プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

03月10日(金)

『ボクが尊敬した最近の子どもたち』

ボクが子どもの頃でしたら、こんな

IMG_7300.jpg

アップリケを服に付けていたヤツらがいたじゃないですか。

こんな立派なアップリケは、ちょっと引っ掛けてほつれたところのアクセントでしたが、

本気で破れた肘や膝、ヒジやヒザが凄く破れるもんだから、

何かタイルみたいなデッカイの貼っていたじゃないですか。

昔は服をお下がりお下がりで着ていましてね、

それも兄弟だけではなく近所の年上のお下がりも着ていたもんですから、

それは生地も薄くなってタイルみたいのアップリケ、

下手したら何枚も重ねて貼っていた子どもらが多かったですよね。


最近でも見かけたりはしますが、すっかりファッションになってしまったようで。

ヒザが破れても気にしないでそのままズボンはいてる子も見かけなくなりましたよね。


と、思っていたら、ちょいと昔に、うちの店に来ていた子、

その子はヒザがもの凄く破れたジャージを履いて平然と遊びに来ていたんですよ。

ボクは興味があったので、

そのジャージ、いつも着てるのか?と聞いたところ、

さすがに担任の先生も、見るに見かねて、

もう少し考えて身だしなみを整えるように!

と言ってきたそうですが、それにもへこたれずに

それ着て小学校の卒業式に在校生として出席したそうなんです。

さらに、寝癖満開にしながら。


それを聞いたボクは、こいつこそ平成生まれの昭和な子どもだ!

と、ついつい嬉しくなりまして、

仕事もほっぽらかして、小学五年生と色々話込んだのでした。


まさかこの歳になって小学生を尊敬するとは、

うちの店を継ぐのは、アイツなのかもしれない。おわり。
スポンサーサイト