プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

11月30日(水)

『こういう復刻大歓迎 ~水飲み鳥~』

昔、どこの家庭でも必ず飾っているモノがありました。


今回店ブログでも紹介したんですが、こちらの

IMG_4023.jpg

水飲み鳥、こちらもありましたよねえ。


未だにどういう仕組みかよくわからない、こちらの水飲み鳥、

ボクの実家にもありました。


毎日婆ちゃんが仏壇のお供えの水のように取り替えてましてね、

IMG_4019.jpg

こうして待っていましたら

IMG_4020.jpg

水を飲むんですよね、正確には気圧とかの関係なんでしょうが、

ボクはこの動きが好きでして、そして飲むのを待ちきれなくて、

何回も手で押して水に付けたりしていたのでした。


それを見たお袋が、壊れるからやめなさい!と怒ったものでした。


そしてお袋が、

これが水じゃなくてビールだったらなんぼでもできるわ、と言った時、

それを見ていた婆ちゃんが、馬鹿な事を言うな、この馬鹿!と怒ったのでした。


ボクにとっての水飲み鳥はこんな思い出しかなかったのでした、おわり。

スポンサーサイト
 
11月29日(火)

『ぼくの先生はフィーバー ~同窓会の時に先生が言った印象的な一言~』

毎度私事ながらのお話ですが、

今年ボクの代での高校の同窓会があったんです。

担任の先生だけではなく、お世話になった先生達にもご出席いただきまして、

それはそれはもう大変盛り上がったようなんですよ。


出席して幹事までやったお前がなんでそんな言い方なのよ、

と思われてしまうでしょうが、

恥ずかしながらボクはほとんど記憶が無いんですよね。

おそらくこのバカオヤジが酔っ払って舞い上がってしまったのでしょう、

前日から三日くらい記憶が無いのです。


ですがその記憶が無い中でも、とても印象に残った先生の言葉がありました。


先生達とお酒を酌み交わしてですね、色々お話をさせてもらったんです。


先生、あの当時はどうでした?楽しかったですか?

とお伺いしたところ、

いやあ、あの頃は楽しかったよ!

なんせ授業以外にも大変な事があったからね。

ちょうどあの頃は誰かが問題起こしたらそれの後始末をして、

それでも懲りない君たちなもんだから未然に防ごうと走り回ってね、

でもそのスキをついてまた新たな問題を起こして、

まさに僕ら教師が

IMG_2262.jpg

トムと、そして君たち生徒が

IMG_2263.jpg

ジェリーと、そんな感じの憎めない追いかけっこの毎日だったよ!

と仰ってくれたんですよね。


ボクは思わず、

流石は先生、例えが上手い!

まさにルパンととっつあん、両さんと部長みたいな関係でしたよね!

と言ったところ、

トモキ君はいい意味で変ってないねえ、

でも、あの時は寝るヒマもなくてホントに大変だったんだからね、

と笑ってボクのビールのグラスに日本酒を注いでくれました。


色々あって閉校になってしまった高校ですが、

ボクはあの学校を卒業して本当に良かった!

いや先生、本当にありがとうございます!

と、注がれた日本酒を飲み干しました。


そこから全く記憶が無くなったのでした。


酔っ払ってまた先生に迷惑かけてないべかな、おわり。
 
11月28日(月)

『ボクの友だちは灰皿を綺麗に出来る方々を尊敬していました』

ボクの友だちが昔、疑問に思っていたことがありまして、

どうしてお袋は

IMG_3529 (1)

灰皿を綺麗に出来るんだろうか、と、よくハナシしていたんです。

お袋だけではありません、女性の方々みんなそうなんですよね。


友だち曰く、いやあどうしてあんなにタバコ吸って灰だらけにしてるのに、

掃除したら必ず綺麗になってるわ、不思議だわ。

俺がやっても絶対ああならんわ。


あまりに不思議がっているものですから

灰皿見たさに友だちの家に遊びに行ったんですよ。


おお、ちょい灰皿あるか、一服するわ。

おう、まだ掃除してないけどこれ使ってくれや。


そうして出てきた灰皿は、

まるで化石を発掘してるのかと思うくらい、ゴテゴテに灰がこびり付いていたのでした。


お前、これはお袋さんに感謝しろよ、もの凄く感謝しろよ!


