FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

03月06日(金)

『あの時の電気屋さんの教え ~この春、旅立つ若者へ~』

ボクは高校を卒業してすぐに札幌に就職しました。

田舎者でしたからね、右も左もわからない都会への引越しの時、

お袋と地元のお世話になっているオジサンに来てもらったんです。


実家にあるものを積んできたとはいえ、色々こちらで揃えました。

お袋と色々買いに行きましてね、家電などは配達してもらうようにしたんです。


当時のボクは節約の為、自炊するつもりでしたからね、
poltuto 024
フライパンやら鍋やら色々お袋に揃えてもらったんです。

お袋から味噌汁は煮干で出汁をとりなさい、

米をといで手のひら押し付けてくるぶしのとこまで水を入れなさい、

などと色々伝授してもらっていたんです。

ちょうどその時、電気屋さんが冷蔵庫を運んでくれました。

結構若いお兄さんでした。

そんな中、ボクはお袋から色々聞いては一応メモしていたんですよね。

その話がたまたま耳に入ったのか、電気屋さんのお兄さん、

何、自炊するのかい?

と話に入ってきたんです。

ボクが、

はい、一応朝と夜は作ろうかと思いまして、

と言ったらその兄さん、

甘い!一週間もせんうちにしなくなるぞ!

凄く便利だからな、この辺は。夜なんか買った方が安くつく。

ましてや朝なんか、食べるくらいなら寝てる方がいい!

朝の五分がどれだけ大事かすぐわかる様になるぞ!

お袋も心配して、

やっぱりそんなもんなんですかね、と聞きましたら、

お母さん、でも何も心配いりませんよ、

僕も田舎から出てきて最初は不安だったけども、

すぐに会社の先輩たちに夜遊びとか色々教えてもらいましたからね、

こんなこと言ったら余計心配するかもしれませんがね!

よし、これで全部セットできました、ここにハンコ下さい。


そして帰り際、

いいか、若いんだから、何事も経験してそれを乗り越えないと!

それではまた何かありましたら宜しくお願いします!

と言って去っていきました。


そこまで言われて、よし俺は自炊で頑張ってやる!

と、お袋に宣言したんですが、

その兄さんが言うとおり、一週間ともちませんでしたよ。




春も近づきまして、卒業、転勤、引越しなど、

何かと別れがある季節になりました。

だがしかし旅立つ若者よ、

その別れの倍以上の出会いが待っているので

どうか希望に満ち溢れた道を進んでください。


そしてボクらの老後のい面倒も宜しくお願いします。
スポンサーサイト