プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

04月20日(金)

『外での遊びにご用心』

北海道はようやく雪どけも進んできました。

冬は雪に囲まれていましたからね、春になったら外で色々遊びたくなるんです。

今回はそんな春の外遊びのオハナシです。


昔の職場では子どもらが集まる店に勤めていましてね、

放課後になると色々一緒に遊んでいたんです。これも仕事とこじつけて。

そも日も天気がいいものだから、

仕事ぶん投げて子どもらと外でフリスビーで遊んだのでした。

IMG_1613.jpg

子どもらの体力は凄まじいものでしてね、

いやあまあ走るは飛ぶわ、全く疲れを感じさせないんですよ。


当時のボクは三十代半ば、だが子どもらに負けてはならぬと

はっちゃこいてはフリスビーを取り、又遠くに投げたのでした。



遠くに投げたら少しは休めるからです。



大人の意地があるボクも負けないで受け取ったりしましたよ、

その度に、シマさん上手い!と歓声が上がりました。


調子に乗ったボク、高く飛んだフリスビーを全身の力を込めてジャンプしてキャッチしました。


よし!と思ったのも束の間、バランスを崩して転倒してしまったんです。

その時つま先を変にねじってしまいましてね、足の親指あたりを。

ですが子どもらはおおはしゃぎ!ボクもギャグで転んだって事にしました。


よーし!今日はここまでだ!みんな帰って宿題やれよ!

と解散して職場に戻り、なんとか勤務時間が終るまで痛みに耐えていたんです。


帰ってからも足の親指はもの凄く痛い、見るからに凄く腫れてます。


いやあどうしょう、サロンパスで治るかな、明日病院に行くかな、

でもフリスビーやって転んだなんてカッコ悪いしなあ。

そうビールを飲みながら考えているうちに、なんかめんどくさくなって、

よし、これは捻挫じゃなくて骨折した事にしよう、そうしたらこの痛みにも合点がきく。

と痛みを受け入れたのでした。


その日からボクの右足の親指は曲がらなくなり、

もう二度とフリズビーで遊ぶもんかと固く誓ったのでした。


みなさんも外遊びの時はあまり無理をなさぬよう、

そして痛みを感じたら素直に病院に行って下さいね。おわり。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment