FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

04月02日(火)

『令和の時代に引き継ぎたい、昭和の時代のこの文化 ~昔の電話のコードが長いワケ~』

さてあと少しで令和が始まり、いよいよ昭和の時代が更に昔になってしまいます。

今回は、令和の時代に引き継ぎたい、昭和の時代のこの文化ということで、

IMG_1637.jpg

昔の黒電話、家庭用電話の

IMG_1642.jpg

コードが何故長かったのか、これをボクが聞いたハナシで紹介します。


その昔、電話は各家庭に一台しかありませんでした。

電話はお茶の間に一つ、会話が家族に丸聞こえです。


そんな中でも思春期の若者なら誰にも聞かれたくないハナシをしたいじゃないですか。

仲のいい女子とか男子とか、異性の方から来た時なんか特に。


そんな電話がかかってきた時は

IMG_1644.jpg

受話器を耳と肩ではさんで、電話機を

IMG_1643.jpg

こんな風に自分の部屋まで持って行ってハナシをしていたそうなんですよ。


まあボクには経験が無かったハナシなんですがね、

携帯電話やらコードレスとか親子電話やらのもっと昔、

誰にも聞かれたくないハナシはそうする他なかったんでしょうね。


その為に昔の電話機のコードは長かった!というワケなんですよ。


こちらの貴重なおハナシは、

前にテレビで取材に来てくれたメインパーソナリティーの方から聞きました。

惜しくもこのハナシのシーンはテレビではカットされてしまったんですが、

まあ正解かどうかは別として、確かにそうかもしれませんよね。


あと一月もしないうちに平成から令和に変わります。


新たな時代を迎えたとしても、ボクは昭和のハナシを、

ときたま平成のハナシを紹介していきますので、

10年目の当店もどうぞ宜しくお願いします。


あ、まだ令和の時代もうちの10年目もまだだった!おわり。
スポンサーサイト



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment