学校の給食が好きでした。

大好きなメニューには○印を書いて楽しみにしていました。

私の地域の給食は、パンもソフト麺も、ご飯も出ませんでした。

アルミの弁当箱に、毎日ご飯を詰めて登校していました。

私の地域の給食は、おかずだけが出ていました。


これに驚かれる方も多いでしょうが、

私の地元地域の学校給食は、みんなご飯持参だったんですよ。


これ、長くなりますから何回にも分けて書きますが、

もし、お子様の給食のメニュー表がありましたら、

コピーで構いませんので譲って下さい。

是非とも昔の給食と今の給食を比較したいんですよ。

もちろん当ブログで紹介もさせていただきます。

御賛同いただける方、どうぞ宜しくお願いします!



ちなみに私の好きな給食メニューは、カレーシチュー、

ガッカリしたメニューは、レタスでした。


おかずにレタスだけって何だよ、虫じゃないんだから。
 
07月23日(水)

『花火』

こないだおもちゃ問屋で花火を見ていたんです。


しばらく花火なんかやっていませんが、
今はほとんど袋に入ってるセット花火が多いんですね。

そんな袋に詰められた花火の中で、こんな

昔からある花火を発見した時は

思わず顔がニヤけてしまいました。

変わらなくてもいいと思うものは色々ありますが、
変わらなすぎにも程があるものもたくさんありますよね。



皆様花火をやる際は火の元に十分お気を付け下さい。


 
07月22日(火)

『最近見つけた気になるモノ』

こないだラジオ体操の帰り道、

こんな貼り紙を見つけました。


危機感が溢れた乱雑な貼り方、

書き乱れた今日はダメの文字、
何がダメなのか、明日ならいいのか、

ホンマですの意味は本間さんなのか、
はたまた本当にの意味なのか、

上に電話番号が書いていたから思わずかけるところでした。

あまりに気になりすぎて、今日一日何も手につきませんよ、きっと。


しかし大丈夫かな、これ。