FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

08月25日(火)

『勇気を出した初めての献血』

ボクは高校生の時に献血に行きました。

するとボクの血は献血できないと言われたのです。

そうか、ボクの血はボクだけのものか、と変に納得したんですが、

なんの事は無い、比重不足だったのでした。


それから25年あまり、免許の更新の時にもう一度献血に挑戦したのです。

その時ボクは40もそこそこ、ここらで血の検査をしょうと思ったのです。


昔比重不足だった血は今回は大丈夫でして、無事献血カーに乗りました。

若者が次々と来てましてね、これは日本の将来も安心だと微笑んだものです。


実際に献血が始まりまして、ボクは横になった姿勢で献血してたんです、

係の人が両脇に付きましてね、大丈夫ですか?と何回も聞かれました。

ずいぶんと優しいんだな、とふと周りを見てみたら、

若者は座って献血をしてまして、係の方も二人に一人付くくらいだったのです。

無事に献血が終わってジュースをもらいまして、

座って飲んでいたんですが、若者は次々と帰っていくのに

ボクだけまだ居て下さいと言われていたんですよね。

ジュースも三つ目、そろそろいいでしょうと思い、

帰っていいですか?と言った時、

もう大丈夫ですか?具合悪くなったらすぐに救急車を呼んで下さい、

と言われたんですね。

その時初めてわかりました、ボクが年寄り扱いされていたということを。


ボクはもう大丈夫です、ご馳走様でした、と足早に帰りました。


いやあ、自分ではまだまだ若いつもりだったのに、

まさか献血で気付かされるとは!


世間ではボクもそういう扱いか、人はこうして歳をとっていくんだな、

と、帰り道具合悪くなってしゃがみ込んで、

日本の将来は安心かもしらんが、俺の今が一番心配だ、

と、しみじみ思ったのでした。

fc2blog_201508252315463a5.jpg

-せめてもの抵抗で少しでも若い頃の写真を載せておわりー
スポンサーサイト



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

はじめまして

ある方のブログのリンクから遊びにきました。
僕も40過ぎなのでわかりますお気持ち。でもまだまだ老けこむ年ではないですええ。献血もしますよこれからも。
それにしても免許証。パワフルなイケメンじゃないですか。うらやましい。

 

>明智半平太 様

>はじめまして、コメントありがとうございます。

40代、お互いまだまだこれからの歳ですよね、

まだまだ老け込まずにガンガン行きましょう!


免許証はかなり前のものでした、お恥ずかしい。