プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

11月30日(月)

『スマイル店主少女化計画 ~レトロ少女を目指して~』

今月も沢山の方々にお世話になりました、ありがとうございます!

うちの店、ボクのような初老のモモヒキオヤジがやっているんですが、

こんな店ですが女性のお客様が多くいらしてくれるんです。

そんな女性のお客様の期待に応えようと、

IMG_4619.jpg

色々な資料を集めて

IMG_4621.jpg

読みまくって

IMG_4620.jpg

覚えが悪くなった頭で色々覚えたつもりだったんです。


つもりだったんですが、やはり、つもりは只の自分の思い込みでして、

先日ご来店いただいたレディ達に圧倒されてしまいました。

若いレディ達、昔のことなど知らんだろうとハナシをしたところ、

ボクより色々知っていまして、もの凄くあれこれ教えて頂きました。


44のオヤジ、少女になるにはまだまだ時間も経験も必要なようです。


別にオヤジが少女を目指さなくてもいいのか、そうだよな。おわり。
スポンサーサイト
 
11月29日(日)

『月刊カズモシ君伝説 ~カズモシ君とKP君、彼らはどうしてこう呼ばれるか~』

先日KP君がやってきました。

いやいや嶋貫さん、カズモシ伝説は面白いですね、

彼にはまだまだ色々伝説がありますよね、

これからどんどん出て来るでしょう、僕は楽しみにいていますよ。


いや、それがカズモシ伝説は評判悪くてね、

もう終わりにしようかと思ってんだよ。


そうでしたか、それは残念です、ですが僕が楽しみにしていますよ、

そうだ、彼の呼び方ネタなんていかがでしょうかね。


そういえばカズモシもKPも同じ高校の同級生でした。


カズモシ君は、ヨシカズ君という名前です。

さほどみんなに呼ばれるあだ名は無かったのですが、

ある日、突然決まりました。

高校二年の英語のテストの時のハナシです。

IMG_4594.jpg

自分の名前をアルファベットで書いて提出していたんですが、

答案を返してくれた時、先生が、

自分の名前を間違えていたヤツがいたぞ!名前くらいしっかり書け!

そうなると騒ぎ出すのがボクらの習性、

おい、誰よ!自分の名前くらい間違えんなや!

誰よ誰よ!お前か!おっと俺じゃないぞ!お前だべ!

と、バカ仲間で大騒ぎしてたんです。

一見真面目に見えるヨシカズ君、まさかお前じゃないべな!

とテストを見てみましたら、

YOSHIKAZU と書くところを MOSIKAZU と書いていたんですね。

お前、モシカズって誰よ!ケンダマしてるんじゃないぞ、モシカメか!

と大笑いした後、そのままモシカズからカズモシになったのでした。

しかしあまりに反応が薄く、そのうちみんな飽きてしまって

いつもの呼び方に戻ってしまったのでした。


いやあ、流石は嶋貫さん、よく覚えてらっしゃる、

是非このまま続けて下さい、僕一人でも応援していますから、

では今日はこれにて失敬。

そう言ってKP君は満足して去っていきました。


そういえばあいつもあだ名だったよな。


KP君、高校に入って最初の頃は、

似ているって事、さらに持ち前の身の軽さで

IMG_4593.jpg

ユンピョウと呼ばれていました。

剣道部仲間でも、先輩からもユンピョウ、ユンピョウと呼ばれていました。

ですがそれもつかの間、

ユンピョウとはほど遠いバカ発言、バカ行動の数々が発覚しましてね、

お前なんぞにユンピョウはもったいない!

今日からお前を

IMG_4595.jpg

カンピョウと呼ぶ!

と全員一致で決まりましてね、

その後、カンピョウ、KANPIYOU、略してKPと、

その名は本人もたいして気に入っているらしく、

高校を卒業した後も、未だに呼び続かれていたのでした、おわり。


*今回一部名前を改名しています、本名ではありませんが

限りなく真実のハナシですので、どうか予めご了承の上、

お前ら高校でなにやってるんだよ、と鼻で笑って下さい。
 
11月28日(土)

『ボクの友だちKP君 ~マッタクキオクニゴザイマセン~』

こないだボクが

ghazou 019

トイレのフィギュアを組み立てていたところにKP君が現れました。


どもども、嶋貫さん、その後はいかがでしょうかな。

おお、なんか色々大変なこと起きてるけどなんとかやっているよ。

そうでしたか、それはなによりです、

ところで今月僕の事をまだ紹介していないようですが。

ああ、そうだったな、すっかり忘れていたよ、

でも紹介って言ったって、あまりにかけ離れすぎた馬鹿なことばかりでな、

なかなか資料も揃わなくで悩んでいたところだったんだよ。

そうでしたか、それはそれは。

では嶋貫さん、こんなハナシはいかがかな?

