FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12月11日(日)

『マドラーに憧れて』

ボクは昔から、洋風のものに凄く憧れていました。

洋風といっても、スリッパ、ストロー、フォークとスプーンなど、

カタカナのものに凄く憧れていたんです。


ある日テレビでグラスに注いだ飲み物をかき混ぜるシーンを見ました。

IMG_4380.jpg

何のことはない、マドラーでカルピスをかき混ぜていただけなんですけどね、

ボクはそのシーンを見て衝撃が走りまして、

ああ、なんて美味しそうなんだ!ボクもかき混ぜたい!

と、そう思ったボクはお母さんに、

今日の晩御飯に混ぜる棒出して!ボクも混ぜてみたい!

そうおねだりしたんです。


きっとあの混ぜ棒とカルピスはセットでやってくる!

ボクはそう企んだんですけどね、


いきなり何を言うかと思ったら、変わった子だわ、

お母さんはそう言いながら、箸と一緒に

IMG_4381.jpg

このマドラー、いや正確には長いスプーンかな、

これを出してくれたんです。


さりとて普段の食卓にカルピスもジュースすらもあるワケも無く、

仕方なしにお味噌汁をかき混ぜていたのでした。


ほんっとに変わった子だわ、ほれ、そんなに混ぜたかったらこれ混ぜな!

と、生卵を出される始末。

こうじゃないんだ、きっとこうじゃないんだ、と子どもながらに思いながらも

おぼつかない手で黙して玉子を混ぜ続けたのでした、おわり。
スポンサーサイト