プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

10月31日(土)

『ハロウィンの約束』

今日はハロウィン、なにやらあちこちで賑わっています。

なんでも経済効果がクリスマスの次にあるってくらいですからね、

今ではイベントとしても大成功というところでしょうね。


さて、当店のハロウィン、子どもらがお菓子をもらいにくるかもしれないので

一応申し訳程度ではありますが、少し用意したんですよね。


昼すぎ、いつも来る子どもが来ましてね、

てんちょー!お菓子あるー?って聞いてきたんです。

今日はハロウィンだからな、少しだけどあるぞ。

あ、ホントだ。じゃあ後で来るからね。

おう、待っているぞ!今日は6時までだからな!暗くなる前に来いよ!

と言っておいたんですよ。


なんせ、去年、あとで来るからといった子どもが

待てど暮らせど一向に来ないという目に遭いましたからね。

先に閉める時間を伝えておけばそんな事もないでしょう。


すると夕方近くに、

てんちょー!来たよー!ハッピーハロウィン!

おお!今年は来たか!

うん、去年来れなかったからね、今年は早めに来たよ!


その子ども、去年の約束を覚えていたんですよね。


おお、覚えてていてくれたのか、一年越しの約束を守りに来たのか!

ボクはすっかり嬉しくなりましてね、好きなだけ持ってけ!と

ghazou 011

色々詰めてあげたんですよ。

こんな袋いらないから普通のやつに入れてよ。

おお、そうか、どら、これくらいでいいか?

うん、あんまりもらったらお母さんに怒られるから。

そうかそうか、よし持ってけ!

ありがとうてんちょー!また来るからねー!

おう、また来いよ!暗くなって来てるから気を付けれよ!

と見送ったんです。


子どもも一年したらこんなに成長するんだな、

こうして大人になっていくんだな、今日はなんだかいい一日だ!

と清々しい気持ちになりました!おわr


てんちょー!また来たよー!

ん?なんだ?どうした?何があった?

と外を見てみましたら、さっきの子ども、

今度は友だちを連れてやってきたんです。

さっきまた来るっていったしょー。

お前、また来るって明日とかのハナシじゃないのか!

ハッピーハロウィン!ここね、お菓子けっこうくれるんだよ!

と、友だちに説明してお菓子をいきなり吟味し始めたのでした。

お前、さっきお母さんに怒られるっていってたじゃん!

さっきのもう食べたから大丈夫、証拠はもうないよ!


それぞれの子どもら、好き勝手にお菓子を選び始めてしまいました。

なんだよお前ら遠足の時に来なかったくせして!よし、一人20円までな!

だめだ、それは30円!20円はこれ!あーもう!ここに値段書いてるべ!

さっきはサービスよかったのに、急にケチになったね。

お!お!お前、そういうか!よし、よーし!

今度の遠足の時はみんな買いに来いよ!約束だからな!

はーい!よかった!選び放題だ!

少しは遠慮ってものを知れ!


なんだかんだで一人100円くらいのお菓子を選んでいきましてね。

今度の遠足の時は買いにくるからねー!と去っていったのでした。


昔から、今度とオバケは出た試しが無いんだぞ、ハロウィンだけに。

お!今上手いこと言ったな俺!

と、誰もいなくなった店でポツネンとつぶやいたのでした、おわり。


今月もありがとうございました。

こんなオヤジがやっている店です、来月も宜しくお願いします。
スポンサーサイト
 
10月30日(金)

『今日はこちらも商品紹介  ~昔旅館とかの部屋の入り口の上によく見た照明~』

今日はこちらも商品紹介とさせていただきます。

昔、旅館や下宿の各部屋の入り口の上に、こんな


照明が付いていましたよね、ドラマとかでよく目にしました。

さてこの照明、実際に使われていた家から譲っていただきました。

丁寧に取り外したんですが、壁のスイッチから切り離しましたので

ghazou 005

電源コードも付いていません。

ボクが色々改造するまえでしたら素材としてお安くいたしますので、

どうぞ気になった方はお問い合わせ下さい、


少しワケ有りとなかなか美品と2つ用意していますので、

どうぞ宜しくお願いします!
 
10月29日(木)

『子どもながらにずっと思っていたこと ~どっきりへんそうセット~』

ボクは子どもの時から疑問に思っていたことが沢山あります。

IMG_4120.jpg

こちらのタグに どっきり と書かれているもの、

スターどっきり丸秘報告か?キリド、キリドか?

