FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

10月12日(月)

『うちの店がパンチガムを置かない理由』

当店では昔駄菓子屋に置いていたものなんかも、

少しだけですが、扱っているんです。

先日、こちらの

IMG_3789.jpg

パンチガムのお問い合わせがありました。

昔懐かしい、ガムだと思って引いてみたらパチンと指が挟まる玩具です。


大変申し訳ありません、あいにくですが、こちらのパンチガム、

当店では取り扱いしていないんですよ。

それには理由がありまして、ボクが子どもの頃のハナシです。


近所のお店にパンチガムが売っていまして、

あ!パッチンガム!

たしかボクらはこう読んでいたんですが、

色々なガムがある!たっちゃんどれにする?マーボは?

と、ボクらみんなでそれぞれ柄の違うものを買ったんですよね。


ですがみんなして仕掛けを知っています、

引っ掛けようとしても誰も騙されません。


そこに、もっと山奥に住んでいた年下のアキ坊が来ました。

あいつならこれを知らないぞ、よし、みんなして引っ掛けるか!

そう言ってみんなして、アキ坊ガムあげる!パチン!

じゃあこっちのガムあげる!パチン!とやっては笑っていたんです。

アキ坊もわかればいいものを、何回も繰り返して引っかかっていたんですよね。

するとみるみるアキ坊の指先の色が変わっていったんです。

さすがにこれはヤバイなと思ってた矢先にアキ坊、

うわああん!ガムにかじられたー!

と大泣きして走って帰ってしまったのです。

その夜、ボクらはみんなして怒られまして、

その日からパッチンガムが禁止になってしまいました。

ですので、うちの店ではパンチガムは扱う事が出来ませんので、

どうか予めご了承下さい。おわり。
スポンサーサイト