FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

01月08日(金)

『月刊カズモシ伝説 ~カズモシ君、ジーパンを買う~』

男子たるもの、思春期にもなればそれなりに身なりに気をつかうものです。


ボクらが高校時代の頃のオハナシです。

みんなしてカズモシ君の家に遊びに行ってました。

遊びに行っていたというよりも、ただのヒマ潰しに行っていました。


カズモシ君の机の上に、オシャレな本がありました。

なんだこれ?と開くと、色々ジーパンが載っていました。

kakugijilyou-img458x599-1452142017incyb816073.jpg

リーバイス、エドウィン、リー、ラングラーなど、

当時のボクらのイケてる男子はみんなジーパンにこだわっていたのでした。


一緒に行っていたジェイ君、

お、カズモシ、お前ジーパン買うんか!

うん、今度旭川に行って買ってこようと思って。

おおー、何のやつ買うのよ?

やっぱりここはオシャレにエドバイスで決めようかな。

そうかー、エドバイスか、いいな、それ。

と、ジェイ君は納得していました。


ん?エドバイス?そんなメーカーあったか?


どうやらカズモシ君、

リーバイスとエドゥインがごっちゃになってしlまったようです。

次の日からカズモシ君は、エドバイスと呼ばれるようになったものの、

すぐ飽きてしまい、そのままいつも通り呼び捨てされていたのでした。


ところでその後のカズモシ君、

なんのジーパンを買ったかと言いますと、町の呉服店に売っていた、

無名でベルトのところがゴムになっているものを

気に入って履いて気取って歩いていたのでした。


おお、それがエドバイスだったのか、よかったよかった。おわり。
スポンサーサイト