いえいえこちらは

IMG_4121.jpg

色々なものに変身できる変装セットなんですよ。

キバの入れ歯、鬼のツノ、充血した目、というドッキリさせるものが

色々入っているんですが、実際に驚く方がいるんですかね?

子どもの頃からずっと不思議に思っていました。


今ならこんなもの付けているヤツ見たら別な意味でドッキリするか、

でもボクがハロウィンだからと付けていても無視されるんだろうな、おわり。

 
10月28日(水)

『あの時クジの大当たりを根こそぎ持ってったのはあっしです』

ボクが子どもの頃、地元には三軒のお店がありました。

みんな主に食料品を扱っていたんですが、

その中で一軒、ボクの同級生マー坊の家がやっていた店では、

こんな子どもらが喜ぶような
IMG_4104.jpg
クジを置いていたんです。

この辺のクジ、一回20円は30円でしたからね、

毎日のように小銭を持って遊びに行っていたんです。

たしか、
IMG_4105.jpg
スーパーボールのクジでしたかね、事件が発生したのは。

いつもはバラバラになっているクジ紙が
IMG_4106.jpg
恐らく切るのが面倒だったんでしょう、そのままシートで置いてあったんです。

このクジ紙、い・ま・は、どうかわかりませんが、

その昔は縦横に数字が書いていたんですよね、

縦に11、横に10まで書いてあるんですよ。

どうやら縦が10の位、横が1の位で、

例えば、縦20、横7でしたら27番と、店で数字を調整できるんですよね。

ですから当たり番号を抜くのも入れるのも店次第と、

昔のクジはそうだったみたいなんですよ、い・ま・は、わかりませんがね。

そんなクジの紙が一枚シートで置いてあったんですよ、

おそらく子どもはわからないだろうと思ったのでしょうね。


そこは流石の悪知恵が働くボクら、

勉強以外の事に関しては特に目ざとくて、

あれ?これ、数字わかるんじゃない?

トモキちゃん、これ、当たり全部取れるよ!

しーっ!騒ぐな、気付かれる!

ここは知らんふりしてクジをやっていこう、

と騒ぎ立てるみんなを黙らせて、ボクはクジを引き、

あ!1番だ!一番大きいやつだ!

すごいやトモキちゃん!

わあ!次を引いたら2番だ!また大きいやつだ!

すごいやトモキちゃん!!

なんと!次は3番だ!こんなについているのは初めてだ!

すごいやトモキちゃん、すごいやすごいやトモキちゃん!

と、学芸会のセリフみたいな事をみんなに仕込みまして、

ボクらは大きなスーパーボールを根こそぎ取っていったのでした!


お店を出る時、マー坊のお父さんとお母さんが、

やっぱりそのままで置かないほうがいいわ、クジの紙、

とひそひそ話してるのを聞いて、

なんか凄く悪いことをしたような気になったのでした、おわり。


*今回のクジ紙の事は昔のハナシです。

当たりを左右できるのも昔のハナシ、

例え当店のクジが当たり操作されているわけでは

無いかもしれない事を前向きに善処したいと思っている

今日このごろですので、どうか安心してご来店下さい。

 
10月27日(火)

『大人なボクの参考書 ~懐かしの昭和こども新聞~』

ボクはここ最近、本を買いあさっています。

今回はこの本を買いました。

画像 009

懐かしの昭和こども新聞

あれ?前にも買ったでしょ、と思われてしまうかもしれませんが、

以前紹介したのは

画像 008

続の方でして、今回買ったのはそれより前の昭和こども文化、

ボクが生まれた頃の事が色々載っているんです。

昭和も50年代くらいでしたらボクも記憶があるんですが、

40年代くらいになるとちょっとわからないので、

これは!と思い手に入れました。

早速ボクの生まれた昭和46年を見てみましたら、

画像 007

ほほー!こういう年だったのか!という事がよくわかるんです。

いつもお客様に教えていただいてばかりでしたからね、

来年度は少しボクも説明できるようにしなければ、

今なら平成生まれの娘たちに教えてもらっている始末ですからね、

下手したら娘ですよ、いや孫か!これはいかん!

と思いまして、さらに勢いあまって、

画像 006

さらに前の年代のものも買ったのでした!

