FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12月19日(土)

『俺らが若い頃はこうだった。かもしれないけれど、今がそうとは限らない』

さて世間では忘年会シーズンと、

アルコール強化月間真っ最中ですが、

お酒の席になるとちょっと困ってしまう光景に出くわしてしまう事がありますよね。


ボクが社会に出て一番最初の忘年会の時のハナシです。

元々お酒好きなメンバーが揃っていた職場、

何かにつけてお酒を飲んでいたのですが、

忘年会ということもあり、結構いい調子で飲んでましてね、

みんなかなり酔っていまして、いいだけ飲んでは、よし次の店だ!

と何軒も回りまして、最後にいきついたお店が

なんちゃらナイトクラブ、
P1120777.jpg
ベテランが好みそうなお店だったんです。


もうすっかりベロンベロンになった会社の大先輩、

イスに座っていてもフラフラ定まらなく、すっかり目が据わった状態で、

シマちゃん、俺がシマちゃんくらいの頃は飲みに行ったら踊ったもんだ、

だからシマちゃん、今からあの娘と踊って来い!

と、ろれつも回らないまま言ってきたんですよ。


当時の大先輩は40代、確かに若い頃は踊っていたでしょう、

ですが20年以上歳も離れていますし、そもそも何を踊ればいいかわかりません。

スイマセン、ボク、踊ったことないんですよ。と言いましたら、

全く、今の若い衆は飲んで踊る事もできないのか、よし、見てろ!

と、カウンター席にいる全く知らない明らかに若作りした女性に、

よかったら踊っていただけないでしょうか、

と手を出し、いきなり華麗に踊りだしたんですよ。


あれだけ酔ってフラフラだったのに!

とボクら若い衆は驚いて、さらに周りを良く見たら、

会社の大先輩たちがみんな踊っていましてね、

その踊りも人様々、チークもあれば女性をクルクル回したりと、

まるで鹿鳴館のような光景だったんです。


そして当時の会社の上司がボクらに一言、

せっかく大先輩がお膳立てしてくれたんだ、

どんなのでもいいから踊ってくればよかったべや。

いいか、波っていうものには逆らうな。波には乗っていくもんだぞ。

と教えてくれて、ミラーボールの光に消えて行きました。


それ以来、ボクは飲みに行ったら無理にでも踊るようになりました。おわり。
スポンサーサイト