FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

07月10日(金)

『コミックボンボン ~1988年~』

みなさんはコロコロコミックはご存知でしょう。

今もなお流行りものの最先端、男の子たちの参考書ですよね。

その昔、コロコロと対張るような雑誌があったのです。

poltuto 022
コミックボンボンです。

当時はコロコロと同じく男の子たちの流行りの最先端の教科書だったのです。

いやあ、よく読みましたねえ、この頃のボクは欠かさず読んでいました。


ページを開きますと、
poltuto 014
ビックリマンではないシールの詳しい紹介が!

ビックリマンはコロコロでしたからね、ボンボンはそれ以外のシールなんです。

連載されてる漫画も凄かった、コロコロがドラえもんならばボンボンは、
poltuto 016
バカボンと、なかなか目の付け所がちがうのです。

そして、この辺の雑誌でよくあるお下劣漫画も当然連載されてました。

それが、この、
poltuto 017
アホーガンです!もうタイトルからしていきなりアホです!

当時は連載5年目と、よく怒られなかったもんだと感心しました。

さて、どのくらいお下劣かといいますと、

poltuto 018
それはもう、口に出すのが恥ずかしいくらいのアホさ加減なんです。

この頃のお下劣は女の子をどうこう描写するのではなく、

男の子向けにもう、色々試行錯誤して練りこまれたギャグばかりだったんですね。


先日この雑誌を譲っていただきましてね、

今日まで色々読みふけってしまいました。


おかげで仕事は何も手につかず、そしてまた週末を迎えてしまうのでした。


この本が出ていた時代の流行りは
poltuto 015
ドラクエIIIでしたね、ボクが高校生の頃です。

高校生にもなってボンボンを愛読していたのか、

も一回高校生をやりなおさんとならんな、俺。

スポンサーサイト