FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

08月13日(火)

『蚊取り線香の間違った使い方』

ささ、夏真っ盛り、いよいよお盆がやってきました!

この時期の必需品といえば

IMG_6044_20171030191554234_201908132047175ff.jpg

蚊取り線香、昔からある優れた逸品ですよね。


ですがこれを間違った使い方をしたら大変な事になるのです。


今回はボクが小学生の頃の子ども会のキャンプのハナシです。


まあキャンプといっても海や山に行くワケではありません。

近所の廃校になった小学校のグランドでやっていたんです。

田舎の小学生の子ども会ですからね。でも凄く楽しみだったんですよ。


そこでボクら各々テントを貼って寝るんですが、

なんせ小学生の子どもたち、夜更かしに憧れていたんですねえ。


俺は今日12時まで寝ない!お前らはどうする?

僕も寝ない!僕も僕も!とみんなして夜更かしをする事に決まったんです。


ようし、先に寝たヤツは絶対起こすからな!

と謎の約束をして、そのまま深夜になりました。


最初は寝ないで頑張っていた下級生も一人二人と寝てしまいます。


そこでボクら上級生、コノヤロー!寝やがったな!

ようし、今から起こしてやる!蚊取り線香の刑だ!

と、寝ている下級生の鼻の近くに蚊取り線香を持っていったんです。

鼻から勢いよく吸い込まれる蚊取り線香の煙、

それが面白くて面白くて、笑いをこらえてずっとやっていたんですよ。


そのうちその子、咳をしてむせはじめまして、苦しくなってしまったのでしょうね、

ガバッと起きて、息が出来ない!とパニックになり、

テントを破壊して外に出ていきまして付き添いの大人のテントに逃げてしまったのでした。


ボクら、ヤバイなあと思っていたのですが、なんせ子どもですから

慣れないところで寝たからそうなってしまったのだろう、とハナシが片付いたんです。


次の日の朝、その子は声が出ない状態でラジオ体操に参加していたのでした。


良い子は絶対真似しないで下さいね、おわり。
スポンサーサイト