FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

08月20日(土)

『昔よく見たオシャレな腕時計・B面』

昔々、駄菓子屋なんかでオシャレな腕時計が売っていました。

ghazou 008

当時の子どもたちはこの腕時計をつけて、

ちょっと背伸びをして、ちょっと大人になった気分で

お出かけしたり、遊びに行ったりしたのでした。


こちらの腕時計、短針と長針が固定されていまして、

ghazou 007

決まった時間しかさす事ができません。

ああ、やはりオモチャだからな、子ども騙しだよな、そんなもんだよね、

と、当時の大人は思ったでしょう。

ですが子どもたちは子どもたちなりの工夫で

この時計で時間をわかっていたのです。


そのやり方とは、

ghazou 006

まず、今の時間と時計の時間が合うまで待ちます。

この時すでに子どもらは針の角度をチェックして、

次に合う時間を覚えておきます。

そして一時間五分ほど待ちまして、今何時かな、と

さりげなくリューズに触れつつ、腕をみます。

ghazou 005

時間が合っているのです。

おお、もうこんな時間か、などと大人びた台詞も口にします。


そしてまた一時間五分ほど待ちまして、またその時間になった時、

周囲に悟られる事の無いようにリューズに触れつつ、腕を見るのです。

ghazou 004

そして、あ、もうこんな時間だ、トモキちゃん、そろそろ帰るわ、また明日ね!

と家路につくのです。


今考えたら、当時の子どもたち、なんて優れた体内時計なんでしょうか。


何かと忙しい昨今、時間に追われる方々が多いと聞きますが、

たまには昔に戻り、こんな時計で

ghazou 003

時間を追ってみてはいかがでしょうかね。


*当時計は個人差も針差もあります。

この時計を信頼しすぎて大切な取り引きや約束事の時間に遅れたとしても

当店は一切なにも責任取れませんので

どうか予めきちんとした腕時計をつけた上で御使用下さい。
スポンサーサイト