FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

10月23日(月)

『汽車にわざと乗り遅れてまでもやっていたゲーム』

只今店の本棚に、ボクの資料を大解放中です、

お気軽に立ち読みにきて下さい!


ボクの資料の中に

IMG_5804.jpg

こちらの本があります。


帰って来た名作ゲーム 1978~1987


この本が凄く参考になる理由として、

その年に出たゲームの紹介だけではなく、

IMG_5805.jpg

その年に起きた出来事などが載っているのでした。


ボクはゲームが好きですからね、この年表とゲームを見て

ああ、この時はこうだったんだな、俺はどうしてたかな、と

ページを開いては色々な当時の事を思い出していたんです。


ボクの地元にはゲームセンターがありません。

ゲームセンターに行く為には、近場でも

隣町まで約30分かけて汽車に乗らねばなりません。


高校生の時、ボクは隣町の病院に行ったんですね。

帰りの汽車まで少し時間があったので駅に近いところの

ゲームセンターにふらりと立ち寄った所、

中学時代の親友にバッタリ会ったんです。


その親友はボクとは違い隣町の頭のいい学校に通っていたんですね、

ですから学校帰りにゲームセンターで楽しく青春を謳歌していたのです。


ボクが声をかけると、

おお!トモキ!久しぶり!ちょっとこのゲーム面白いからやるべ!と、

IMG_5806.jpg

バブルボブルに座ったのです。


ボクは本で見たことあるけどやった事まではなかったので遠慮してますと

よし、ならば俺がやってるのを見てれ!と50円入れてゲームをし始めたんです。


それがまた上手いこと上手いこと!

これはすごいな!と感心して見ていたんです。


でももう汽車の時間、俺そろそろ帰らねば、と言ったところ、

いいから!まだいいべ!見てれって!

と、引き止められたんですよね。


一汽車逃したら次は二時間後。

でもまだ時間も早いし、ボクもゲームが好きでしたし、

まあいっかと思いながら後ろで見ていたんですね。


見ているだけではヒマだから、

二人同時に出来るゲームですので

俺もやってみるわ、とお金を入れたはいいが、

もの凄く下手でして、お前いいから後ろで見てれ!と言われる始末。


そうこうしているうちに次の汽車の時間が迫ってきます。

おい、そろそろ時間だぞ、もう駅に向わないと、

と言ってもまだまだゲームは終らない。

それどころか凄くイイところまで行っていたようで、

いいからいいから、まだいいべ!次の汽車で帰ればいいべ!

と、なんだかんだまたさらに二時間付き合わされまして、

なんやかんやで最終の汽車で帰ったのでした。


汽車の中でもゲーム談義で盛り上がり、

また一緒にゲームするべな!と、別れたのでした。


いやあ学校帰りにゲームセンターか、いいなあ。


と思いながら、帰宅の時間よりも五時間遅く家に帰ったら、

あんた今まで電話も無いでどこ行ってたんさ!

もう御飯とっくに出来てるんだからね!勝手に食べなさい!

と、お袋がもの凄く怒っていました。


電子レンジも無い実家、ボクは冷えた御飯とお味噌汁と

脂が固まって白くなったお肉を大人しく食べたのでした。


この本のこの1ページだけでもこの想い出が甦ります。

まだまだこの辺の本が揃っています。

どうぞお気軽に立ち読みにきてください。

そして何か買っていって下さい。

ーおわりー
スポンサーサイト



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment