FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

10月19日(月)

『ボクの先生はフィーバー ~バケ学の授業のつかみのハナシ~』

冬が近いからでしょうか、

あちこちで熊の目撃、被害のニュースを目にします。

ボクの実家もいつクマが出てもおかしくない山奥なんですが、

クマのニュースを聞くたびに思い出すことがあるんです。


高校時代、化学、バケ学の方の先生が授業の前に

昨今の話題をテーマにハナシをしていたんですよ。

当時の問題になったニュース、流行モノなど色々な話題がありました。

その中で、熊が撃たれたニュースの話になったんです。


たしか熊が出没したから撃ったと、特に悪い事もしていないのに撃たれたと、

その脇に小熊もいたようなんですが、確か逃げたんじゃないかな、

この辺の記憶が曖昧なんですが、とにかく母親熊が撃たれてしまったんですよね。


そこで先生、ボクらに尋ねました、

さて、この小熊たちはこの後どうなってしまうでしょうか!と。


みんな口々に色々言っていましたが、勉強ばっかりしていたヤツが

母親がいなくなってしまったのだから、子どもだけではどうにも生きていけない、

そして他の秀才グループも

恐らくはそのまま食べ物も探せずダメなんじゃないか、と答えたんです。


そこで先生が一言、

お前らには夢が無いなあ!

どうして、その後小熊はたくましく育ち、

お母さんの復讐にやってくるとか考えないかなあ。


ボクら勉強しない軍団は、おおー!と感動しましてね、

みんな口々に、俺らは夢を追いかけるんだ!と、さらに勉強しなくなったんです。


しばらく経って、赤点補習の時、先生に、

このままでは進学、就職どころか、卒業すら難しいぞ!

みんなもっと現実を見るように!

と言われました。

IMG_3941.jpg

熊のニュースを見る度に、

もっと現実を見ていたら、もっとまともな大人になれたのになあ

と、遠くを見ながら思うのでした、おわり。
スポンサーサイト