FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

07月19日(火)

『ボクの友だちKP君 ~お母さんのお手伝い~』

先日KP君が店にやってきました。


いやいやどもども嶋貫さん、暑い日が続きますなあ。


おうKPか、こないだはありがとうな!


いえいえどういたしまして、

ところで最近僕の話題なないようですが、どうしまわれましたかな?


いやゴメンゴメン、王子様伝説その後がまだだったな。


いやご無理はいいませんよ、そこでどうでしょう、

今日は僕の懐かし話でお茶を濁して、

満を持して王子様伝説完結編に行くというのは。

僕の事をあまり知らない方も多いでしょうからね。


知らん方が良かったと思う方が多いかもしれませんが、

今回はKP君がお母さんのお手伝いをしたオハナシを紹介します。


KP君がまだ幼い頃のお話です。


KP君、結構親孝行でしてね、その日もお手伝いをしたそうです。

今日のお手伝いは、お茶碗洗い。

何回かやっているから任せとけって感じだったんでしょう。

KP君、得意げにお茶碗を洗ったのでした。


と、ここで問題が。

IMG_9862.jpg

お茶碗を洗う洗剤が切れてしまったそうなんです。


洗いたい、お手伝いしたいKP君、でも洗剤が無くなってしまった。


そこで閃いたKP君は、これで綺麗になるでしょうと、

IMG_9863.jpg

こともあろうか風呂場にあったシャンプーを持ってきて洗ったそうなんです。


見事に泡立つスポンジ、シャンプーのいい香りが漂う中、

無事にお茶碗洗いが終わろうとした時にお母さんが異変に気付いたそうなんです。


ちょっと、何で洗ってるの!


そう言ってお母さんが駆けつけた時には流しに広がるシャンプーの香り。


あらあら、仕方ないか、とお母さんはそのまま何も言わず、

そのまましばらくはシャンプーの香りがするお茶碗お皿で食事をしたそうです。


いや嶋貫さん、僕は貴族ですからね、あのシャンプーの香りが好きなんですよ。

まあ僕は貴族ですから、あんなシャンプーの香りなどではなく、

シャネルとかクリスチャンディオールとかに囲まれている生活を送ってまして、

下々がどのような香りを好むかを幼いながらにも知りたかったんでしょうね。

おっとこんな時間だ、乗馬の会に遅れてしまいます、

なんせじゃじゃ馬ばかりで僕が行かねば始まらないんですよ。

それでは嶋貫さん、今日はこれにて失敬。


と、KP君はあくまで貴族を装って去っていきました。


香水や香りにこだわるKP君、

去り際にすれ違った時、かなりの汗臭さを残して行ったのでした。


ーおわりー
スポンサーサイト