FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

09月09日(水)

『本当にあった、何がなんだかわからないハナシ』

なにやら色々なところで不祥事が目立つ世の中ですが、

ニュースを見ましても、何でそれしたか、何でそうなったのか、

よくわからない事が多々あります。


今回は数年前、ボクが実際に出会った、

本当に何がなんだかわからないハナシを一つ。


朝8時ころでしたかね、アパートの呼び鈴がなったんです。

当時まだ寝ていたボク、なんだよ朝早くから!誰よ!まさか借金取りか!

と、恐る恐る寝巻きの甚平姿でドアののぞき穴を見てみました。

すると見えたのが数人の警察、おまわりさんだったのです。


俺も年貢の納め時か、とカリオストロのルパンのセリフじゃないですが、

当然心当たりも無く、なんで警官がうちに?と思いましてね。

ドア越しに、はい?と返事だけしたんです。

当然ながらドアの向こうで、警察ですが、との答えが。

どうしましたか?と尋ねましたら、

家出したお子さんを連れてきました、開けてくださいと。


うちにはお子さんはいません、何を言ってるんだこの方々は、

と思い、はい?と聞き返すと、

いやおたくのお子さんを保護しました、早く開けてください、と。

なにやらワナかと思いながらドアを開けたんですよ。


そこには警官が3名、後ろに若い20過ぎの青年が一名、

こんな感じで立っていましてね、

家出したお子さんを連れてきました、とまた警官が言うんです。


あのー、うちにはお子さんいないんですけど、

と言いかけたその時、

うちですうち!

と、別な階段の並びの部屋からおばさんが叫んだのですよ。


警官、ああ、間違えました、とすごすごと去っていきました。


なんなんだ、これは?ドッキリか?と思いながらドアを閉めましたが、

家出青年本人までいるのにも関わらず、

なんで警官がちゃんと部屋の確認をしなかったのか、

家出少年の言うことは信じて、ボクの言う事は信じなかったのか、

そして隣の部屋のおばさんが、うちですよ、うち、と、

どうして昔の南光園のCMみたいなセリフを吐いたのか。

そして間違えだらけなのに、どうして誰もボクにお詫びの一言すらなかったのか。

南光園のCMは北海道の方々しかわからないでしょうが、

なんとも全く腑に落ちない朝を迎えたのでした、おわり。
スポンサーサイト