FC2ブログ
 
プロフィール

スマイル札幌店・店主の嶋貫です。

Author:スマイル札幌店・店主の嶋貫です。
昭和な時代を
好き勝手に書いていきます。
宜しくお願いします。

北海道公安委員会
道具商 第101280002051号
嶋貫智樹

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

07月23日(土)

『アレンジボールの苦い想い出』

その昔、今でいうパチンコ屋のように

ghazou 004

アレンジボール屋がありました。

あまり知られていませんが、ボクが子どもの時には

地元から少し離れた深川市にもあったんですよ。


確かボクが小学一年くらいのオハナシです。


うちのお袋は三姉妹でしてね、

長女がお袋、次女が、アクネス・チャンに似ている、キッコオバ・チャン、

そして嶋貫三姉妹の一番下、トミコオバ・チャンに、

ボクが一緒に当時の近場の都会、深川に連れていってもらったんですよ。

初の甥っ子ですからね、色々食べに行ったり、買ってもらったりしてもらったんです。


さて、夕方になりまして、そろそろ汽車で帰る時間かな、と思ったら、

トモ、アレンジボールやりに行くか!と言ってきたんです。

それなあに?やったことない。

お祭りでいうスマートボールみたいなもんだから、ちょっと行くよ!

そういって強引に連れて行かれたのでした。


お祭りのスマートボールなら少しはやったことがあります、

そうか、それは楽しみだ!と着いたそこは正に鉄火場!

もうタバコの煙で真っ白でして、

殺気立った大人が黙々と玉を弾いてる、

もう子どもの行く場所ではないとボクでもわかったんです。


それでもトミコオバ・チャンは、この台でしなさい、

オバチャンは隣でやるから、とボクを座らせ、

なんかお金を払ってジャラジャラ玉が出てきたんです。


なんかイヤだなあ、と思いながらも打ち続けていましてね、

イイ並びになったのか、盤面に玉がジャラジャラ出てきましてね、

恐らくはイイ感じになったのでしょう。

ですがそれを見たトミコオバ・チャン、

この台ダメだ!違う台に移るわ!と去っていってしまったんです。


そのまま残された幼いボク、

両脇にイライラしながらタバコをふかしたオジサンに囲まれながらも、

延々と玉を揃えてしまいます。


かなりイイ状況だったのでしょう、

不機嫌な顔した店の人が盤面ガラスに貯まった玉を流し、

台の上には丁半博打のような板がみるみる詰まれて行きます。

何がなんだかわからないボクは怖くなって、

タバコの煙をかき分けながら、トミコオバ・チャンを探しに行ったのでした。


やっと見つけたトミコオバ・チャンに、

もう帰りたい、と告げましたら、

トモ、あんたいくら出したの、台に戻るよ!

と手を引いて戻ったんですが、

すでに店に方に片付けられたようでして、

あんた、もったいない事したね!もう!

と言われて終礼を待つ駅に向ったのでした。


帰りの汽車の中でもまだ、

あんたどれくらい出したのさ、もったいないわ、もう!

と延々と言われたのでした。


その日からボクは、お祭りでもスマートボールをしなくなったのでした。


ーおわりー
スポンサーサイト



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment