プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

02月14日(火)

『身の程知らずのバレンタイン』

さて、今日はバレンタイン、

皆様チョコをあげたり、もらったりと、お忙しい一日となったかと思いますが、

なんでもここ最近なら女友だち同士で交換したり、中には男同士での交換など、

昔ながらの風習よりも楽しんでいるそうで、

いや景気の上昇に貢献して大変いい事なんですが、

ボクらの時代のバレンタイン、まさに女子が男子に想いを打ち明ける日だったんですよね。


今ほど学校もうるさくなかったものですから、学校にこっそり持っていって、

休み時間や放課後とかに密かに渡すと、

ボクはもらった事ないもんだから全く無関係なんですが、

ですがバレンタインのチョコレート、

当時の男子の人気のパロメーター代わりにもなり、

結構必死だった友だちもいたんですよね。


ボクが小学校の時の同級生、デンスケ君なんかもう見てて痛々しいくらいで、

3学期が始まったあたりから

お目当ての女子たちには掃除を手伝うわ給食当番を手伝うわ、

もう下心見え見えないやらしいくらいでして、

一週前くらいから帰りの会で、

「今日からバレンタインのチョコの受付をします!」とかのたまう始末。


元々そんなに人気者でもなかったデンスケ君、

周りの友だち連中が結構面白いヤツらばかりだったので、

自分も結構人気があったと勘違いしてしまったのでしょう。


そして運命のバレンタイン当日、

友だち男子は机の中に手紙が入っていたり、

こそこそと体育館裏とかに呼ばれたりしてチョコをもらっていたようですが、

デンスケ君は用も無いのに放課後遅くまでいたにも関わらず、

誰にも声も掛けられなく、一人寂しく帰っていったのでした。


次の日からデンスケ君は、人が違ったかのように大人しくなったのでした。


それでは皆様、

IMG_6580.jpg

よいバレンタインをお過ごし下さい。おわり。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment