FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

08月02日(火)

『KP君のリゾラバ ~爆風スランプ RESORT LOVERS より~』

只今当店ではお客様に作っていただいた夏の歌をかけています。

その中に、ボクら高校時代の夏の名曲、

IMG_0349.jpg

爆風スランプのリゾラバがありました。

覚えています?この曲ば。

IMG_0350.jpg

当時は空前のバンドブーム、

もちろん爆風スランプも出す曲出す曲ベストテン入りしていました。


そんな時代の夏のおハナシです。


ボクら高校三年生、高校時代最後の想い出作りにと、

男ばっかり20人くらいで海にキャンプに行ったんです。

モテる花形のヤツ、モテない剣道部軍団など、色々入り混じって

それはもう、野郎ばかりで大騒ぎでしてね、

高校生のクセしてキャンプの準備は万端だわ、

高校生のクセして、アレもコレもと、いや調子に乗っていたんでしょうね。


夜は焼肉をしましてね、今でいうBBQですか?踊るポンポコリンですか?

もう高校生のクセにひどかったんですよ。


そうして賑やかに楽しく時は過ぎて行き、夜遅く、いい時間になったんです。


ふと気付けばKP君がいません。


あれ?あいつどこ行った?まさか酔って海入ったんじゃないべな!

と大騒ぎになったんですよ。

あ、酔ったといっても、その場の雰囲気に、ですからね。


いやあのバカタレなら!と剣道部主将のボクはそこらを探しに行きました。


するとKP君、遠くの女の子の輪に混じっているではないですか、

それもすごく楽しそうに!


それ見て頭にきたボクは、KP君の背中を蹴りながら、

お前!何やってんのよ!みんな心配してんだぞ!

と怒鳴ったんですよね。

するとKP君、ちょっとココではまずいから、と少し離れて、

いやシマさん、もうちょっとでこの女の子ら連れて行くから、

みんなにそう言っといて!と自信満々に言ったんですよね。


おお、そうか、それならハナシは別だ、俺からみんなに言っとくわ、

と、その場を後にして、みんなの場で、

KPのヤツ、ガールハントしてたわ!今から女子連れてくるってよ!

みんな一同、おおー!と盛り上がったんですよ。


もちろん凄くモテる同級生もいましたからね、

女子も数名いたんですが、大半がモテない野郎ばかり、

それはもう、期待に胸と前膨らましながら待っていたんです。


ですが、しばらくしてもKP君は戻ってきません、女子も来ません。


あいつ、なしたんだ?あのバカ助、なにモタモタしてんのよ!

とボクがイライラし始めたその時、海の方を見たらKP君がいたんです。

それも一人ポツネンと、体育座りしながら海を見つめていたんです。


その姿見ただけでガールハントの結果がわかったんですよね、

あのバカなら!と思い、ボクが行こうとすると、

モテ友だちのアーちゃん、ガールハント成功したから余裕だったのか、

ボクをそっと手で遮り、KP君の元に行き、

寒くないか、KP!と肩を軽く叩いたんですよね。


膝を抱えて座っていたKP君、アーちゃんの方を見て一言、

アーちゃん、こんなもんだよね。

アーちゃんも海を見たまま、

ああ、こんなもんだよ。と。


その二人の姿の後ろで、ダブルラジカセから流れた曲が、リゾラバ、

IMG_0351.jpg

全部ウソさ、そんなもんさ、夏の女はまやかし、と。


またうまいタイミングでこの曲か!と、感心しながらその姿を見守っていたのでした。


高校最後の夏に、KP君が経験した身悶えしたリゾートラバースの、

まさに歌通りの、そんなおハナシでした、おわり。
スポンサーサイト