よーし、よしよし、これであらかた昭和の流行文化がわかるぞ、

と安心して、ろくたら読みもせずに店の本棚にしまったのでした。

ー買って満足してそのまま読まないでおわりー
 
10月26日(月)

『トムボーイに憧れて』

みなさんはコレをご存知でしょうか。

ghazou_20151026163059f15.jpg

ただ針金が巻かさったリング状のものにも見えますが、

こちらはトムボーイというものでして、

こうしたら見覚えがありますかね、

ghazou11.jpg

こうやってシャリンシャリン階段を上手く下りたりして遊ぶものなんです。


トムボーイ、昔お祭りで買ったという方も多かったでしょう。

ボクは運動会でよく目にしたんですよ。

昔、地元の運動会にも出店がありましてね、

そこで売られていたんですよね。


友だちの家で階段を上手く下りるのを見て、また音がなんとなくよくて、

油断してたらからまって、一度伸びたらハイそれまでよって、

なんともスリリングなおもちゃに見えたんですよ。

リングをスリリングに掛けたんですが、まあよしとしまして、

ボクもこれが欲しくて欲しくて、ねだってねだって

二年越しでようやく買ってもらいました。


さて、遊ぶぞ!と思ってもボクの家は二階の無い昔ながらの平屋、

トムボーイを活躍させる場が無かったんです。

よし、ならば階段のあるところだ!と

IMG_3987.jpg

神社の急な階段に持っていったんです。


友だちみんなでワイワイ山の上まで上がりまして、

これからこいつとこの階段で競争だ!

やったー!ともきちゃんすごいー!

と、トムボーイと階段駆け下り競争をしたんです。

ようし、行くぞ!

トムボーイを階段にセットしまして、よし!と下ろさせたんです。


トムボーイ、シャリンシャリンと勢いよく階段を下っていきます!

ボクらもワーと階段を駆け下りましてね、

どっちが早いか競争したんですよ。


ところがトムボーイ、階段の小石につまずき

階段途中で止まってしまったんですよね。


ですがボクらは止まれませんでした。

勢いついてそのまま駆け下り、勢いあまって誰かが転び、

そいつにつまずいてそのまま転がり落ちまして、

IMG_3989.jpg

神社の川にみんな仲良く落ちまして、

みんなして泣きながら帰りました、おわり。


*今回のトムボーイの画像はボクの資料から抜粋しました。

入荷しましたら改めて店ブログで紹介しますので、どうぞ宜しくお願いします。
 
10月25日(日)

『楽しい給食 ~牛乳キャップを開ける時のこだわり~』

今回はボクの時代の給食時間のハナシです。


ボクの学校では低学年の頃、給食で出た牛乳はビンでした。

ビンですから
fc2blog_20151025214535de7.jpg
キャップが付いていたやつでした。

さて、ビン牛乳、キャップを開けるのになかなか技を必要としました。

油断したら上の紙だけペラッとめくれ、

力を入れすぎるとキャップが中に入ってしまう、

爪を切っていった時なんか、何回も引っ掛けて引っ掛けて

きっかけを作ってようやくめくったものです。


ですがこんな便利なものもありました。

fc2blog_20151025214556f15.jpg

牛乳キャップをめくる道具、名づけてキャップポン!

この名前は子ども頃に言ってたもので正式名称ではありませんが、

各クラス、これを二個ほど配られて、快適にキャップを開けていたんです。


しかし、それに逆らう者達がいました。

そんなものつかわなくても、俺ならすぐに開けれるぞ!

そんなのインチキだ、手で開けてこそ牛乳キャップだ!

あとでメンコとかにつかうもんだから、穴が開くのがいやだったんですよね。

お前キャップポンつかってるのか!ガッサイな!

*ガッサイとはボクらの地域の言葉で、一昔前でいうダサイの意味です。

俺なんかすごく早く開けれるぞ!ほら!

何を、俺の方が早く開けれるぞ!

よし、じゃあ競争するか!開けてほしい人手を挙げて!

と、クラスの生徒の牛乳キャップを片っ端から開けていき、

最終的にキャップが何枚あるかを競っていたヤツらもいたんです。


やがて牛乳はビンからパックになり、

牛乳キャップもキャップポンも見かけなくなってしまいました。


前に銭湯でビンの牛乳を見つけたんですが、

今はプラスチックのキャップなんですね。


その後、パックになっても新たな競争が始まったのですが、

それはまた、三角パックの資料が見つかってから紹介させていただきます。


今では見かけることのなくなった牛乳キャップ、

当店ではこんな
fc2blog_20151025214636490.jpg
バッジにしたりして扱っていますので、

気になった方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さいね。


ー月末だからいやらしく紹介しておわりー
 
10月24日(土)

