FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

02月26日(木)

『ぼくの先生はフィーバー ~ボクがいるのは先生のおかげです~』

卒業のシーズンがやってきました。

各々が学び舎から卒業し、新たな道へ進みます。


ボクにはこの時期になると思い出す先生が沢山います。

今回は今のボクを認めてくれた、いわばボクの原点、

小学校5・6年の時の先生のハナシです。


なにかと自由にさせてくれる先生でしてね、

生徒の個性を一番にみてくれたんです。


生徒がやりたい事を優先してくれましてね、

その代わり間違いを起こしたら本気で怒る、

ボクもずいぶん叩かれました。


元々、音楽の先生でして、ボクらの時が初めての担任だったんです。


その時の音楽の授業の最後に、生徒が持ってきたレコードをかけてくれたんです。

今となっては、誰がどうして持ってきたのかわからないんですが、

その時にかけてくれたレコードが
poltuto 006
太陽がくれた季節でした。


これを聞いた時、みんな盛り上がりましてね。

ボクらの時代にはすでに昔の曲だったんですが、

なぜかみんなで盛り上がったんですよ。

そのうちみんなして、学芸会はこれがいいと口にしたんですよね。


そしたら本当に学芸会の曲に選んでくれたんです。

むりくり押し付けるよりも、

みんなが歌いたい歌がいいと思ってたんでしょうね。



今思えば、ボクとして完成したのがこの頃だと思います。


今はどうかな、その先生。


もし逢えたら、今のボクは先生のおかげです、と御礼を申し上げたいですね。



なに、そしたら俺、五年生のままか。


スポンサーサイト



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

No Title

昭和40年男の私も、
永遠の小学生です…

 

>夏の日々 様

>永遠の小学生同士、これからも宜しくお願いします!