FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

09月05日(月)

『お見舞いに 氷砂糖を』

近くの小学校で秋の遠足が近いようでして、

今日少し駄菓子を仕入れてきたんです。

その中に

IMG_1279.jpg

氷砂糖がありました。

ボクは氷砂糖を見るたびに思い出すことがあるんです。


小学5年くらいのオハナシです。


クラスの女子が盲腸で入院したんですよ。

そこで女子みんなしてお見舞いにいったそうなんです。

みんな自分のお小遣いで、

入院している女子の好きな本やら授業のノートやら

お見舞いのものを色々用意しましてね、

みんな来てくれてありがとう!

となった時に、ふと大きい袋が目についたそうなんです。

その袋、まさに氷砂糖。

それもこんな可愛らしい駄菓子のものではなくて、

ぶつ切りのでっかいヤツがゴロゴロ入っているやつ、

今から何の果実酒作るのよってくらいのものだったそうです。


これ食べて早く元気になってね!


次の日クラスでは、

なんでお見舞いに氷砂糖?

あれ、盲腸にきくの?

なんのおまじない?

とみんなして凄く疑問に思っていたのでした。


今でも同級生に会ったらこのハナシになるんですが、

どうしてお見舞いに氷砂糖なのかは未だに謎のままなのでした。おわり。
スポンサーサイト