FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

01月21日(木)

『冬の日の出来事 ~人助けもゆるくない~』

一気に雪が降ったりしたら除雪が間に合わず、

わき道などで車が立ち往生してしまう事が多々あります。

雪国の皆様は、そんな時に備えて色々用意しているでしょうが、

今回は準備万端にして気合が入りすぎたボクの先輩のオハナシです。


ボクがまだ20そこそこの頃でした。

ボクの先輩が車を買いまして、自慢げに会社に乗ってきたんです。

あ!先輩!ついに来たんですね、ニューカー!

おお!シマ!今度は四駆だからよ、

そんじょそこらの雪道にはもうハマらんぞ!

それだけじゃない、これも用意したからな!

IMG_5517.jpg

そういって先輩はけん引ロープを見せてくれました。

四駆にこれはつきものだからな、もう怖いもの無しだぞ!ワッハッハ!

と、得意げな表情で自慢の四駆を乗り回していたんです。


ある日、ドカ雪が降り、あちこちでハマっている車が続出しました。

そこで先輩、仕事が終わった後に

よし!シマ!俺らの出番だ!今からハマってる奴らを助けに行くぞ!

と、何故かボクまで付き合う事になってしまったんです。


ハマってる子はいねえかー!

先輩、なまはげじゃないんだから。

そうだな!ワッハッハ!お!シマ!あそこでハマってるぞ!

そういいながら先輩とボクは数台の車を助けていきました。

助かりました、ありがとうございます!と何人にも感謝され、

少ないですが気持ちです、との御礼も、

いやいや、僕らはJAFとかじゃないんで、と全て断り続け、

いやあ、いい事するってのは気持ちいいなあ!と先輩は上機嫌でした。


夜も遅くなり、そろそろ今日は帰るか!とやっと開放されそうになった時に

一台のハマっている車を発見しました。


ハマっているのは中々せまい道、そこにガッツリハマっている車、

でもなんとか助けようとけん引ロープをつけまして、

いくぞー!と先輩が車を出したのですが、今回ばかりはそう簡単にはいきません。

よし、シマ、ちょっとどいてろ、勢いつけるわ!

そういってバックをして、勢いよくアクセルを踏みました。

ゴゴゴゴ!とい音を立てて車は無事救出、やった!と先輩のおたけび!

しかしその後に、ドカンという音が。

先輩、勢いつけすぎて、雪壁に突っ込んでしまったんです。

さらにそこはガードレール、さらに電柱付き、

そこにものすごく勢いよく突っ込んでしまったんです。


先輩の車は大破、

先にハマっていた方に呼んでもらったJAFにけん引される車を見ながら、

シマ、人助けもゆるくないよな、

悪いけど今日、送ってってくれないか。


帰り道、ボクらは急に大人しくなって帰路についたのでした、おわり。
スポンサーサイト