FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12月21日(月)

『一分で食べれるカップ麺、クイックワン』

最近、カップ麺のどんべえで、5分のところを10分待つと、
そしたらさらに美味しいというハナシを聞きました。
カップ麺と言えば、たいてい3分、もしくは5分という、お手軽さが売りですよね。
ですがその昔、もっと早い、1分で出来る画期的なカップ麺がありました。
それが、この
IMG_5012.jpg
クイックワンなのです。
パッケージにも書かれているように、一分、わずか60秒で
食べられるという、とんでもはっぷんな代物だったんです!
ボクら子どもの頃はCMをみたら何でも買わずにいられませんでした。
そこに地元の店にもやってきたクイックワン、
でもカップ麺は身体に悪いからと親から禁じられていましてね、
それでももう、みんなして食べたくて食べたくて、
ある日、土曜の半ドンの時に、みんなでお金を出し合って、
食べてみようということになったんです。
出し合うと言っても10円、20円、みんなで集めましてね、
念願のクイックワンを買って、うちでお湯入れて食べる事にしたんです。
ところがみんな慣れていないカップ麺、一分を待たずに
好き勝手に遊び始めてしまいました。
気付けば10分ほど経ってしまい、
そういえばクイックワンどうなった!とフタを開けたら、
ただでさえ一分でいいものをほっておいたものですから、
それはもう、表現しがたいものになっていたんです。
なんか、カップにごっそり敷き詰められた釣り用のエサみたいだったんですよ。
それでも、もったいないから食べたんですが、
みんな口々に、うまくない、いやあ、うまくない、俺はもういい、うまくない、
でもきっと時間を守れば美味しかったんだ、
これからは時間だけは守ろうな、と言いながら完食しました。
ボクのようなヤツが転じても福が来ると、なんとなくそんなハナシでした、おわり。
*今回の画像は、今日入手しました
IMG_5011.jpg
こちらの、日本懐かし即席めん大全 からお借りしました。
いやこの本は凄いわ、これは是非皆様もお手元に!オススメです!
と、画像を勝手に拝借したものですから宣伝もしたんですが、
もし何か引っかかる事がありましたら削除しますのでお申し付け下さい。
スポンサーサイト