ほら、僕らが高校三年の時によくやっていた儀式のことなど。


とKP君は昔のハナシをし始めました。


知らんぞ、そんなこと!だいたいにしてそんな事、

この俺がするワケないべや!お前、作ったべ?


いやいや嶋貫さん、これは紛れもない事実なんですよ、

実際に僕ら二人が毎回やっていたことなんですよ。


お前、俺はそんなバカじゃないって、知らんって!


いや僕からしてみたら嶋貫さんも相当のバカな部類ですよ、

高校時代は僕の中で一、二を争うバカな存在だったんですよ。


お!お!お前コノヤロ!俺をバカ呼ばわりしやがったな!

お前みたいなバカ伝説なんか俺にはないぞ!


いやいや嶋貫さん、僕も昔は確かにバカなことをしてましたが、

今はすっかり紳士になりましたから、貴族ですからね僕は。


ふざけんなコノヤロ!裸族が好きなクセしやがってどの口がぬかしてんのよ!


それを言うなら嶋貫さん、あなたも裸族が好きじゃないですか、

昔は薔薇族とか変な方向の本が好きだったじゃないですか。


バカコノ!誤解を招くような事をいうんじゃない!

そもそもその本だってお前が高校時代に教えてくれたんだべや!

お前札幌に来て本屋でいきなりサブとか立ち読みしてたべや!


嶋貫さんだって一緒になって見てたでしょう、

いい加減観念なさい、もう認めたらいかがでしょうか、

残念ですが、これが真実、いつの世の中にも真実は一つなんですよ。

おっと嶋貫さん、外を御覧なさい、雪が降ってきましたよ、

もうすっかり冬ですねえ、時間は着々と進み、そしてまた年を重ねていくんです、

いつまでもバカな話で喜んでいる場合じゃありませんよ。

さて、僕も何かと忙しい身ですので、今日はこれにて失礼。

と、散々講釈たれてKP君は雪が舞う中を去っていきました。


KP君よ、あれから何回も考えたんだけど、

いくら若い事務員さんがいたからって、そこを毎回使っていただろうからって、

職員女子トイレの前で一緒に深呼吸なんかしてないわ、

それもそこを通る度にわざわざ立ち止まっしたってか、

もししてたとしても、それは俺じゃなく、カズモシとか他のヤツだわ。

ghazou 017

人の記憶は都合の悪いものだけかき消されていくのです、おわり。
 
11月27日(金)

『ばあちゃんの手押し車』

今日はボクのばあちゃんの法事でした。

お経を聞きながら、ばあちゃんの事を思い出していました。


ボクのばあちゃんは、年をとってから足が悪くなり、杖をついていました。

それで歩くのもおっくうになってきたんでしょう、ほとんど外に出なくなりました。


ボクが20なんぼの時でしたかね、札幌から戻った時に、ばあちゃんが、

トモ、SL見に行くか!

と言ったんです。


当時の地元はNHKの朝ドラの舞台になったこともあり、

SLが走ってとても賑やかだったんですよ。

なんでも地元の駅にも停車するらしく、こんな機会は滅多に無いと、

よし、ばあちゃん行くか!

と一緒に行く事になりました。


ですがばあちゃん、足が悪い。

さてどうしようかと思っていた時、ばあちゃんが手押し車を出してきたんです。

手押し車といっても、
20150919145202358.jpg
こんなのや

20150916143956789.jpg
こんなのじゃないですよ、そこまで小さくありません。

今もご年配の方が杖代わりに、買い物などに押してあるく、

よく見るほら、荷物を入れて歩ける、そして疲れたら腰掛ける事もできる、

イスにもできるような押し車だったんですよ。


あら、ばあちゃん、それ押してリハビリがてら歩いて見にいくか、

と思いボクは歩き始めたんです。


ところが、ばあちゃんの様子がどうもおかしい、

押して歩いて、ハアハア息を切らしているんですよ。

確かにボクは歩くのが早い、でもリハビリなんだ、

よし、ばあちゃんガンバレ!もうすぐだぞ!

と、ようやく駅に着いたにも関わらず、

ばあちゃんは手押し車に腰掛けて暑くて真っ赤な顔してます。

どうした、ばあちゃん、SL見ないのか?

ちょっとここで休んでいるから、トモ、ちょっと見てこい。

ならば俺が押してってやるよ、ほら、見に行くぞ。

と、ばあちゃんを座らせたままSLに乗ったり色々回ったりしました。

でも帰る時はまた、ばあちゃんにリハビリだと歩かせたんですよね。


ちょうど家に着いた時、おふくろが仕事から帰ってきてたんです。

ボクらの姿を見ていきなり、

トモキ!あんた、ばあちゃんころす気かい!

こんな真っ赤な顔して!なにやってんのさあんた!

と怒鳴ってきたんです。


なにやってるのもなにも、SL見にいったんだよ、と言いましたら、

どうやらばあちゃん、最初から手押し車に座って行くつもりだったらしく、

ところがボクが勘違いしてリハビリだの言って歩かせてしまったもんですから、

血圧がものすごく上がってしまったようなんですよね。


ボクは、さずがにこれはヤバイと思い、

明日も仕事で早いから、そろそろ札幌に戻るわ!

と逃げるように帰ってきました。



次の日ばあちゃんは入院しました、おわり。


 
11月27日(金)

『昔はこんなゲームがありました』

昔はゲームセンターの片隅に、


こんなゲームがありました。

ドライブインや温泉のゲームコーナーに、


こんなゲームがありました。

手打ちパチンコのレバーみたいので、右へ左へと弾いてゴールを目指すんですが、

これがまたなかなか難しく、すぐにアウトの穴に落ちてしまうのです。

 それも弾かれるのは自分で入れた10円玉ですからね、

吸い込まれるようにアウトに入ってしまうという寂しさと、

さっきまであったお金が消えてしまった悔しさが、

次こそ!もう一回!となってしまうんです。

全く昔のゲームは単純なクセに煽り方は上手いものでして、

パチンコで散々鍛えられた今なら、少しは上手くなったでしょうかね。

いや、ダメだな、きっと。おわり。
 
11月25日(水)

『星占いのラッキーアイテム』

みなさんは占いを信じますか?

ボクはこう見えても結構信じてしまうんですよ。

IMG_4555.jpg

ボクはふたご座ですからね、例えでちょいと見てみますと、

IMG_4556.jpg

いい事も悪い事も無難な事も書かれていますが、

なんかこれは気をつけないとな、と思った時は

この最後に書かれている、ラッキーアイテムを持って歩くんです。

こっそりカバンやポケットに入れたりするんですが、

IMG_4560.jpg

いや、手鏡はわかるけど、じょうろは無いでしょう、

カバンやポケットからじょうろの先が見えたら声掛けないでしょう、

それならばまだしも、

IMG_4559.jpg

まつぼっくりはどうしましょう、ロッキーチャックじゃないんだから。

スパンコールって、そんな魚のウロコみたいの身にまとっていたら

絶対近寄りませんよ、見て見ぬ振りしますよ。

でもまあ、それでその方に幸せが訪れるのであればいいんですねどね、

星占いとはいえ星座の12通り、世の中の12分の1の方々が

じょうろだの、まつぼっくりだの持ち歩いて、

キラキラしたカッコしてたらどうしましょってハナシですけどね。

ちょっと大げさに言ってしまいましたが、

かく言うボクも占い信じてラッキーアイテムの歯ブラシをポケットに入れて

パチンコ屋に行ったりするんですけどね。

そんな簡単にラッキーなんか訪れませんけどもね。おわり。
 
11月24日(火)

『田舎育ちのボクの憧れ ~原宿編~』

ボクは田舎モノでして、都会にものすごく憧れていたんです。

皆さんは鼻で笑うかもしれませんが、学生時代は

原宿に憧れて、死ぬ前に一回行ってみたい、そう思っていたんです。

原宿いったらあー
IMG_4530.jpg
タレントショップさいってー

こんなの
IMG_4531.jpg
買いまくるだー!

IMG_4535.jpg
かー!

ってくらいに憧れていたんですが、今では願いも叶わず、

せいぜい店にやってきたこの辺のモノを
IMG_4529_20151124235016d8b.jpg
せっせこせっせこ集めているのでした。

いつかボクも、原宿で
IMG_4533.jpg
こういうグッズを出してみたいものですね、

いや、この辺はやっぱりやめとくか。おわり。
 
11月23日(月)

『勤労感謝の日にふさわしく ~スマイルの米ができるまで~』

うちの店は毎年春に枝豆やらなんやらを店先で育てています。

去年あたりから、色々な栽培にも挑戦しているんですが、

今年は
poltuto 011
稲を植えました。


当ブログでも植えた事はお知らせしましたが、

その後のハナシが一向に出てこないと、

恐らくあのオヤジならだらしないから枯らせてしまったんじゃないか、

と思われてしまっているかもしれませんが、

スマイルの米、

無事に実りまして、

先日、
ghazou 006
無事に
ghazou 007
稲刈りも
ghazou 008
終わり、
ghazou 005

収穫した後は、
ghazou 015
乾燥させて、

ghazou 017
割り箸で脱穀し、

ghazou 018
もみすりをして

ghazou 021
玄米になりました。

ghazou 022
これだけ大変な思いをして、採れたのはこれだけでした。


この後は
ghazou 024
精米機に入れて、

ghazou 025
白米になりました。


このままだと、とぐにも炊くにも少し少ないので、

少し足しまして、
ghazou 026
ふっくら炊き上がり、

ghazou 027
おにぎりにして、おいしくいただきました。


いかにもボクが色々したかのように説明していますが、

これら全て、稲をお持ち頂いた方のご協力で、おにぎりまで辿り着きました。

ご協力ありがとうございます!

