FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

11月02日(金)

『今年のクリスマス、サンタさんへのおねだりは慎重に ~ボクが世紀の発明と豪語したシャンプーハット~』

ボクは子どもの頃、シャンプーが苦手でした。

頭を洗っている時に、シャンプーが目に入るからです。


その頃のボクはクラスのみんなに、シャンプーハットは今世紀最大の発明だ!

IMG_7152.jpg

と常日頃から豪語していたんです。


授業で、今一番欲しいのはなんですか?との先生の問いに、

みんな良い子ぶって「平和!」「争いの無い世界!」とか言っているのをよそに

ボクは「ピップシャンプーハット!」と答えていたんです。


もちろん、ふざけて。


その年のクリスマス、ボクの元にもサンタさんが来ました。

枕元には「ピップシャンプーハット(緑)」が置かれていました。



おかあさんが同級生の誰かから、

「トモキちゃん、シャンプーハットが欲しいんだって!」

と聞いたようなのです。



クリスマスの朝、シャンプーハットを持ったまま起きたボクを見たおかあさんとばあちゃん、

「今年も欲しかったのをプレゼントしてくれたねえ!ほら、サンタさんにお礼いいなさい!」と。


ボクは、おはようの挨拶の前に、サンタさんありがとう、

と全く心のこもってない御礼を言った後、どれどれ?と

風呂でもないのにシャンプーハットを被らされ、おお!似合う似合う!と、

特にばあちゃんが手を叩いて喜んでいたのでした。


ホントはゲームウォッチが欲しかったのにナァ。


ーおわりー


スポンサーサイト