そういい残してボクは

これを掃除するお袋さんが気の毒になり、

タバコも吸わずに帰ってきたのでした、おわり。


*タバコは20歳を過ぎてから、

健康の為、吸いすぎに注意しましょう。



 
11月27日(日)

『なんとなく懐かしい衣文かけ』

うちの店には、なんか昔見たような、なんとなく懐かしいものがあるんです。

こちらの衣文かけなんかいい例でして、

IMG_3993_2016112721424669e.jpg

こんな車の形をしているんですよね。

おっと、衣文かけ、今ならハンガーというんでしょうか、

ハンガーハンガーフランケンっと、またよけいなことを、

ハンガーと言ったら刑事物語を思い出してしまいますが、

この辺りのハンガー、

IMG_3992_201611272142442ce.jpg

昔どこかの誰かの部屋で見たことあるじゃないですか。

ハンガーなのに、真ん中に引っ掛けるところがありまして、

使う方によっては、こんな感じに

IMG_4001.jpg

キーホルダーを掛けていたり、

たまにはドキッとするような、

IMG_3999.jpg

シャツを掛けていたりしましたよね。


こちたのシャツは別な意味でドキッとしますが、

ボクらの時代、友だちの、特に女子の家に遊びにいったら、

普段は制服なもんだから、たまに見る私服の

こういうところばかり目に付いてはドキドキしたものなんですよ。

オシャレな方は衣文かけまでオシャレ、そんな時代のお話でした。

ーおわりー




*とは言うものの、

ボクは女子の家に遊びに行ったことなど皆無なもんだから、

当時のホットドッグプレスとか見て

きっとこうなんだろうなあ、と想像していたオハナシでした、おわり。
 
11月26日(土)

『その昔、ハワイがあちこちにありました』

今年の年末年始はハワイでお過ごしの方々もいらっしゃるでしょうが、

いいですねえ憧れのハワイ航路、と言うことがまた古いですが、

その昔、色々なハワイがあちこちにあったんですよね。


こないだやってきたマッチの柄を色々眺めていましたら、

ありましたよ、札幌のハワイ!

ghazou 016

すすきのハワイ1号と、昔のキャバレーのマッチですね、

そして

ghazou 013

うちの店の近所の北24条にもハワイが、それも3号4号と、

伊達に全国500店直営ではありませんね、

さらに

ghazou 015

狸小路にもハワイと、

月がポンと出りゃ星がポコっと!さすがポンポコシャンゼリゼですねえ。

こちらのマッチ、裏は表紙を開けばそれぞれご丁寧に

ghazou 012

地図が載っています。

当時の殿方、みんなこれみてフラフラ行ってたんですねえ、

それもそうでしょう、

ghazou 017

こんな柄のモノ、見たらもう行かずにはいられないじゃないですか!

いや行きたい!大人になった今だから、いい歳こういた今だから尚行きたい!

もっと欲言ったら全店制覇して、このマッチ1号から500号まで全て集めたい!


全国500店直営と、これだけあったのに、今ではもう見られないこのハワイ。

出来ればボクも一度は行ってみたかったナァと、

マッチの柄を見ながらしみじみ思っていたのでした。


本物のハワイもイイですが、この時代のハワイもイイですよね。おわり。



*と書き終わって急に思い出したんですが、

ボクはこのハワイに行った事がありました。

そうだわ、20の頃、北24条のとこ行ったわ。

ghazou 014

どういう意味があるのかよくわからないがこんな衣装着たオバサン出てきたわ。

でも団地妻と同じ感じだったからここでは何も書けないわ、おわり。
 
11月25日(金)

『どうなる今年の年末、実家のテレビ』

さて今年も押し迫ってまいりました!