『ぼくの先生はフィーバー ~吹くに吹けなかった笛~』

こないだ実家に帰った時に
IMG_4007.jpg
笛を見つけました。

この笛は、先生にもらった笛でした。

ボクは中学生の時、生徒会の役員をやっていました。

体育大会の時、笛があった方がいいからと、女の先生にもらったものでした。

しかし先生とはいえども異性の方からもらった笛、

若い女の先生からもらったならば大喜びで吹きますが、

ベテランの、こう言っては何ですが、

下っ腹が出ているオバサン先生だったんですよね。

ボクはこの笛を吹くわけにもいかず、そのままずっと封印していたのでした。


何がどうであれ、やはり吹くわけにはいかんでしょうに。おわり。



この笛を、当時若い女性の事務員さんから貰ったんだぞ、と騙して

いいだろー!と、試しにカズモシ君に見せましたら、

それ、俺にも一回吹かせてもらっていいかな、

とボクから奪い取って、ピー!と吹いたのでした。



よけいボクが吹くわけにはいかない笛になってしまったのでした。

ーくだらないままおわりー

 
10月23日(金)

『今回実家に帰った理由 ~地元神社の締め詣~』

昨日今日と実家に帰っていまして色々仕入れなどしてきましたが、

今回の帰省の目的は別にありました。


ボクの地元の神社が、今日で締めるという話を聞いたからです。

IMG_3993.jpg

今はもう子どもの頃からよく遊んでいた神社麓の公園はすでに無く、

山の上にポツンと神社があるだけでした。

毎年初詣には行ってましたが、やはり過疎化が進み数人くる程度でして、

そうなりますと維持費などの問題も出てきまして、

ついに今年、今日を持ちまして長年の歴史に幕を閉じる事になったのです。


今日拝み納めしてきましてね、あちこち見て回りまして、

ここは昔土俵だったんだよなあ、

IMG_3992.jpg

子どもの頃、相撲大会もあったんだよなあ、

IMG_3990.jpg

運動会の特訓だといってこの山道を駆け上がったんだよなあ、

ウサギ跳びで何往復もして転んでそのまま谷底に落ちたんだよなあ、

初詣でおだって鈴を振り回して谷底に落ちていったんだよなあ、

IMG_3987.jpg

ここには遊具があってみんなでよく遊んだんだよなあ、

ここの鉄棒で逆上がりが出来るようになったんだよなあ、

ジャングルジムの上から落ちて頭を何針か縫ったヤツもいたなあ、

石をぶつけて先輩を泣かしたんだよなあ、

グルグル回すヤツにつかまるやつ、

それに後輩掴ませて高速で回してぶっ飛んでいったよなあ、

川でよくウグイを釣っていたよなあ、落ちたヤツもいたなあ、

ハチに刺されてみんなでションベンかけたんだよなあ、

鳥居に爆竹仕掛けて枯れ葉に燃え移ってションベンで消したんだよなあ、

砂場で遊んでて、なんか湿ってると思ったらネコのションベンだったんだよなあ、

なんか細長いの埋まってるって掘り起こしたら

ネコのフンが砂まみれだったんだよなあ、

なんかバチ当りのションベンの思い出ばかりだなあ、

と名残惜しく何回も振り返りながら

今まで本当にありがとうございます

と一礼をして帰ってきました。



子どもの頃から過疎化の問題はありましたが

いつかは来るだろうとは思っていましたが、

実際に目の当たりにすると、とても寂しいものです。


今日は最後の集まりがあるそうで、お袋も参加とするといってましたので、

最後に少しですがお賽銭を包んで帰ってきました。


今日、また一つ、地元の思い出が終わりを迎えたのでした。


ーおわりー


















と、帰ろうと思った矢先に、ちょっと、もよおしてしまったので、

IMG_3988.jpg

川にションベンして帰ってきました、締めを台無しにしておわり。


 
10月22日(木)

『ばあちゃんの引き出し』

今日はちょっと用事がありまして実家に来ています。

色々作業がある中、昔からあるばあちゃんの引き出しを開けてみました。


そこには昭和の時代そのままのものが色々入ってました。


無事にお問い合わせ頂いていたものも発見しました。

さて、この引き出し、

本当に昭和のものなの?

なんか店のやつを適当に載せたんでしょう、

と御疑いの方もいらっしゃるでしょう。

こちら、正真正銘の昭和時代の引き出しです。

その証拠に引き出しの中に


ばあちゃんの手書きの文字が書かれてました。

しっかし、なして買った日をこうして書き記していたんだべか。おわり。