普段あたりまえに食しているお米ですが、

これだけ大変な手間がかかっているとは!

本日の勤労感謝の日に、豊作だったスマイルの米を口にして、

改めて様々な方々に感謝したのでした。ありがとうございます!

ー今年度のうちの店の収穫祭 おわりー
 
11月22日(日)

『懐かしい缶・18歳以上推奨編』

今日、店ブログの方で、
IMG_4506.jpg
こんな缶を紹介したんですよ。

一つ一つまていに紹介しようかと思ったんですがね、

ちょっと躊躇してしまった缶があったんです。

この缶なんですがね
IMG_4511.jpg
見覚えある方は、おおー!となるかもしれませんが、

なんの缶かといいますと、
IMG_4512.jpg
トロイ、カスキンの缶だったんですよね。

このトロ、イカスキンの缶、いつも来る子どもらに見られたらなんて説明しましょう。

ムーミンに出る詩人の名前とでも言いましょうか。

おおっとご安心下さいね、ちゃんと
IMG_4513.jpg
中身は入っていません。

しっかしこんな缶、

懐かしければ何でもいいべやってハナシで済まされないでしょうが、

よりによって、これまたこういうのに限って
IMG_4514.jpg
まーた数が揃っているから困ったものです。

フタに赤やら黒やらわざわざご丁寧に色までかいてけつかる、

金ってなによ、金って。輝かせてどうする。

こんなモノどうしようってものも色々あったりしますので、

店の奥のピンクのカーテンコーナーに隠しておきますので、

どうかこれをシャレで受け止めて下さる方、

年末の忘年会とかで残念賞とかに使っていただける方、

はたまた昔よく使ったわ!という方、俺も輝かせたわ!って方、

どうかお問い合わせ下さい!ってよけいお問い合わせし辛いってな。
 
11月21日(土)

『マル文字も、ほどほどに』

今日ですね、
IMG_4465.jpg
マル文字を練習してたんですよ。

ただ丸く書いたらいいんだべ、ってなめていましたら実に奥が深い。

いやあ実に
IMG_4501.jpg
奥が深い。

こんなのすぐ書けるべって思っていたんですが、なかなかうまく書けません。


一心不乱に書き取りをしていましたら、

当時のマル文字を書いていた女子群の事を思い出しました。


当時中学生のボクらの時代、まさにマル文字が流行っていたんです。

当時の女子はみんなこれを使っていましてね、
IMG_4500.jpg
一見解読不可能のように見えるマル文字ですが、

女子はみんな読み書きできまして、

まさに一つの文字文化を作り上げていたんですよ。

もうみんな常にこの文字を使っていたんです。


期末テストも終わり、確か理科のテストでしたね、

先生がみんなに答案を返して、答え合わせの時間のハナシです。

色々問題の説明をしていて、その問題の答えは、
IMG_4502.jpg
と。

その時、マル文字女子がざわついたんです。


ねえ、これさ、合っているよね?

隣の席の女子が見せてくれたテストには、
IMG_4505.jpg
と書かれていたんです。


いや、確かにマル文字で可愛く書いたらそうなるかもしれません。

ボクも、おお、それ、合ってるじゃん、と言ったその時、先生が、

abcで答えろって書いてるのにも関わらず、ひらがなで書いてる者がいた!

IMG_4502.jpg
を、

IMG_4504.jpg
と書かずに、

IMG_4505.jpg
と書いてた!

それは
IMG_4502.jpg
では無くて

IMG_4503.jpg
だ!

だからそう書いてた全員バツを付けた!

と言ったんです。


もう、マル文字女子からは大ブーイング大会が始まりました。

それでも先生は、一つも折れずに、

文字をきちんと書くという事が、どれだけ大事かわかるか!

と怒鳴ったのです。

ボクはものすごく納得しました。


ですが授業時間が終わった後、女子が集まって文句を言っていました。

男子も集まって、色々文句を言っている中、ボクが調子に乗って、

いやでもこれはどう見ても「の」だわ、きちんと文字くらい書け、お前ら!

と言い放ったところ、

なにさ!あんた!

あんたなんか元々間違えてたクセに!

あんな簡単な問題を間違える方がきちんとしなさいよ!

と、マル文字女子全員を敵に回してしまったのでした。


それから二週間くらい、女子全員が口を聞いてくれなくなったのでした。


レディの皆様、マル文字も、ほどほどに。

ーおわりー