この時期、なんだかんだで気になるのが年末の紅白と、

昔ほど見なくなったとはいえやはり話題になりますよね。

20121229131140fbc.jpg

ボクも年越しは実家でするんですが、

毎年おふくろが決まって言うのが、紅白が面白くなくなった、と。

若い歌手なんか覚える気も無い世代ですからね、

いやこれは無理もありません。

さらに今年はお馴染みの方々が辞退や落選してしまってますからね、

今年も紅白ば見ないで夕方から始まる演歌の番組を観ることでしょう。

そして毎年の決まり文句、

こっちの方がよっぽど紅白らしいわ!と言うんでしょうね。



と思っていましたら、

先日雪は大丈夫かと実家に電話にしたところ、

今年の紅白にはペンの人でるんでしょう、今年はみないとダメだわ!

ペンパイナポー アッポーペン!

と、聞こえのいい発音で言われたのでした。



おふくろの身に何かあったのか、もの凄く心配になりました。おわり。
 
11月24日(木)

『パチモノ万歳』

昔々、ボクらが子どもの頃、

それはそれは人気があるものに似せたものがありました。

昔は似せにちなんでニセ、ニセモノと呼んでいましたが、

今ではパチモノという一文化を築き上げたのでした。


特にボクらが子どもの頃に遊んだモノに

パチモノの魔の手が広がっていたのでした。


おーい!ガッチャマンの凧買ってもらったさー!

IMG_3919_20161124215629595.jpg

おおー!いいなあ!早速畑であげようかー!


おおーい!ボクはお年玉で悟空の凧買ったよー!

ええ?志村けんのやつー?いいなあ。

いやいや、夕方再放送でやっている、

IMG_3916 (1)

悟空の大冒険の凧だよー!

うわあ、いいなあ!さっそく田んぼであげようかー!


そんな会話が地元の子どもらの間で繰り広げられましてね、

凧を扱っていたお店のオバサンが、

よしよし、みんな仲良くで結構な事だ!

ほれ、これみんなで食べて楽しく遊びなさい!

と、お菓子やジュースをくれたのでした。

オバサンありがとう!と御礼を言って

ボクらは除雪もろくに入らない雪道を走っていたのでした。


あの当時のボクらは

本物かニセモノかなんて事はどうでもよかったのでした。


ーおわりー
 
11月23日(水)

『お正月には凧あげて』

もういくち寝るとお正月、ってくらいな年末年始が押し迫っていますが、

お正月のは、凧あげて、という事も今ではあまりないのでしょうか。


ボクらの時代ではギリギリありました、タコ上げ。

ですが、昔ながらの凧とは違い、ボクらの時代での流行りといえば、

IMG_3897.jpg

ゲイラカイト、と。

もう浮世絵みたいな柄の凧あげではなく、

こんなビニールでできたアメリカンな凧をあげていたんです。


ですがボクはこのゲイラカイトが怖かったんです。

この目の部分が怖かったのです。


よく畑や田んぼに来る鳥のイタズラ防止に、

このような目を書いたのが見られますが、

ボクはそれも怖かったのです。


来年の干支は酉年、

これらを恐れるボクの前世は鳥だったのでしょうね。


どうりで三歩歩いたら忘れるワケだ。

と、来年の干支にちなんで老化から来る物忘れを誤魔化しておわり。

 
11月22日(火)

『みなさん、ズートルビーって知ってます? その2』

先日皆様にズートルビーって知ってます?

とお伺い立てたところ、大変反響がありまして、

もうボクが毎日書いてるのがバカバカしくなるくらいの反響だったんです。


もっとも毎度バカバカしい内容だったんですが、

今回はこちらの

IMG_3858.jpg

ずうとるび ではなく、

IMG_3801.jpg

ズートルビー の事を、アレなもの同好会の会長さんに

色々情報をいただきましたので、今回は続編として紹介します。


いやあ、ついにアレなもの同好会のハナシに続編がきましたよ、

会長と私二人の会、いやあやっててよかった!


よし、ここからは会長の情報を元に、

さて、ずうとるび ならぬ

IMG_3802.jpg

ズートルビー、これがまた凄い方々でして、

こちらのレコードの水虫の唄は、

1968年にLP、ザ・フォーク・クルセダーズ(略称はフォークル)

「紀元弐阡年」からのシングルカットだそうでして、

ザ・ズートルビーの名義でシングルリリースされたものだそうです。

さてこの水虫の唄、タイトルはかなりふざけていますが、

歌詞も一見

IMG_3860.jpg

ふざけています。ですがこれは悪ふざけではなく、

意味のある、意義のあるふざけ方、

例えるならば、筋肉少女帯の「これでいいのだ」辺りといいましょうか、

タイトルだけで唄の内容は判断できない、油断できないといいましょうか、

まあボクは筋肉少女帯しかしらないので仕方ない例えなんですが、

前回いただいたコメントで、この唄がギターのレパートリーという方がいましてね、

いやこれはもう名曲なんでしょう、知らなかったボクが恥ずかしいんですが、

さて、このザ・ズートルビー、ザ・フォーク・クルセダーズ、フォークル、

代表曲がメジャーデビュー前の、

IMG_3861.jpg

帰って来たヨッパライ だっていうんですから、

いやあさらに驚きましたよ!


しかし水虫といい、ヨッパライといい、なんてボクに合った歌なんでしょうか。


今回、前回共にアレな同好会の会長さんに情報を提供いただきまして、

我々の活動がいかに限られた方に楽しんでいただけるかご理解頂けたでしょうが、

こんな事ばかり毎回熱く語っているアレなもの同好会、

今後の活動も是非ご期待下さい!


*今回当ブログに情報、コメントを頂いた方々、本当にありがとうございます!
 
11月21日(月)

『来年の流行語大賞候補の、びっくらこいたくん』

さてさてここ最近ならば世間も町並みもすっかり年末の雰囲気でして、

何やら流行語大賞の候補まで挙がっていますよね。

ボクが押してた、ニクイニクイは惜しくも候補に入っていなかったんですが、

今日ですね、これは来年の流行語大賞になるようなものを見つけました。

IMG_3817.jpg

びっくらこいたくん です!

いや凄い、言葉だけで、もの凄くびっくりしたのがわかる!

こちら、たまたまやってきた昔のノートなんですが、

いやイイ感じじぉやないですか!

隅に、ふろく びっくらあそび とあります。

おお!付録付きか!どれどれ、とページをめくっても何も出てきません。

諦めて閉じましたら、あら、

IMG_3818.jpg

背表紙になにかありましたよ。

おお!ここか、ここにびっくらあそびか!

どれどれ?

IMG_3819.jpg

遊び方は、どうやら点線にそって折って遊ぶのか。

いやしかしこのノート未使用だしなあ、折るのがもったいないなあ、

でも遊びたいしなあ、いいや!折っちゃえ!

ってことで、勇気を出して初めての びっくらあそびをしたんですが、

折ったところで

IMG_3820.jpg

とくに、びっくらすることもなく、

説明に書かれていた

IMG_3821.jpg

さて これはびっくり と言われても何の反応をしていいのか分からず、

なんかこの言葉を流行らせる気もうせてしまい、

いやせっかく未使用のものを折ったのに、

これなら昔やってたTV番組の、ぶったまピープーの方がインパクトあったなと、

まさかこんな後悔してしまうとは、

こんな気持ちになってしまったボクこそが、

びっくらこいたくんになぉつてしまったのでした。おわり。


コレ、流行らんわ、おわり。